2010年10月10日

不思議な話3 ムー的な話

あなたの知らない世界」もとい不思議な体験第3段です。今回は前回のシリーズと違って、マユツバなネタです。「嘘だ〜〜」と思われるのを前提にして書きます。この私だって、今では信じられません。ちなみに「ムー」とは学研のオカルト?!雑誌です。

子供の頃、小学校5年生くらいの時でしょうか。冬、学校から帰る途中に空に不思議なものを見たんですよ。日が短かったせいもあり、居残っていたせいもあり、辺りはもう暗くなっていました。うちは田舎にあったものですから、周りは田んぼだらけ。ふと空を見上げると、空の上の方に帆船が浮かんでいたんですよ。空飛ぶ帆船!? マストにいくつかのライトも付けていたから光っていました。

何でこんな話を思い出したかというと、ヤフー知恵袋の不思議な話カテを読んだからです。自分が見た物みたいな物を見た投稿者がいたんですよ。船を見たって人もいれば、空飛ぶ城を見たって人もいました。「ハウルの動く城」みたいですね。船も城も、UFOを遠目で見てそう見えたのかしら?

子供には大人の目には見えないものが見えると聞きます。妖精が見えるとか。

私が見たわけじゃないけど、「小人を見る」っていう人がたま〜〜にいますよね。大人で。
何年か前、一発芸人のねずみ先輩がトーク番組でそう言っていたんですよ。「家に出てくる]
って。「どうせネタだろ〜〜」なんて思っていたら、同じ体験を話す人に会ったんです。
二年前、長野市のダイニングバーに入ったとき、隣に若いカップルが座っていました。女の子の方はきれい目な姉ちゃんでよくしゃべる子だったから、ついつい聞き耳を立ててたんですね。
面白いお嬢さんでした。十代の頃は芸能界志望で、モデルのオーディション面接でパンツを見せてアピールした話をしていました。あまりにユニークな話題なので、はしたないけど横から聞いてたんですよ。
そしたら、小人の話も始めるからびっくり! 小人はおじさんの風貌をしているそうですね。壁からポッと出てきて会話も交わすそうです。
白雪姫の七人の小人とか西洋のノームって、おじ(い)さんの顔をしているから、もしかしたら小人現象に由来するのかもしれませんよ。

小人現象は知る人ぞ知る現象で、行きつけの美容院の美容師さんも話を聞いたことがあるそうです(見てはいないけど)。「床下のアリエッティ」に感動した彼女は、小人に会いたいなと言ってます。心霊の類と違ってそんなに怖くない気がするとのこと。

不思議なネタはまだあります。別ジャンルもあるのですが、もっとマユツバっぽいので今のところお蔵に入れています。


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。


posted by 館主 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。