2009年11月24日

事業仕分けについて その2

毎日jpより引用

東京大、京都大など旧7帝大と早稲田大、慶応大の9大学の学長が24日、政府が事業仕分けなどで科学技術予算の削減を提案している状況に対し、「世界の潮流に逆行し、さらなる国家の危機を招く」などとして見直しを求める共同声明を発表した。有力大学の学長が共同で政策決定過程に発言することは異例だ。

 9大学の学長は24日午前、東京都千代田区の学士会館でそろって記者会見した。声明では「大学の発展が国富をもたらし、人類文明を高度化した」と指摘。諸外国が国家戦略として大学や基礎科学への投資を伸ばしている中で、日本が大学への公的投資を削減していることに危機感を表明した。

 さらに、研究者の自由な発想を尊重した投資の強化、若手研究者への支援、政策決定過程での大学との対話など5項目を要望した。【西川拓、永山悦子】


ただ今民主党が行っている事業仕分けにおいては、明らかに無駄な事業も洗い出されているので、全てを十把一絡げには語れません。

↑のニュースを読んで思ったのは、学術にかける予算を減らさなければならないのなら、こうすれば良いのではないかという案があります。ズバリ、三流私大を潰して、私学助成金を減らすということです。そして浮いた分を優秀な大学に回して、有効に利用してもらうという案です。

偏差値40前後の私大の教員が語る裏話によると、2ちゃんねる用語でいうところのDQN大学には、精神薄弱者や元ヤンキーのような学生も混じっていて、授業中は私語だらけなのだそうです。多くの教員がそれを見て見ぬふりをしているのは、学費を払ってくれるお客だからです。また、成績で赤点を付けると、その学生が採点者の研究室に放火をしてしまうそうです。がく〜(落胆した顔)

本来、大学という場はそんな場ではなく、もっとアカデミックな学究の塔であったはずです。90年代、私たち第二次ベビーブーマーの世代が学生の時に、新興大学が乱立しました。その後、少子化時代が到来し、それらの大学は学生不足に陥り、猫も杓子も入学させることになりました。現代の日本では、アメリカのように大卒という学歴が一般化しすぎて、価値が薄れています。

そんな大学を出ても良い就職口があるわけでもなく、かえって地元の実業高校を出てすぐに就職した方が、よほど堅い就職先があります。実業高校でトップの生徒は、電力会社やトヨタ、地銀など、一流大学の学生でもなかなか入れないような会社に、指定校推薦で入社できます。まあ、それらはもちろん高卒扱いではありますが、底辺大学を出たところで、それらに匹敵する職にはありつけません。ただ、四年間無駄に私学の高い学費を払うだけに終わります。

私には、底辺大学の存在意義がよくわかりません。そんなものはさっさと潰してしまって、浮いた助成金をもっと有効に活用してくれる教育機関に回した方が良いと思います。そんな底辺大学にしか行けないような学生は、無理してアカデミックになど進まず、職業訓練をした方が良いのではないでしょうか。

私は、やはり大学教育というものは、昔のように選ばれし人に与えられる、特別な教育であって欲しいと思うのです。
posted by 館主 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133812528
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

旧7帝大 どこ
Excerpt: 世間をお騒がせの、話題・・・・・・さて、どんな内容なんでしょうか。。。。明日の話題についていけるよう、((+_+))事業仕分けについて その2 毎日jpより引用東京大、京都大など旧7帝大と早稲田大、..
Weblog: 要件事実の考え方と実務
Tracked: 2009-11-25 23:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。