2011年04月07日

3.11が人災たる理由

また引用なんですけけど、大事なことなので、ご紹介します。つきさっぷさんの、「東北関東大震災ではなく、東北関東大『人』災では?」 というタイトルです。コメント欄を転載です。

引用開始
==============================


指揮系統がなってない。判断能力不足。民間企業ならとっくに潰れてますよね。
まず、原爆事故が起きた最初、海外の報道と日本報道の温度差に愕然としました・・一体どうゆうことなのか
怖かったです。実際には、日に日に事態が良い方向ではない事が明らかになり、『やはり海外での見解は間違いではなかった』
と確信してからは、日本では『想定外』と報道していますが、『想定内』の間違いでは?と感じます。
報道を見るたびに、やっぱりそうだったのかと、確認することばかりです。
当初米軍は、ホウ酸を空輸し、原子炉に注入する支援を申し出たのに、東電は原子炉の復旧が出来なくなることを
懸念し申し出を断った。
東電は水注入の冷却で試みたが、配管の一部が破損していた為に、結局、十分に供給できなくなって
水位が上がらない事から、蒸気排出に方針を変更。
しかし、管さんが視察に来ため中止して、この対応の遅れが原因で原子炉外部容器内の圧力が上がり、
水素爆発を起こして、ようやく海水とホウ酸注入に切り替え、その後も被害を拡大したこと。
15日の時点で、アメリカの公聴会で、部分的なメルトダウンの可能性、放射線放出リスク、レベル6と示唆している。
18日の時点で、フランス専門家の派遣、原発事故に対応するロボットを含む資材の搬送など救援計画を日本側が拒否。
法の違いから、海軍医療船、飛行機物資支援等を断り、素人考えかもしれませんが・・困難な被災地に支援物資がスピーデイーに
行き渡り、又、他の被災場所に移動できたり、大勢の人を助けることが出来たのではないかと思ってしまいます。しかし、支援を断るなら、日本の自衛隊等を総動員しているのかと思っていました。それすら出来てなかったとは。


===============================
引用終わり


posted by 館主 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。