2011年03月23日

福島県産農産物の風評被害について

福島の原発の事故を受けて、次のような記事が出ました。


菅直人首相(原子力災害対策本部長)は23日午前、東京電力福島第1原子力発電所の事故の影響で食品衛生法の暫定基準値を超える放射性物質(放射能)が検出されたとして、福島県の佐藤雄平知事に対し同県産のコマツナ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、カブなどの出荷を当分の間、控えるよう指示した。(産経新聞)


周辺の野菜にしろ大気にしろ、ここ数日間の「放射能の影響はあるが、人体に影響があるほどではない」という政府見解は、微妙です。放射能が出たことを言わないと後で怒られそうだから、「影響があるほどじゃない」と言いいつつ発表しているように感じられます。

記事に挙げられた以外の野菜は、じゃあどうなの?って思います。

福島の農家が風評被害で損失を受けるのは不憫ですが、さりとて、本当は安心のできない放射能レベルの農産物を流通させるのはいかがなものかと思います。「福島の風評・流言飛語を流さないで!」などという論調は一見優等生発言のように聞こえますが、農家への補償から免れられるという、政府・東電の責任逃れにもつながりかねません。


経済専門家の慶応大学の金子勝先生の、風評被害についての発言を読んでいただきたいです。

============================

記者が枝野長官に、農産物の放射性物質の暫定基準とコーデックスの違いを質していたが、何で原子力委員会が作った内向き暫定基準なのか?問題は、生物学的濃縮と妊婦や乳幼児が要注意ということで、コーデックスは原発事故からそれを踏まえているはず。暫定基準では農産物輸出にも支障が出るのでは?

食品衛生法は農産物に絡む。放射性物質の基準も、BSEの時と同じ縦割り行政で全く駄目。厚労省は死に体の原子力委員会の暫定基準を使うピンボケぶり。同省は年金・医療・介護・労働とやることが多すぎます。コーデックスに基づき出荷停止と補償を早く実施しないと農産物市場全体が風評の犠牲になる。

CODEXとはFAOとWHOの合同食品規格委員会で、チェルノブイリ事故後の小児甲状腺ガン発生の事実などを踏まえて、乳幼児用の別基準を設けています。これは強制力はないがWTOルールに近いので、従わないとアジアも日本の農産物や食品を買ってくれません。農水省はCODEXのはずなのに…。

「想定外だった」と言う人に安心しろと言われても…。生物学的蓄積は複雑。「新興衰退国ニッポン」でも書いたが、放射性物質が牛の体内に蓄積され、そのミルクを飲んだ幼児が小児甲状腺ガンになりました。過剰防衛に見えても、CODEX基準に従って出荷停止と補償を実施して本当に安心できるのです。

このまま出荷を続けていると、当面いいように思えますが、噂と風評によって市場全体が麻痺します。不良債権問題と同じです。確かに暫定基準には問題が残りますが、取り急ぎ出荷停止と補償を打ち出したことはいいです。市場に出回っている農産物は安心という断固としたメッセージを送ることが大事です。

この問題は経済学的には、一見すると情報の非対称の問題のように見えますが、実は違います。逆選択でもありません。これは信用と伝染という問題領域です。カウンターパーティリスクや市場のパニックという、なかなか従来の経済学の枠組みでは理解しにくい問題です。しばしば金融危機で起きます。

中山智是さんが言うように銀行の取り付けも「伝染」のいい例です。情報開示と不良債権の抜本処理がないと、銀行にいくら不良債権が隠れているか分からないので、そのうち銀行が潰れると、伝染してみんなが一斉に銀行に取り付けに行って、パニックに陥り一気に金融システムが破綻してしまうのです。

この事例に当てはめると、風評被害を恐れてXX県産の農畜産物の放射線汚染を隠して出荷し続けたとします。ある時、誰かが測定して「汚染がひどい」ことが明るみに出ます。すると、XX県産の農畜産物は情報を隠しているから信用できないとなって、誰も買わなくなり、農家破綻が止まらなくなります。

中山さんの言う通りです。更に他にも隠しているのではないかという疑いが広がり、伝染が止まらなくなって農産物市場全体に及びます。佐久間高志さんが言う戦前の渡辺銀行もそうですし、また残留農薬のように長期化して土中にたまると厄介です。福島原発事故が早期に安定することを心から願っています。
===========================
引用終わり。


金子先生はTPPと経産省にも怒りを感じているようですが、その問題は別カテなので触れません。怒っている理由もこのツイッターからではわかりませんし。


福島はフルーツを作っているので有名ですよね。隣の茨城県は農業王国じゃないですか。私の遠縁の者も、茨城県庁のトップ3なのだそうなのですが、今頃奔走しているでしょう。

ああ、なんか久しぶりに喜多方ラーメンが食べたくなりました。食べに行って元気を出そう。


posted by 館主 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。