2010年11月24日

教組の機関誌をご紹介

昨日、北朝鮮が韓国のヨンビョン島を攻撃しましたね。

そんな折に、日本では朝鮮学校の授業料無償化が国会で通過したそうです。民主党政権はどこまでお人好しなんでしょうかね? ロビー団体の暗躍が背後にちらつきます。

今日は、教員労組が発行している機関誌の記事を紹介します(茶々入れです 笑)。労組と言えば悪名高い民主系の日教組ですが、今回は共産党系の全教の機関誌をご紹介します。後者も毒電波を放っていますよ。
しっかし、教育関係の冊子なのに、どうしてこう政治色が強いんでしょ?

クレスコ11月号より 「基地・安保・9条を世界的視点から考える」
〜中略〜
かつての冷戦時代は、日米安保は日本に対する「ビンの蓋(ふた)」と言われていた。日米安保は日本の軍国主義の復活を封じ込めるという役割があるとされていたからである。
〜中略〜
そのような「ビンの蓋」的な日米安保条約の役割が、冷戦の終わった現在でもあてはまるのだろうか。
〜中略〜
しかし、やはり米軍の存在はアジアに脅威を与えているから、日米安保はアジアから見ても不要と言える。
冷戦は終わりましたけど、ならず者国家が日本の周辺にまだいますけど、先生? 韓国には、かの素晴らしい憲法9条が無かったから、北からのミサイルの攻撃を防げなかったのでしょうかねえ(笑)?

まず、この先生の日米安保の捉え方からしてズレています。戦後の日本の平和を維持してきたのは、憲法9条などという紙切れではなく、米軍基地の存在なのですよ。人(米軍)の手柄を横取りして、「憲法9条が守ってきた」とほら話を吹聴しているのが、自称平和主義者たちなのです。
そして、その功労者(米軍や自衛隊)のことを、アジアの脅威になる不要な存在として、邪魔者扱いまでしているという不義理な思想まで抱いてます。

どう見ても、アジアの脅威は米軍基地ではなくて、韓国の哨戒戦を沈没させたりヨンビョン島を攻撃する、ならず者国家でしょうに? このならず者の攻撃を牽制するために米軍基地があるのでしょうに?
でも、この著書の理屈だと、「そもそも日本が・米軍が悪いから、特アがいきり立つのだ」という話で、自虐的責任論に陥っています。だから共産主義者たちは危険思想家なんです。この調子だと、近隣国にどんな酷いことをされても「そもそもは日本(米国)が悪い」ということにされかねません。2004年に中国で反日暴動が起こった時も、組合員の女性教師はそうコメント↑していました。

この著者は、去る5月に鳩山元首相が普天間基地の県内移設を決定したのが引き金となって、北朝鮮による韓国の哨戒戦沈没事件が勃発したのではなかろうかと推論しています。
危険ですねえ。そもそも抑止力になるはずの軍隊組織を、特アへの刺激物質になるという言いがかりは。共産主義者たちは日本の後ろ手を縛るために、何でもありのロジックを展開しています。平和運動を煽るその背後には共産主義国の存在がちらついています。日本共産党は中国共産党から援助を受けていたという話も聞いています。

これを書いたのは弁護士先生だということですが、必ずしも人の知性と地位は一致しないものだということがよくわかります。


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください


あと、拙記事と関連した興味深い記事を発見しましたので、またもや勝手にご紹介します。「沖縄の方に送るメッセージ〜沖縄知事選挙に向けて


追記:本日、仙谷さんが朝鮮学校授業料の一時停止を決定したそうですね。さしもの官房長官もそうしましたか。一時じゃなくて本決まりにすればいいのに。
posted by 館主 at 11:44| Comment(4) | TrackBack(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

お前は神か?

海保の職員が尖閣諸島の事件のビデオを流出した件で、テレビを始め世間が大騒ぎをしています。ですが、その裏側で、それが盛り上がっているのを良いことに、政府はとんでもない法案を通過させようとしています。

以下は「尖閣ビデオ流出騒ぎの裏で 日本解体法案が着々と…!」というブログ記事の引用です。
最も恐ろしい、最も成立させてはならない法案が、柳田稔法務大臣によって早急に国会に提出されようとしています!


人権侵害救済法案(人権擁護法案)です!


