2010年11月13日

素朴な国宝級神社in信州

パワスポ巡りにはまってます。信州大町市の仁科神明宮に行きました。

本殿も、有名観光地のような豪奢な社屋ではなく、素朴で地味な建物です。それが逆にシンプルで良いんですよね。日本最古の神明作りだそうです。本殿はなんとなく撮れませんでした。不敬に当たったらどうしようとか思っちゃって。
shin1.jpg

これが手水場です。ここで作法にのっとって身を清めます。ここで汲ませていただいた湧き水は自然の甘みのあるおいしいお水でした。
shin2.jpg

まだ青い楓の葉陰から差す太陽。とても清々しい自然に囲まれていました。
shin3.jpg

それから近くの高瀬峡行きました。
shin4.jpg

高瀬峡にある藁葺き屋根のお蕎麦屋さんで昼食。信州といえば蕎麦です。おばあさんが一人で切り盛りしているお店で月見そばを注文しました。サービスで実家から送ってもらったという干し柿をいただきました。信州りんごも付いていました。

店主のおばあさんに「ここらへんは土日は混むのですか?」と訊いたら、「ここは通り道にすぎないわよ」と答えました。周辺には安曇野とか白馬といった目玉観光地があるのですが、この大町だって素敵な所です。


蕎麦屋の写真は撮りませんでしたが、大町のエネルギー博物館の奥手にあります。

平地はまだ青い葉っぱでしたが、峡谷の木々は色づいておりました。
そして峡谷にある御宿かじかで立ち寄り湯を楽しみました。

shin5.jpg
湯の花が浮いている温泉ですよ! そんなお風呂久しぶりでした。ちょっと画像が湯気で良くないんですけど、露天風呂からは紅葉が楽しめます。水温が高くないから、長時間ゆっくりつかれます。 同宿では昼食も楽しめます。

帰りの道で、車を運転していたら眠くて眠くて仕方がなく、家人に運転を変わってもらいました。これは疲れと温泉の効果と見られるかもしれません。でも後でネットで調べてみたら、「パワースポットで癒されると眠気がする」とありました。やはり仁科様は清らかな空間だったのですね。



人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。



posted by 館主 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。