2011年04月13日

民主→地震…国難の連続

先週末、総選挙が終わりました。野党圧勝という結果でしたが、当然の帰結でしょう!


再選した石原都知事も「民主は未熟だ」と言って石原節を炸裂させていました。彼はまた「節電節電って言ってるけど、自販機とかパチンコの電力無駄遣いを考えたらどうか」と提唱していました。


パチンコ献金で潤っている現与党には絶対言えない台詞ですね。民主党は亡国の政党です。こんな国難に瀕した時勢に、ばらまき政策を続けようとしたり、ネット規制法案を人知れず通してしまったり(孫社長もご立腹でしたよね)。


そもそも、この政権はマスコミの煽動によって誕生しました。


自民バッシングは安倍総理時代から始まっていたんですよ。安倍さんはKanと違って国益を重んじる総理でした。それが最後には登校拒否みたいな形で総理を辞任することになったのは、マスコミと裏で糸を引く財界のバッシングのせいです。


その後も、麻生総理がバーでお酒を飲んでいることを「贅沢だ」ととか、赤城農相が顔にバンソウコウを貼っているのを「怪しい」だとか批判されました。


重箱の隅をつつくようなバッシングがありました。ケガしている人間を怪しいとは、言い掛かりも甚だしいですね。


民主政権下で、閣僚がこのような難癖付けをされてますか? それがないのは、マスコミが彼らのあら探しをしてないからですよ。


なぜ、このような売国政権が誕生したのかというと、中国ビジネスに依存する財界と中韓びいきの左派、それからパチンコ成金の在日の利害が一致したからです。パチンコのCMの頻度を見れば、マスコミに対する影響もわかるでしょう。


自民政権下で奇跡的に合意した普天間基地を、現政権が蒸し返したことで、基地問題が迷走します。左派は反米的な色合いがありますから、去る震災で米国及び米軍の力を借りるのを躊躇します。借りができると基地移設も進められなくなります。


だから米国から冷却剤を借りず、それが原発事故の拡大を招きました。


自民党が100%良いとは言いませんが、日本の場合は周辺諸国の危険性が高いので、保守政権でないとダメなのです。


外国人に選挙権を与え、海外にいる在日外国人の子女に子ども手当てを与え、尖閣諸島でのカマ掘り中国船ビデオを隠しているような政党では、国益を守れません。


自民でなくても保守党であれば良いのですが、今のところ「立ち上がれ」は小さいですしね。これから保守党を育てていく気運を高めていかねばなりません。それができなければ自民に政権をお返しした方が良いです。


普天間を前述しましたが、本当に軍隊(抑止力)はいらないと思いますか?社会主義者は「話し合いで解決を」なんて、言いますが「話し合い」で北朝鮮のテポドンや核実験を止められた験しがありますか?


きれいごとを並べる人は、安全保障というものをもう一度よくお考えください。「自衛隊が地震災害に対処するのは良いけど、防衛するのは良くない」などというのはダブルスタンダードではないでしょうか。他国からの侵略と地震−−種類は違えどいずれも国難、非常事態に変わりはありませんよ。


あれだけ被災地で尽力した自衛隊のことを「暴力装置」だのという官房長官がいては、日本の安全を保障できません。この震災がいい例でした。


昨日も福島・茨城で地震がありましたね。日本人はボケから目覚めないといけません。もはや、あぶく銭の湧くノーテンキ時代は過ぎ去ったのです。

posted by 館主 at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんにちは、えいと@です。

今回の統一地方選挙は、あまりの民主党のひどさに国民もさすがに気がついて、民主党惨敗の結果となりました。
とりあえずは良かったです。
もし、民主党がもっと頭が良くてずる賢かったら…と思うとちょっと怖くなります。
だって。
その場の雰囲気に流されちゃう国民が多いですから…日本人って…。

今、原発反対!の運動が日本中で起こってますよね。
なぜか保守の方もいっしょになって「危険な原発に反対!」ってやってますよね。
これって怖いことなのですよ…。
もちろん、私も「危険な管理状態の元での原発」に大反対です。
だけど、今、ヒステリックに騒いでいる,その中心になっているのは「左翼」なのだということに気がついてない人が多いんですよね…。

日本人はまだまだ成熟してないって、つくづく感じます。

     えいと@


Posted by えいと@ at 2011年04月13日 07:25
えいとさん、コメントありがとうございました。

>民主党惨敗の結果となりました。>
この気運が持続すると良いですね。

>その場の雰囲気に流されちゃう国民が多いですから。>
冷めてるっていうか事なかれ的ですよね、日本人って。

>なぜか保守の方もいっしょになって「危険な原発に反対!」ってやってますよね。これって怖いことなのですよ…。>
そうですか。
私はこの問題はよくわからないので、容認も反対も書けずにいるのですが。

「節約生活すればいいだろう」「危険だろう」と言われれば「そうかな」と思い、逆に「管理の問題だ」「代替エネルギーはあるのか?」と言われたそんな気もします。

記事を拝見しました。

例えば安全保障問題では、武装解除するなら代わりに安全を保障する策がないといけないと思います。おっしゃるように同様に原発も代案がないといけませんよね。

>ヒステリックに騒いでいる>
代案もないのに、高邁な精神論(愛があれば軍隊はいらないとか)で不足を乗り越えようとするのが左翼イデオロギーなのですよね。

仮に原発に反対するにしても、ただ闇雲に否定する論調は危険だと思います。

Posted by 館主 at 2011年04月13日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。