2011年01月16日

TPPについて

TPP(環太平洋経済協定)の加盟に反対しています。

TPPとは平たく言うと……
「2006年にAPEC参加国であるニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4ヵ国が発効させた、貿易自由化を目指す経済的枠組み。工業製品や農産品、金融サービスなどをはじめとする、加盟国間で取引される全品目について関税を原則的に100%撤廃しようというもの。2015年をめどに関税全廃を実現するべく協議が行われている。weblioより

そして、関税というのは日本の農産物を守る、防波堤のようなものです。

反対の理屈を私の稚拙な言葉では上手く説明できないので、poohpapaさんのお言葉を引用させていただきます。「悪徳不動産屋の独り言」コメント欄より


今、日本を凋落させている一番の大元は、政治家や官僚、一般有権者ではなく、もしかすると大企業を中心とした財界なのかな、と思っています。

と言いますのも、TPPの問題で、日本が参加すれば利益を受けられる財界は参加に賛成で、壊滅的な被害を受けることになる農業や畜産従事者は当然に反対しています。財界は、自分たちの製品が売れれば農業がどうなってもかまわないのですね。

たしかに、今まで日本の農家は手厚く保護されてきました。私も「過保護では」と思っていたくらいです。ですが、農業が立ち行かなくなることは、工業製品を買ってもらえないのと同じ、いえそれ以上に我が国にとっては長期的に壊滅的な影響を及ぼします。

下手な日本米より美味しいと言われるカリフォルニア米が非課税で入ってくるようになると、10キロあたり千円しないで買えるようになりますから、それだけでも稲作農家は潰れます。

アメリカ産の牛肉が安く入るようになっても、和牛の味とは比較にならないので、日本の畜産農家は上手く住み分けられましたが、米は違いますね。農家や農水省が抵抗するのは当然でしょう。

私も、本来「関税なんてものは無くて当たり前」とは思っています。ですが、それぞれの国には「成り立ち」というものがありますし、全体のバランス、というものはとても大切です。もちろん、不参加となって農業が護られればそれでいい、という話でもありません。

それにしても、財界は本当にヒドイ(お粗末)ですね。自社の製品が売れれば農業が壊滅的な被害を受けようが国が滅びようが政権が倒れようがどうでもいいのです。中国の属国になることも厭わないかのようです。何かと言えば中国の顔色を窺い、政府や政治家に圧力を掛け、自分たちに都合の悪い安倍さんや麻生さんも引き摺り下ろしました。菅政権にも当然に圧力を掛けているでしょうし。

自社の製品が売れ、利益を得て社員を養うことが出来るのが「国益」だと勘違いしているようにさえ思います。

日本企業は早く中国から撤退して一線を画し、インドやタイ、ベトナムあたりにシフトしたほうがいいように思います。

日本には、10年先でさえ読めない政治家や財界人が大勢いるんですね。そんなでは狡猾な中国やロシアを相手にすることなど無理です。



私も、中国と対立的な地勢にあるインドやベトナムといった国々と、経済的にも政治的にも協力して、対中国で協調した方が良いと思います。


あと、中野剛志先生の、TPPの説明がとてもよくわかりやすいです。「いまのところウェールズ」さんのところで見つけました。

「中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない! 」



日本の農家の皆様! 農業を保護する政治家をもっとプッシュしてこの動きを止めましょう!


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 15:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

今度の国家公安委員長もきな臭い

国家公安委員長が岡崎トミ子から中野寛成に替わったそうです。岡崎氏が問題ばかり起こしていたからだそうです。


韓国で反日デモに参加した岡崎氏を委員長に起用するという人事も変でしたが、この中野氏も非常にうさんくさい臭いがします。


次はフレッシュアイ・ペディアからの引用です。

在日韓国人への参政権付与運動


在日韓国人の人権問題に30年間取り組み[1]、その一環として、在日韓国人への参政権付与を主張している。

2009年9月17日、在日本大韓民国民団の大阪本部が主催する当選祝賀懇親会に参加し、「人権後進国ではなく、人権発展国として、この問題こそ解決されるべきだ」「議員立法ではなく政府案として、来年の通常国会に提出する。友愛・共生の精神で、力をあわせよう」と呼びかけた[2]。

2009年10月29日、在日本大韓民国婦人会中央本部創立60周年記念式典に参加し、「政権交代のこの機会に、地方参政権を実現したい。政権政党という立場から、議員立法よりも政府自らが責任を負うという意味で政府提案に向け準備している。遅くとも来年春の通常国会には実現させたい。民主党として全力を尽くす」と発言した[3]。

2010年06月12日、日韓国交正常化45周年記念フォーラムで「市長や市議など地域の選挙には、住民の権利として投票権を付与することは必要」と定住外国人の地方参政権の意義を語った[4]。



政治ロビー活動を展開する外国人団体のシンパである中野氏を、国家公安委員長につけるなんて、今更ですが民主党は宇宙政権ですね。左翼政権というよりも宇宙政権。理解の範疇を越えています。

このような人が、韓国がらみのスパイ活動に対して、毅然と立ち向かえるのでしょうか?