この法案は正当な批判も許されない、言論の自由を制限する社会を作り上げる 恐ろしい法案です。

(この法案に反対する)野党の城内実氏が述べられていますが、現在の人権侵害事案、年間2万件のうち99%は現行の法案で解決されているんだそうです。(5分40秒あたり)


現行の法案で個別に対応できるのに、なぜこういう問題の多い法案を早急に成立させる必要があるのかということですよ。


柳田稔法務大臣はいじめ、DVなど重大な人権侵害に対応させたいと述べられています。


確かにいじめやDV、高齢者虐待などは大きな問題です。しかしいじめやDVが本当に人権侵害なのかを判定するのは非常に難しいのではないでしょうか?


いろんな事情があるのに一方の言い分だけで人権侵害路判定され、処罰を受けることにつながるわけです。


城内実氏はネズミには殺鼠剤、ゴキブリにはゴキブリホイホイ、ガンには抗がん剤を使えばいいところ、


ネズミやゴキブリを退治するのに火炎放射器やミサイルを使うようなもの、抗がん剤を必要以上に使うと健康な組織も殺してしまう…ということなんだと言われています。


同じことでもAさんにとっては差別、人権侵害だと感じることでも、Bさんにとってそうではないと感じることがあるのです。


それを国籍条項のない 強力な権限を持つ組織が判定するわけですよ…?


社会通念上認められていることまで「人権侵害だ」という烙印を押され、普通に生きている一人の人間を社会的に抹殺する可能性がある「恐ろしい法案」なのだということを認識しなくてはいけないのです。


補足しますが、この法案においては、人権侵害委員会というグループのメンバーが「物差し」となって、人権がらみの問題を裁くわけです。

しかし、人間は神ではありませんから、一つのグループが「我こそは正義なり」と称して、自分たちの物差しで物事を裁くのは、非常におこがましい、独断的な行為です。しかも、そのグループが特定の思想も持ち主だけで構成され、共通した利害関係のもとに動いたら危険です。


ここを訪れた人々に是非ともこの法案のことを知っていただきたく、記事にした次第です。以下の参考リンクをご紹介させていただきます。

サルでもわかる? 人権擁護法案
人権侵害救済法案を防げ


おそらく多くの国民は「人権擁護法案」なんて言葉を聞いたことがないでしょう? お上は国民にそれを注目させないで、ひっそり通過させようとしているんですよ。「人権擁護」とは名ばかりの悪法です。


人気ブログランキングへこの記事を是非とも応援してください!
posted by 館主 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

北の島にも思いをはせるのだ

またまた勝手に余所様ブログ紹介をします。ブログ主様気づかれたら事後承諾ということでお許しください。応援の意図がありますが、もし不都合があればおっしゃってください。

根室スローライフ&北方領土のこと」さんです。道東グルメと領土問題という、硬軟両テーマが入り交じった読みやすいブログです。テレビはなかなか取りあげない、北方領土の様々な問題を記事にされています。

ブロガー、特に政治カテを持つ人たちの間では尖閣の問題で湧いているけど、北方領土問題だって大切です! 最近、ロシアの大統領が国後島の訪問を表明しましたし。尖閣、竹島、四島の中で一番えげつないことになっているのは北方四島なんですよ。

民主党政権がサイアクなのは周知の事実ですが、自民時代だってヘッポコでした。本当は、80年代のソ連崩壊時に、同国の混乱につけ込んで島を取り返しにいくぐらいことはした方が良かったんですよ。
その後、本気で取りにいこうとしていた政治家は、外務省内の抗争に敗れて失脚しちゃうし。

通りすがりの人がウチを見たら「タカ派だ」なんて思うかもしれないけど、そりゃあ私だってハト派の方が良いですよ。でも、他の地域ならいざ知らず、極東の周辺国はヤーさんみたいな国にばっかじゃないですか? 中国・ロシア=ヤクザ、韓国=チンピラ、北朝鮮=カルト教団 ですよ。「話し合いで解決を」なんて言うけど、ヤーさんに話が通じます? 防衛しないでどうするの?

今こそ国民が目覚めるときですよ。もう、国内で足の引っ張り合いをするだけ、保身に走るだけの無能政治家は引きずり下ろしてしまいましょう! 日本人はもっと国益を重んじる政治家を尊重するべきです!


