2011年05月25日

世界に羽ばたけ、J-POP

日本のアイドルユニット、Perfumeの名曲「ポリリズム」が、ディズニー映画の新作「Cars 2」の挿入歌に採用されましたね。


前回の記事でも書いたけど、これぞ自然発生的な人気なんですよ。まさにインターネット時代だからこそ人気に火がついた、現代ならではの現象。


ユーチューブとか行くと、英語圏のみならず、スペイン語圏の視聴者からもいっぱいコメントが来ています。昔の聖子ちゃんとかウタダみたいに、自ら海外進出せずとも、自然に人気が出てしまう。これこそが真の評価、実力ですよね。


広告代理店を使って鳴り物入りの進出を演出する、隣の某国の売り出し方とは大違いです(笑)

utadaが海外で出したExodasは大好きなんですよ、私。すごく良い曲。彼女は英語も上手いし。でも、悪く言うと向こうの二番煎じで、オリジナリティがないんです。


パフュームは私も前から大好きで、CDも持っています。

なにが、外国人にウケるかっていうと、やはり向こうの音楽シーンにはないオリジナリティでしょう。日本のアニメみたいに完全な個性があります。


まず完全な口パクを「有り」にしちゃうことを前提とした、独特の振り付け。まあ、これについては動画見てみてください。「シークレット シークレット」 斬新だから。欧米のポップアイコンのセクシーダンスとはまた違うんです。ヒップホップでもない。

しかも、「向こうのディーヴァのようにsex sellingじゃないから良い」と、欧米の人はコメントしてました。私たち、そういうものに食傷気味なんですよね


音楽的にはテクノ・ダンス・ポップというジャンルに入ります。私、テクノなんて特に好きじゃないんだけど、作曲した中田ヤスタカ氏の曲は大好きです。彼は天才ですよ。


中田さんの音楽って、雰囲気的には「ピチカート・ファイブ」みたいな世界観もあると思う。ピチカートはギターポップだけど。それに、日本のアニメっぽいようなカルチャー・テイストもあります。





ヨウツベの外国からのコメを抜き出すと、例えばこんなんあります。


I know i'm soooo excited that people will finally know that perfume deserve a chance to shine on the world
they deserve to have fame around the world they've worked soooooo hard, I can't wait :D xxxxx
「ついにパフュームが世界で輝くチャンスがきて、私はと〜〜ても興奮してます。彼らには世界で成功する価値があるよ」みたいな


I can't wait for Cars 2! All of the world will hear this song!
「『カーズ2」』が待ちきれない。世界中の人がこの歌を聴くでしょう」


I love thier music.なんてシンプルなコメもあり。


これこそがホントの人気グループですよね? ●HKさん?電●さん?

posted by 館主 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

アジアン・エンターテイメント

現代の日本では、ワイドショーを見ると、いつもお隣の国のグループを宣伝しています。

90年代の私たちは今のこの状態を想像していまたでしょうか。いえ、していません。

毎日、やかましく宣伝しているのはもちろん、自然発生的な人気が湧いているからではなく、大がかりなてこ入れをしているからです。電●という大手広告代理店が仕掛けている造られたブームで、ちなみに同社の現在の社長は在日です。


かつて、80年代から90年代にかけての時代にも流行していたアジアン・エンターテイメントがありました。それは香港映画とそのスターです。


30代以上の人だったらわかるでしょう? ジャッキー・チェンは私たちの青春を彩った大スターです。ええ、今でも現役でビッグスターですけど。

寒流ブームと違って、当時の香港映画の人気は自然発生的なものでした


香港や台湾の映画俳優や歌手のことを向こうでは「華流明星」と呼びます。「輝ける星」というくらいだから、彼らは本当にカリスマティックなエンターテイナーたちでした。


カンフー映画のスターではジャッキーとユン・ピョウ、サモハン・キンポーが三羽ガラスでした。プラス「少林寺」のジェット・リーがいて。サモハンが三枚目なのが面白かったですよね。彼らの映画に花を添えるのが、ロレッタ・リー、アニタ・ムイ、ジョイ・ウォンら美人女優たちでした。某国の整形女優とは大違いの華やかさがありましたよ。


