2010年10月17日

「あしなが」ならぬ「腹黒」おじさん

ネット上でこの記事を発見してあきれ返ってしまいました。教師がこんなことをしていいのでしょうか? 街頭で彼らを見掛けても、募金しないようにしてください!

日本教職員組合(日教組)が交通遺児らの支援を行う「あ○なが育英会」などに寄付するとして、
「子ども救援カンパ」名目で集めた寄付金の6割近くを占める1億円を、日教組が加盟する日本労働組合総連合会(連合)に寄付していたことが18日、明らかになった。

このうち3750万円が逆に連合から日教組側に「助成金」として交付され、朝鮮学校へ通う子どもの就労支援に使われたとの報告例もあった。

日教組は昨年3月の中央委員会で、就学が困難な子供のいる家庭を支援する目的でカンパの実施を決定。日教組に所属する教員らが全国で街頭募金などを行った。15日の日教組臨時大会に提出された最終報告によると、カンパは総額1億7624万円で、あしな○育英会には7195万円が寄付された。

ところが、連合には育英会を大きく上回る1億円が送られていた。日教組の雑誌「月刊JTU」昨年10月号は、子ども救援カンパの「一部」を連合に寄付したと記載していた。

連合はカンパを元手に日教組傘下の地方19教職員組合の申請に基づき、30事業に計3750万円を助成した。
最終報告によると、7事業は地方の教職員組合への直接支給で、徳島県教組は「朝鮮学校へ通う子どもの就労支援」として150万円を受け取った。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100319/crm1003191148003-n1.htm


日教組は寄付金の使途をちゃんと募金者に伝えているのでしょうか。いえ、してませんよね? 日本の公立学校の組合がどうして朝鮮学校と関係があるのでしょうか? 交通遺児の救済を謳いながら、一億円もの大金を他に流用しているとは、人々の善意に対する裏切りです。

私も募金したことはありますよ。だって、街頭で交通遺児の子どもたちを使って、募金を募っているんですから。

教組ってこういうセコイ技が常套手段ですよね。護憲の署名運動でも、高校生を運動に使って、通行者の関心を引いているし。

募金者や子供の良心を利用し、なおかつそれを踏みにじる行為ですね。社会問題としてもっと取りあげるべきですよ!

日教組は民主党系列なんだそうですね。

そもそもアカどもが無辜の支持者を無償で奉仕させるのは、カルトのやり口と似ていて腹立たしいのです。

私に言わせれば、支持者に調子の良いことを吹き込んで、自分の目的のために、彼らを兵隊としてただ働きさせているのですよ。 

若者はその貴重な時間を他のもっと有意義な活動に費やすべきです。詐欺まがいの募金のために街頭に立つくらいなら、偏向政治活動に利用されるくらいなら、福祉施設でボランティアをするとか、すばらしい芸術を鑑賞するとか、スポーツに汗を流すとかして欲しいです。


学校で教師が「あしな○募金」を募っていたら、保護者の皆さんはクレームを付けてください。学校に直接言いづらかったら、教育委員会に電話してください。

また「あし○が育英会 噂」でググると色んなものが検索されますよ。交通遺児の家庭に向こうから連絡してきて「奨学生にならないか」と勧誘してきたり、一度奨学生となると何やかんやと運動に動員されるそうです。漢検みたいにTというある人物っjが組織を牛耳っているとも。

人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165962411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。