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

素朴な国宝級神社in信州

パワスポ巡りにはまってます。信州大町市の仁科神明宮に行きました。

本殿も、有名観光地のような豪奢な社屋ではなく、素朴で地味な建物です。それが逆にシンプルで良いんですよね。日本最古の神明作りだそうです。本殿はなんとなく撮れませんでした。不敬に当たったらどうしようとか思っちゃって。
shin1.jpg

これが手水場です。ここで作法にのっとって身を清めます。ここで汲ませていただいた湧き水は自然の甘みのあるおいしいお水でした。
shin2.jpg

まだ青い楓の葉陰から差す太陽。とても清々しい自然に囲まれていました。
shin3.jpg

それから近くの高瀬峡行きました。
shin4.jpg

高瀬峡にある藁葺き屋根のお蕎麦屋さんで昼食。信州といえば蕎麦です。おばあさんが一人で切り盛りしているお店で月見そばを注文しました。サービスで実家から送ってもらったという干し柿をいただきました。信州りんごも付いていました。

店主のおばあさんに「ここらへんは土日は混むのですか?」と訊いたら、「ここは通り道にすぎないわよ」と答えました。周辺には安曇野とか白馬といった目玉観光地があるのですが、この大町だって素敵な所です。


蕎麦屋の写真は撮りませんでしたが、大町のエネルギー博物館の奥手にあります。

平地はまだ青い葉っぱでしたが、峡谷の木々は色づいておりました。
そして峡谷にある御宿かじかで立ち寄り湯を楽しみました。

shin5.jpg
湯の花が浮いている温泉ですよ! そんなお風呂久しぶりでした。ちょっと画像が湯気で良くないんですけど、露天風呂からは紅葉が楽しめます。水温が高くないから、長時間ゆっくりつかれます。 同宿では昼食も楽しめます。

帰りの道で、車を運転していたら眠くて眠くて仕方がなく、家人に運転を変わってもらいました。これは疲れと温泉の効果と見られるかもしれません。でも後でネットで調べてみたら、「パワースポットで癒されると眠気がする」とありました。やはり仁科様は清らかな空間だったのですね。



人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。



posted by 館主 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

漁船衝突ビデオはこちらで

先日、尖閣の記事を書き、明けて今日ビデオ流出事件が起こっちゃいましたね! ユーチューブにアップされたら良いのになぁ、なんて思ってた矢先でした。しかも投稿者のハンドルネームが皮肉だし(笑)。ユーチューブのは消されちゃったと思うけど、copyが見られますので下記へアクセスしてみてください。

尖閣衝突ビデオが流出

にしても、これ明らかに漁船が故意に巡視船にぶつかっていますよね。単なるお見合いでもなければ日本側の過失でもないです。きゃつは意図的にカマを掘ってます。

それに漁船の舳先を見ると、異様に頑丈ですよね。やっぱあれは工作船なんじゃないですか? 普通の船ならいざしらず、頑丈な巡視船にぶつかって無傷な漁船って一体?中国の一般的な漁船と日本の漁船は違うにしても、おかしい。

しかも、乗組員は海保側をカメラで撮影していますが、漁師が何でカメラを持っているのでしょう

それに違反の進路を取っているし、衝突後はヌケヌケと逃走しおって、「衝突したら双方停止すべし」という航海法に反しています。

動画を保存するにはどうしたらいいんでしょうかね? 皆で保存して、中国のサイトにアップしちゃいましょう!

謎に包まれた流出事件ですが、この画像だって2時間の内44分ですよ。無修正版にはどんな映像が映っているのやら?


それにしても、我が県では県のお膳立てで中国ビジネス懇談会が開かれて、うんざりです。曰く「政治は政治、ビジネスはビジネス」だそうですが、関わりを持ったら何かあった際に無傷ではいられないですよ。レアアースの輸出禁止が良い例じゃありませんか?

中国と国境で対峙しているインドと仲良くした方がよほど良いと私は思いますけどね。


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海保船ビデオについて

尖閣諸島で海上保安庁の巡視船に衝突したビデオを、公開するのを渋っていた政府でしたが、先日重い腰を上げましたね。でも、2時間以上あるビデオをたった6分だけ、しかも議員にだけ公開するって、ごまかしなんじゃないですか? 加工されたかどうかも怪しい。


週刊誌(ポストでしたっけ?)を読んでたら、前原さんの蛮勇が非難されていました。「きちんと対処できないのに、いたずらに漁船を拿捕するんじゃないよ」という旨の批判です。

小泉政権時代は、領海侵犯してきた中国漁船を強制退去させるという処理をしていました。それに比べると前原さんの対応は進歩だという声もあるのですが、小泉さんのように、結果的に丸く収めた方がより良いのではないかと思ったり……(やっぱ、そんなことはないか)。

