2010年12月26日

フィギュアスケートの光と陰

コメントが記入できないという報告を受けています。こちらの設定では問題がないのですが、同じ例が他にもあればブログの会社に連絡してみます。お手数ですが、不具合を感じた人は「連絡先」からご連絡ください。

さて、本日の記事はまたもや余所様紹介です。

はからずも政治ブログの常連ではなく、スポーツファンが韓国の汚さに気づくとは皮肉な現象があります。こういうノンポリな人々ですら気づいてしまうほどの、韓国によるロビー工作が国際試合において展開されているからです。

数年前の日韓共催のW杯の時も、韓国チームの異常な快進撃と、同チームに対する異様なジャッジの甘さから、韓国に疑惑の目を向ける人々がネットで続出しました。

今年はバンクーバーの冬季五輪での、某K選手への銀河点で、またもや韓国への疑惑がわきました。

フィギュアスケートといえば、学生時代の同級生にもファンがいっぱいいました。海外マスコミが、ロシアの選手がヒールのように扱い、北米の選手を善玉のように扱うことに友達は憤っていました。その頃から、フィギュアというのは色々と裏や陰のあるスポーツだと薄々感じていました。

ときどき黒猫」さんの記事を読むと、魑魅魍魎が跳梁跋扈するフィギュア界の構図が見えます。

あの不正ジャッジ疑惑のあるK選手を、科学的に検証するニコニコ動画まで紹介しています。

「検証」 KYのココがスゴイ

Kさんは他人の倍ほど助走して、ジャンプを成功させていたのですね。

あと、審判。日本人選手を厳しく減点し、某Kさんを爆上げしていのは、なんと日本人審判だったんですね! 天野真という、現役時代は凡庸な選手だった男です。この男はISU(国際スケ連)のコネがあるとか、色々とグレーな噂のある人です。

スペシャリスト天野真

こういう日本人が存在するなんて、もう、わけわかんないです。巷では草食男子なんて言葉が流行っているけど、日和見男子とか売国男子の方がいるんじゃないの?


あと、●ルハンというパチンコグループの実態ですね。在日の会長は、日本で、しかもギャンブル業で稼いだお金を、母国に貢いでいるようですね。会長も某K選手をサポートしているそうです。

[大韓民国今年のCEO大賞] マルハ●会長、年売り上げ1兆8600億円…日本の'パチンコ業界の大物' (韓国経済新聞より)

パチンコって韓国では禁止されている産業じゃなかったでしたっけ? マ●ハンを称える韓国誌ですが、日本人相手ならギャンブルで荒稼ぎしても構わないって感覚なんでしょうか?

こういう点を考えるにつけても、あの隣国とは極力付き合いを避けた方が賢明だと思います。韓流ブームだとか騒いでいる場合じゃないですよ。


過去の記事も関連しています「やっぱりひどいよ、フィギュアスケート


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176096963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。