ジャッキーは名実ともにアジアナンバーワンの大スターです。こういうレベルのスター、寒流タレントでいます? いないでしょ。


それから一世を風靡したカンフー映画。「スパルタンX」「プロジェクトA」「ポリスストーリー」

ものすごい超絶アクションを、ジャッキーはスタントマンなしでこなしていましたね。アクション有り涙有り笑い有り恋有りの純粋に楽しめる娯楽映画でした。あのジャンルはハリウッドにも日本にもないオリジナリティがありました。


寒流にそんなオリジナリティ有ります? やっぱ、ないでしょ。いつもハリウッドや日本の二番煎じみたいな発想でやってます。

寒流ドラマは一昔前の日本の昼ドラみたいな筋だといいますが、それすらも日本のマスコミは「懐かしい」などと言って持ち上げます。がく〜(落胆した顔) アホですね。


それから香港映画は「恋する惑星」とかお洒落サブカルチャー映画とか、「ブエノスアイレス」といったお洒落文芸映画も撮りました。「恋する惑星」の金城武はキュートでしたよね〜〜黒ハート(この人はハーフですね)。「ブエノス」のトニー・レオンも素敵ですよね。


寒流にそういうお洒落文芸映画作れます? 無理でしょ(爆)。


当時、「スクリーン」や「ロードショー」といった映画雑誌の表紙を、ハリウッドスターを押さえてジャッキーやユン・ピョウが飾ることがありました。本当に本物ののスターですよ。

同紙の広告には「広東語講座」なるものまであって、いかに香港明星の人気が高かったかを物語っていました。

それもこれも中国返還前の、民主国家だった時代だからこそ爛熟した文化でした。


ともかく、ハリウッドともかくとして、海外エンタメはそれくらいのクオリティのものを楽しみたいものです。三流品・模造品の押し売りはご勘弁いただきたいもの。



posted by 館主 at 01:17| Comment(2) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

改憲制度整備


憲法審規程を制定=改憲制度整う―参院
時事通信 5月18日(水)11時28分配信参院は18日午前の本会議で、憲法審査会の運営手続きを定めた規程を、民主、自民、公明各党などの賛成多数で可決、制定した。共産、社民両党は反対した。衆院は2009年6月に規程を整備しており、07年5月の国民投票法の成立から4年を経て、憲法改正原案の審議から国民投票の実施までに必要な制度が全て整った。

 自民党の中曽根弘文参院議員会長は討論で「規程整備だけでは意味がない。国民に開かれた形での議論が必要不可欠だ」と表明。社民党の福島瑞穂党首は「大災害の中で、どさくさに紛れての規程策定には強く抗議する」と批判した。民主党は党内に異論があることを踏まえ、賛成討論を見送った。



「憲法を変えてはいけない」だんなんて固定観念もいいところ。そもそもはアメリカに押しつけられたものですよ。アメリカ嫌いの左翼も、平和ケンポーに関しては大絶賛しているという毀誉褒貶ぶり。

時代遅れのものや現状にそぐわないものは変えるべきです。

しかし、現政権が政権なだけに、下手な憲法作られるのも困りものですが。

動きとしては前進だと思います。


posted by 館主 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

日本の男を見直したよ!


度々引用しているゆかしメディアの記事です。 戦中・戦前生まれの日本男児は、道徳教育を受けているから非常に、男らしい責任感のある男たちが多い。逆に戦後世代、団塊の世代は戦後の、悪平等的・反日的な教育を受けているから、前の世代の男たちより骨がない。というのが母の言でして。

学生運動に見られる、エセ正義の振りかざし方を見ると、団塊世代の情けなさがわかるのだそう。

でも、この記事を読むと、団塊世代の男たちも男気があるなと思わされます。日本のオジサンもまだまだ捨てたもんじゃないですね。



「原発危機に立ち上がった60歳以上の『シニア決死隊』」


復旧作業が続いている福島第一原子力発電所。しかし、本当の収束はいつになるのか、まだ誰にもわからない。というよりも、相当数の作業員が必要となることは予想できる。そんな国難を見かねて、現役を引退したシニアの元エンジニアたちが「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」を立ち上げた。

