2011年04月13日

災害・原発関係お役立ち情報

またも転載なんですけど;; ろっくさんの記事「各出版社が、原発、放射能、災害関連の書籍をPDFで無料提供」です。


引用開始
==========================

いくつかの出版社が、原発、放射線や災害関連の書籍を、無料でPDFにて公開しています。


丸善出版

講談社ブルーバックス

岩波書店

化学同人


=============================
引用終わり。

噂の域を出ない情報に振り回されるより、専門的な情報を入手した方がいいでしょう。

それから、放射能を吸着するヒマワリの記事を先日書きましたが、今度はビールが放射能を削減という記事をご紹介。ま、どこまで実効性があるかわからないけど提示だけでもさせてもらいます。


引用開始
==========================


福島第一原子力発電所の事故によって、放射性物質が各所に拡散する可能性がある中で、人々は不安におびえる。復旧作業が長引く中で東京はおろか、日本を脱出する人も出てくるなど不安は増幅する一方。そんな中、ビールが放射線の防護に効果がある、という驚くべき研究結果が、6年も前に放射線医学総合研究所から発表され、それまで人知れず光が当たらなかったが、今となって改めて脚光を浴びているのだ。


福島第一原子力発電所の事故で、東京、あるいは日本を脱出して海外に逃げたりする人も出る始末。「原発アレルギーを示す外国人が、こんなに多いとは思わなかった」と、ある外資系企業のビジネスマンが話した。


そんな中で、6年前に発表されていた研究論文がにわかに脚光を浴びているのだ。それは、放射線医学総合研究所(以下放医研)と東京理科大による研究。ビール成分に放射線防護効果を確認し、ヒトの血液細胞とマウス実験で実証したというもの。放射線防護効果は最大34%にもなったという。


 しかも「放射線防護剤にはさまざまな薬が開発されているが、副作用を伴うものもあり、新たな薬剤開発が待たれている。今回の成果は、新たな放射線防護薬剤開発に一石を投じるものとされる」という記述がある。


 これは期待できると思い、さっそく放医研に連絡を入れてみた。放医研の広報課に取材を申し込んだが「すでに研究者が退職していますので、ご対応はできかねます」という回答だった。


==============================
続きはゆかしメディア「ビールを飲めば放射線を3分の1削減できる? 」でどうぞ。

そう聞くと、喜んでビールを飲んじゃう人出てきそうですね(笑)。嗜好と実益を兼ねてるから。残念ながら私は下戸です。
posted by 館主 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195698503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。