2010年09月11日

セレブ婚をするには

書評記事です。

先日、知人の女性から恋愛相談を受けました。派遣社員をしている女性は、元婚約者と破談になった後いい縁がないと嘆いていました。

某高島E~という占い鑑定所に相談したところ、なんと祈祷料として30万円ものお金を提示されたというではないですか!! そんなのカルトと同じですよ。なんでも、3年に渡る祈祷に必要なロウソク代と手間賃なのだそうですが、自分とこの祭壇で本当に祈祷しているかどうかなんて、証明できないじゃないですか。


色々と結婚相談の悩みを聞いたので、私の好きな引き寄せ系の本をおすすめしました。芦澤多美氏の書いた「お金持ちと結婚する方法」も、引き寄せ系の要素が多分にある本です。

お金持ちと結婚するには……

美人じゃなくてもいい。

学歴なんかいらない。

のです。 これを実証する芦屋の奥様がこの本には出てきます。彼女は中卒のヤンキーだったけど、「絶対に金持ちと結婚する」という強い信念がありました。この思い込みが引き寄せ系なのです。そしてウェイトレス時代に富豪に見初められて結婚します。

彼女が著者のメンターなのです。
「メンター」というと本田健の本を思い出します。事実、芦澤さんは本田健のような体験をしています。本田健のユダヤ人富豪の話が、「本当なの〜〜?」って言われるくらい奇想天外でしたが、この本もそうです。

著者は無一文でNYに渡航したのに、有名画家と出会って、アルバイトで大金を稼ぎ、名門コロンビア大学に編入します。本田健の話同様、眉につばを付けたくなりますけど、まあ、だまされて信じてみてもいいかもしれません。もし自分も彼女の幸運にあやかれるなら。

メンターの奥様の教えには色々と面白いものがありましたが、中でも面白いのは「駆け引きはするな」です。金持ちは時間がないからそんなお遊びをしてる暇がないし、他の女性にももてるからなのだそう。

あと、整形はするなとのこと。ブスでも磨けば光るって言葉が全国の女子に希望を与えますよね。天然の素材で勝負しろというわけです。顔の造作よりも清潔感とか身だしなみが大事ですよね。

あと、高い結婚相談所にも懐疑的でした。そうするくらいなら出会える場に行けということです。私も、医者と結婚したい女性は医局でバイトしなさいと勧めました。知り合いの医者に紹介してもらうか、医療関係の求人情報をまめにチェックするといいです。医局の秘書と結婚するケース多いんです。ただし、二十代でないと雇ってくれないケースがあります。なにせ職場の花ですから。


セレブ婚の法則はは男の人にも当てはまると思います。特に容姿も良くないような男性が、資産家の娘に気に入られて結婚しているのを見ましたから。「私は/俺はどうせこの程度」と思うのが良くないではないでしょうか。




億万長者マダムの秘伝レッスン お金持ちと結婚する方法

億万長者マダムの秘伝レッスン お金持ちと結婚する方法

  • 作者: 芦澤 多美
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2009/09/24
  • メディア: 単行本





人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読む/新書・随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162224454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。