2012年08月07日

橋の下のポニョ!?

公募校長、来年度は50人 大阪市立小中学校2012.8.7 13:26 [west政治]
 大阪市教委は7日、市立小中学校の校長公募を可能にする市立学校活性化条例が7月市議会で成立したことを受け、来年度は、今年度末の校長退職者数に相当する小学校約40校、中学校10校について校長を公募すると発表した。


35歳で応募OK


 任期は来年4月から3年間。勤務実績を考慮し、最長で5年間勤務できる。公募対象には市職員も含まれ、今月13日〜9月10日の期間に募集。書類選考や面接を経て12月に決定し、来年1〜3月が研修期間に充てられる。

 応募資格は日本国籍を有し、昭和25(1950)年4月2日から52(1977)年4月1日までに生まれた人。企業や行政機関、研究・教育機関での管理職経験などが条件となっている。年収は45歳で約780万円、55歳で約870万円などとされる。

----------------引用終わり

橋下さんって保守派の人からしたらどういう存在なんでしょうかね?

保守派ブログ巡りをしてないのでわかりません。

公募に関して言えば、何でもかんでもすれば良いってもんじゃないと思うけど。

この人の場合、足を引っ張る人が多すぎて、それで逆に同情してしまうんですよね。

この前のスキャンダルもそうだけど。

失敗もするかもしれないけど、やらせてみりゃいいじゃんって、私は思うけど。
posted by 館主 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

だとしたら……

尖閣問題で中国元少将が「中国海軍、海保・海自の力に及ばぬ」 台湾紙報道
2012.7.20 18:59
 日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化方針を受け、同諸島の主権を主張している中国海軍の元少将が「今の中国海軍は日本の海保、海自の実力に及ばない」と分析していることを20日、台湾各紙が報じた。台湾の与党・中国国民党寄りの聯合報や中国時報が、中国紙、環球時報の電子版、環球網(19日)の報道として伝えた。

 それによると、中国海軍装備技術部長だった鄭明・元少将は、日本の海上保安庁の巡視船や海上自衛隊の護衛艦、潜水艦の性能、艦載ヘリとの連携、運用能力の高さなどを列挙した。(台北 吉村剛史)
ーー---------------以下、引用終わり。

だとしたらである。早速、改憲などして自衛できるように法を整備した方がよいですね。宝の持ち腐れですよ。尖閣諸島にニセ漁船がきたら、しっかり対応せにゃ!
posted by 館主 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/海外(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

いいニュースだ

久々の更新です。

いいニュースですね。こんな親日国は世界に他にないですよ。
しかも、誰にも知られないのにこんな暖かいメッセージをくれるなんて。

ちょっと読んでみてくださいね。
台湾製パソコン基板、小さな字で「日本に神のご加護を」」
MSNニュースより。
posted by 館主 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/海外(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

御無沙汰しています

ずいぶんと御無沙汰しております。
実は自宅にネットをつないでいません。
なので更新も滞っております。
ちょくちょくここに来てくれている人には申し訳なく思います。
時々取り上げたくなるニュースはあるんですけど…。

思えばこれまで、自宅から書き込みをすると、途中で画面が消えるという怪現象もあり、謎が多い環境でした。

今はよそから書いてます。
よそとか公共のPCとかから書き込んで何も起こらなければ、自宅での現象はやはり「怪」と言えるでしょう。
ちなみにまだ書き込み画面は消えていません。

様子を見てみようと思います。
posted by 館主 at 14:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

振り返れば……

東北の震災から1年が経ちました。

思えば昔、阪神淡路大震災の際、私は学生ボランティアとして被災地に赴きました。

東京に戻ったとき、同級生のYちゃん(福島出身)が「そんなことするなんて、えらいねえ。あたし、正直何も関心ないわ」と言っていました。

別に彼女と自分を比較してどうこう言っているのではありません。誰でも明日は我が身なんだなと思ったんです。

Yちゃんの実家は福島第一原発から割と近い所にあります。

今では音沙汰無しになってしまったYちゃん、今、どんな気持ちでいるんだろう?

「明日は我が身」だからこそ、遠くの自分でも助け合いの気持ちが大事なんですよね。

ボラには行けないけど、今後も折に触れて支援していこうと思います。

えいと@さんが「絆」について記事を書かれているので、是非お読み下さい。


さて、支援といえば海外スターの募金活動を思い出します。
日本ではとかく、某国のタレントばかりが報道されがちですが、ハリウッドスターの方がパフォーマンスではない、本物の募金活動をして、多額の寄付をしています。
レディー・ガガ以外にも、グラミー歌手のケイティ・ペリーも、震災後いち早く寄付を呼びかけています。

http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/2790635/6959039

ケイティ・ペリーら、日本のために募金呼びかけ
2011年03月16日 12:31 


日本は海外からのご恩を仇で返すことがないようにしなければなりませんが、今日MSNでこんな記事を見つけました。
この件だけでなく、政府の台湾に対する数々の冷遇には日本人として恥ずかしい限りです!