「福島原発OBも参加?
 俺たちがやらなきゃ誰がやる!」

この呼びかけ人となった山田恭暉さん(72)は「色々な案は出ているけど、でもそれはだれがやるのとなった時にわれわれしかいないじゃないですか。次の世代の人たちに行かせて被害に遭わせるよりも、年齢的にも放射線量の害も少ないわれわれの世代が、持っている技術を集めて、やらなければダメだと考えたんです」と話す。

 参加資格は60歳以上で現場作業に耐えうる体力と経験を持っていることだ。そして、実際に募集をスタートしてから現在で1カ月弱となるが、ともに現場で働きたいという人が約50人、そして趣旨に賛同するという人が約260人いるのだという。

 暴発を防ぐためには一時的な対応でなく、10年単位で作動する冷却設備を設置し、故障することなく運転しなければならない。 それを、すでに高度に放射能汚染された環境下で行う。そのために、大量の人数が必要となることは言うまでもなく、しかも経験がなくてはならない。

 現場での作業を希望する人たちの中には、かつて福島第一原発で働いていた経験があるという人からも応募があったのだという。まさに心強い限りだ。日本も捨てたものではない。

続きは引用元で。
posted by 館主 at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

世選優勝おめでとう!!

安藤「達成感ある」=世界フィギュア4年ぶり優勝


【モスクワ時事】当地で行われたフィギュアスケート世界選手権の女子で4年ぶり2度目の優勝を果たした安藤美姫(トヨタ自動車)が1日、一夜明け改めて喜びを語った。「気持ちと演技の一体感を何となく出せるようになった。そういう達成感がある」と、成長した実感を口にした。

 優勝できた要因については、「調子が悪くても自分の演技ができるようになった。(バンクーバー)五輪の後、スケートを心から楽しめる方法を自然に見つけられた」と精神面の成長を挙げた。


2011年5月1日 20:19 (時事通信)



ミキティ、おめでとう!!!

前日のSPではノーミスだったのに、何故か?の2位通過だったけど、フリープログラムで1位になりましたね! 普段の不断の(なにげに押韻)努力のお陰です!!

審判買収疑惑のある隣国のKYさんがミスしまくったせいで、優勝できました。これは嬉しいことですが、KYがそれでもノーミスの他国の選手を抑えて銀メダルという、不思議な結果も留意してください。K国はKYを盛り立てるために、地道に色々な大会に出ているカクミンジョン選手を出場枠から落としました(KYは世選しか出ていません)。カク選手がもっと正当に評価されますように。

まあ、最後に正義は勝ちます


KYの問題については、八百長スポーツ見聞録をご参考にしてください。まあ、サッカー日kanW杯の時と同じことですよ。


ともあれ、ミキティはスランプにも苦しんでいたので、努力が実って嬉しいかぎりです!わーい(嬉しい顔)

浅田真央ちゃんが超人的な身体能力を誇る天才だとしたら、安藤さんは努力の人だと私はイメージしています。

真央ちゃんが中性的な妖精の魅力があるとしたら、安藤さんは女性的なフェロモンがあります。

どこかのバカなコメディアンが「真央ちゃんは彼氏でも作ってHでもしないと女らしい情感が出せないよ」なんて言ってましたが、余計なお世話です!! 真央ちゃんは中性的だからこそ、同性やオネエのファンが多いんですよ。マツコデラックスも彼女のファンだし、あれはあれで魅力なんです(まあ、恋愛はしたければすればいいけど、今のままでも十分魅力的)。


っと、話がそれましたが安藤選手、優勝おめでとう!

日本は励まされました! 安藤さんも真央ちゃんも佳菜子ちゃんも、ソチでの活躍を期待しています!
posted by 館主 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/海外(欧米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。