「前原が勇み足だったとしたら、その動機はなんだろう?」と思っていたら、最近お邪魔している「starのつぶやき」さんの所にこんな情報を発見しました。以下引用。

9月26日のこと
大阪で行われた元衆議院議員の西村眞悟氏の集会『河内国民文化研究会』中で尖閣諸島中国漁船体当たり事件について、このような話があったようです。

『チャイナの漁船は、かなり以前から200隻以上来ていて、領海侵犯・違法操業と続けていた。しかし、海上保安庁は黙認していた。今回、海保が『領海だから出て行きなさい』とマイクで言うと、チャイナの漁船は日本語で『ここはチャイナの領海だ』と言い返してきた。出て行かないので、海保が臨検の為にチャイナ漁船に乗り移ると、あろうことか、屈強な船員が海保保安官をロープでぐるぐる巻きにして、海に投げ込んだ。それに対して、船長・船員を逮捕・拘束した』ということです。

実はこの件についての真偽を10月2日に西村真悟事務所にメールをしたんですがお返事はいただいておりません

だって、これが事実ならこれは、領海侵犯や違法操業という問題ではありません。れっきとした殺人未遂、傷害事件です。

こういう事を集会で発言するということはそれなりの真実性があるからなんでしょう

最近ではyoutubeにこんなのもありますね。石原東京都知事のフジテレビ番組内での発言。「日本の巡視艇から落ちた乗組員を中国人が銛で突いた」 ※リンク先にユーチューブ貼り付けてあります。


もしかしたら、前原さんが漁師を捕縛せざるをえない状況にまで来ていたのではないでしょうか? 諸島はやりたい放題になっていたようです。
また、西村さんが今でも国益ために活動していらっしゃると知って安心しました。

先日はロシアの大統領が北方領土に公式訪問をしてきました。中国に弱腰だった日本、ひいては他の周辺国にもなめられてしまうということです。そこのところ、現政権はちゃんとわかっているのでしょうか?(いや、わかってないでしょうなふらふら)

 
唯一の朗報は、親中オバマ政権が中間選挙で大敗したことくらいでしょうか。


そういえば、今日書店に行ったら「中国の覇権主義、北朝鮮の脅威。もう菅政権には任せられない! 日本は保守主義を回復すべきだ!」という帯の本を見掛けました。誰の本かと思ったら、大○隆法さんのご本でした。私は新宗教なんてキョーミないけど、「大○さん良いこと言うじゃん」と思いました(笑)。


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。

posted by 館主 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

癒しの神社in京都

先週末。京都の賀茂御祖神社(別名 下鴨神社)に行って参りました。「不思議な話4 神様の恩寵」で書いた場所ほど、ビリビリ感じるものはなかったのですが、厳かで落ち着いた場所でしたよ。スピリチュアリストによるとここもパワーが良い所だそうです。


糺の森という木立のある参道を抜けると、大きな朱門を構えた社が広がっています。手前には普通の手水場よりも大きな手水場に、水がコンコンとわき出ていました。私は作法にのっとって、霊験あらたかな清水で手や口を清めます。


朱門の前には連理の賢木というご神木があり、その横の相社は縁結びの神として有名です。ご神木の周りには良縁を願う絵馬がズラリと下げられていました。私もここで、恋愛に関わらずあらゆる人との素晴らしい縁を祈願しました。


本社の前ではいい気が流れていたと思います。あくまでも私の感覚的なものですが。干支の神様の社もあったので、自分の干支の神様にもお参りしました。


縁結びの社ということもあり、数組のカップルが神前式の挙式をしていました。白無垢姿の素敵なお嫁さんたちがいて、すごく幸せなムードを放っていましたね。心の中で「末永くお幸せに」とお祈りすると、自分までホワッと温かくなった気がしました。


同じエリアに河合神社という女性の運気にいい神社もありました。

「心身の汚れを清めてください」とか「金運アップしますように」とか個人的な願望も祈りました。でも、不思議なことに「日本は昨今、周辺国から外圧を受けています。我が国が護られますように」と祈願をすると、それまで曇っていた空がパッと開けて明るい陽が差してきました晴れ やはり世のために祈願した方が神様も反応してくださるのでしょうか。


神様に浄化してもらっているときは頭痛がしたり咳ごんだりすると聞きますが、それはなかったですね〜〜。でも自分の霊験も良い方に解釈します黒ハート


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。