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120312/plc12031221040009-n1.htm

追悼式で台湾冷遇、指名献花から除外 首相が陳謝
2012.3.12 21:03 [野田首相]


posted by 館主 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

お勧めの本

苫米地英人著 「洗脳広告代理店」



以下、アマゾンの書評を引用。
--------------------------------

実は購入はAmazonではなく、楽天です。
発売日の2/14に注文したにも関わらず、
到着が22-24日となったので、キャンセルし、楽天で注文しました。
今まで苫米地さんの本を発売日に注文してもそんなことはありませんでした。

さて、内容について。
この本は、今のテレビ、新聞、雑誌などのメディアの状態を明らかにして、
わたしたち国民ひとりひとりに届けられる情報の状態がどういうものになっているか、
それを知らせてくれ、その背景に×通という一企業が関わっていることを教えてくれるものです。


日本における情報提供の状態がこれほど危険な状態とは・・・、読んでいてやはり寒気がしました。
テレビ、新聞、雑誌などの提供する情報を、頭から信じきっている人に、
一度でいいから読んでほしい本。
そのときは、著者の『テレビは見てはいけない』とあわせて。

大事なのは、この本は、批判で終わっていないということです。
『洗脳広告代理店 ○通』というショッキングなタイトルを用い、
人の関心を引くことによって、電○批判にとどまらず、
本を読んでいるその先にいる、読者一人一人に、この状況変えるために、行動起こそうよ、と
呼びかけているというのが、一番大切なポイントです。

そこで私はこのレビューを書くという、一つの行動をとりました。
これが初めてのレビューです。

この本には○通批判をして、日本のメディアから抹殺された人物のことが書いてあります。
苫米地さんと、出版社サイゾーがどれだけの覚悟でこの本を書いたのか、
その本気に触れると、身震いします。

今の日本の現状を知り、日本を変えたければ、必読の一冊。


------------------------引用終わり------------------

日韓W杯の時の、メディアによる両国友好盛り上げムードも、同社が噛んでいたようですね。しかも現会長はあの半島出身の人みたいですし。寒流ブームの煽りだけでなく、現政権プッシュにも噛んでいそうです。苫米地博士はオウム元信者の洗脳を説いた、脳科学の第一人者です。茂木某のような御用提灯学者とは違います。一読の価値あり!
posted by 館主 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 読む/新書・随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

そりゃそうだ

「南京事件なかった」山田宏・創新党首も発言 支援団体のパーティーで
2012.2.26 18:49

日本創新党の山田宏党首は26日、大阪市内で開いた支援団体のパーティーで講演し、河村たかし名古屋市長が「南京事件はなかった」と発言したことに触れて「河村さんの言うことは正しい。南京事件はなかった。日本人が敗者としての歴史観を植え付けられてしまった」と見解を述べた。

 山田氏は、南京事件を否定する理由について「事件は昭和12、13年に起きたといわれるが、他国の首都で何十万人もの虐殺があれば、首都には多くの外国人記者がいるから世界中で大問題になったはずだが、報道はなかった」と説明。「日本人の祖先のために、おかしな汚名をはらす努力をすべきだ」と述べた。

 講演では、橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」と創新党との連携もアピール。「大阪の動きに強く期待している。国家観、歴史観が共通する人が集まって第三局ができればいい」と訴えた。


-----------------------産経より引用終わり

原爆使ったわけでもないのに、何で40万人も殺せるんでしょうか?しかも、被害者人数がいつの間にか30万から40万に増えています。

いろんなインチキをしている国の言うことよりも、私は河村さんと山田さんを支持しますよ
posted by 館主 at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

そらね

河村市長「南京大虐殺なかった」…中国訪問団に
読売新聞 2月20日(月)20時8分配信

 名古屋市の河村たかし市長は20日、中国・南京市の共産党市委員会常務委員ら8人に対し、南京大虐殺について、「戦闘行為があって多くの方は亡くなったが、いわゆる虐殺はなかった」と持論を展開した。

 同日の記者会見で明らかにした。

 一行は友好都市である名古屋市の河村市長を表敬訪問。劉志偉常務委員らに対し、河村市長は「亡くなった父が1945年の終戦時に南京にいた時、地元住人にやさしくしてもらった。虐殺のようなことがあれば、対応が違っていたはず」などとして、南京市で討論会を開くことを提案した。

 河村市長は2009年9月の市議会で、中国が南京大虐殺の被害者を30万人としていることに対し「深い疑問がある。誤解されて伝わっているのではないか」と一般質問に答えた。名古屋市市長室国際交流課によると、河村市長は昨年12月5日、名古屋市役所を訪れた南京市の李(リ)副市長に対しても、大虐殺はなかったとする趣旨のことを発言している。 最終更新:2月20日(月)20時8分
---------------引用終わり


すごーくご無沙汰しました。心に留まった記事なので久々の更新。

河村さんのこの発言、指示します!