民団からいっぱいお金をもらってきたんでしょうね。こんな国を売るような人物が国家の安全を取り仕切るとは、世も末ですな



人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 10:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

またもやくだらないネタですが

最近、くだらないネタしかないです。でも今回はちょっと不思議な話です。


昨夜床に就いてから、あれやこれやと考えていました。

色々考えているうちに、ふと芸能人のことが思い浮かび、あの山Pこと山下智久の妹のことを思い浮かべました。

以前、週刊誌に載っていた妹へのインタビュー記事を思い浮かべました。日大芸術学部を出てもなかなか就職が決まらず、親のツテでやっと議員事務所に就職できたと書いてありました。同級生の中にはまだ決まっていない子もいたとか。

全然山Pのファンでもなんでもないのに、ふと思い浮かびました。

山Pの妹も美少女でしたよ。ってことは山Pは整形じゃないんですよね、きっと(爆)。

今朝、目覚めてパソコンを開けてみたら、ネットのニュースでこんな記事があるじゃないですか。

「山P妹クビで」興起氏が反論。

山Pの妹はその議員事務所を早くも辞めたというニュースが目に飛び込んできました。

はっきり言ってどーでもいいニュースですが、前夜に思い浮かんだというのは第六感だったのかな?と思いました。

なんか、失業した山Pの妹、芸能界デビューしそうな感じがするなぁ。バラエティとかに出そう。

posted by 館主 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

新年早々くだらないですが

明けましておめでとうございます。
新年早々、くっだらないニュースで恐縮ですが。


サーチャイナの記事にこんな記事がありましたのでコピペします。
韓国・KBS放送が11月5日に放送したバラエティー番組『VJ特攻隊』に“やらせ疑惑”が持ち上がった。「韓国アイドルの日本占領記」というタイトルで「少女時代」や「KARA」の日本での活躍を紹介する際に、韓国在住の日本人留学生らを使い、日本から来た「少女時代」のファンを演じさせたという。 

 “やらせ疑惑”を指摘したのは19日放送のMBC放送の『ニュースデスク』。「『少女時代』に会うために日本人が韓国を訪れたと紹介したが、写っていたのは韓国在住の日本人留学生や会社員だった」、「『少女時代』のファンではなかった」と指摘。『ニュースデスク』が『VJ特攻隊』に出演した日本人を取材したところ、「番組の制作側に求められ、少女時代のファンを演じた」と証言した。

 『VJ特攻隊』が紹介した“訪韓した日本人”は、「少女時代」の所属事務所や行きつけの店に足を運び、彼女らがよく座るという椅子を手で触り、写真を胸に抱きしめるなどした。『ニュースデスク』は、すべてが『VJ特攻隊』の制作陣による「やらせ」で、「少女時代の大ファンである日本人観光客を演じさせた」番組のやり方を強く批判した。

  KBSは当初、「外注制作のため、状況を把握していない」と釈明。批判が高まった20日になり、「事実であれば厳しく対応する」と表明した。

  「少女時代」は韓国で絶大な人気があり、日本に進出した8月からは日本での活躍ぶりを伝えるニュースが後を絶たない。それだけに、偽物のファンを登場させる「やらせ」疑惑に非難が殺到した。

  大手ポータルサイトもトップ画面に同話題を掲載。人気検索ワードでも「VJ特攻隊 やらせ」が上位に名を連ねている。(編集担当:金志秀)


相変わらず、話題作りのためにはなりふり構わないですよね。

韓流スターが来日した時、成田に殺到したファンの人数がブラピの時を越えたって報道してたけど、あの時は事務所側が前もってファンに告知して召集かけてたそうですよ。

電●の思惑で、そういうきな臭いタレントがなだれ込んできたら、日本の芸能事務所だってパイを食われるのに、日本の事務所はどう思っているのでしょうかね?


外国のタレントさんが売り込みに来るのは良いけど、せめて日本に好感を持っている人じゃないと嫌です。「独島は我が領土」を歌っている少女時代なんて大NGです(こういうイデオロギーめいた歌をタレントが歌うこと自体おかしな国ですよ)。
お金のためだけに来ないでほしい。そういう意味ではジュリア・ロバーツも嫌かも……ふらふら


さてさて、こんなアホな話は置いといて、昨今、国会で人権擁護法案に続き、公務員のスト権なるものが通過されようとしています。がく〜(落胆した顔) 自治労と日教組がバックにいるんだそうです。

お金には換えられない業務に従事しているからこそ保障されている公務員の身分です。ただでさえも民間企業のサラリーマンの方が長時間働いているのに、ストをするほど困った労働環境にいる公務員っているんですか?


英語が苦手なえいと@のんびりお気楽アメリカ日記さんから、「絶対に反対! 民主党が奨める公務員スト権」という記事をリンクさせてもらいました。
是非、読んでみて下さい。


posted by 館主 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/海外(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。