>「亡くなった父が1945年の終戦時に南京にいた時、地元住人にやさしくしてもらった。虐殺のようなことがあれば、対応が違っていたはず」>

そういうことは当時の朝鮮半島でもあったのよ。済州島出身の作家が戦中世代から「日本人に親切にされた」って聞いたから。

どっちも捏造極東国家ですね。
posted by 館主 at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/海外(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

やっぱりダメだったじゃん!

久々の更新です。先日、アメバブログで不正アクセス事件がありましたよね。

私のこの○ーサーのアカウントも侵入されているような気がしてなりません。

根拠は前回書いた記事「test」にあります。


ところで次の産経の記事をご覧下さい。震災発生時にミンス党が、そして姦が首相だったことが、どれほどのバッドタイミングだったかを物語っています。

しかも消費税率は上がるし。ミンスに投票した人は恥を知るべしである。

以下、引用。

------------------------------

海水注入で吉田氏が独断 事故調中間報告 
2011.12.27 00:03

事故調査・検証委員会の中間報告では、東京電力福島第1原発事故での原子炉への海水注入をめぐる生々しいやりとりが明らかになった。菅直人首相(当時)が事故対応への介入を続け、混乱を助長したことがまたも裏付けられた。

中間報告によると、1号機の危機的状況が続く3月12日夕、菅氏は首相執務室で班目春樹原子力安全委員会委員長、武黒一郎東電フェローらと協議。午後7時すぎ、武黒氏が第1原発の吉田昌郎所長に電話で海水注入の準備状況を聞いた。

吉田氏が「もう始めている」と答えると武黒氏は「今官邸で検討中だから待ってほしい」と要請。吉田氏は「自分の責任で続けるしかない」と考え、作業責任者にテレビ会議のマイクに入らないような小声で「これから海水注入中断を指示するが、絶対に止めるな」と話し、大声で注入中断を指示したという。

12日朝の菅氏の原発視察の際も吉田氏は「応対に多くの幹部を割く余裕はない」と困惑。14日夜には吉田氏は自らの死も覚悟し、必要な要員以外は退避させようと判断、総務班に退避用バスの手配を指示した。菅氏が15日朝、「撤退したら百パーセント潰れる」と東電本店に怒鳴りこんだのは、この指示を勘違いした公算が大きい。
菅氏は官邸5階に閣僚を集める一方、地下の危機管理センターに各省庁局長級の緊急参集チームを設置。指揮系統が二重になった上情報集約もできず、放射性物質拡散予測システム「SPEEDI」の活用にも支障が出ていた。


リンク元http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111227/dst11122700060000-n1.htm


元首相は優雅にお遍路なんて行ってる場合なんでしょうか? 
posted by 館主 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

test

皆さん、お久しぶりです。
記事がアップできるかどうかテストしました。

どういうわけか、「マスコミは民○党の味方」という、前回の記事が反映されていません。
大阪駅で配っていた反民○党ビラの文字起こしです。

こんなこと初めてです。
が、毎日忙しいのでブログ会社には連絡を取らすに今に至ってます。

前回の記事自体は管理者ページには残ってるんですが…。

追記:そしてこの記事を執筆中にも、すぐにウィンドウ消去という怪奇現象。
何度も疑惑をこのブログに書いてきましたが、やはりハッキングの存在を確信した今日です。
この追記だって、ワードに書いてから急いでコピペする有様でしたよ。


追記2:「ハッカー?でもまさかねぇ。そんなわけないよね」と思っていたのは、もちろん当方のような小所帯に24時間張り込む輩なんていないと思っていたからです。

でも、これだけ怪しい動作があると、私を四六時中見張っていなくても、私がブログのアカウントにアクセスすると、何か誤作動を自動的に起こす仕掛けを張られているのではないか?

というのが私の推理です。以前にも不思議な状態があった時に、ブログ会社に連絡しましたが、満足のいく回答はありませんでした。今回、会社への質問は面倒くさくて億劫になってます。

パソには詳しくないですけど、得意のスピリチャルパワーで(笑)、諸悪の根源を突き止められればいいかなと思ってます。

追記3:「マスコミは民○党の味方」という前回書いた記事。反映されなかったというよりも、「非公開ボタン」が選択されてました。でも、シーサーユーザーさんわかりませんか?「非公開ボタン」って選択しない限り実効されないですよね? 普通に記事アップしたら、最初から自動的に「公開ボタン」が選択されてますよね? あれ〜〜?? 私「非公開ボタン」いじってないんだけどな〜〜。人のアカウントに勝手に入ってくるヤツとかいるわけ?


そして、この追記2,3追加中も、ウィンドウが消えるという怪奇現象…。

posted by 館主 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。