2011年05月18日

改憲制度整備


憲法審規程を制定=改憲制度整う―参院
時事通信 5月18日(水)11時28分配信参院は18日午前の本会議で、憲法審査会の運営手続きを定めた規程を、民主、自民、公明各党などの賛成多数で可決、制定した。共産、社民両党は反対した。衆院は2009年6月に規程を整備しており、07年5月の国民投票法の成立から4年を経て、憲法改正原案の審議から国民投票の実施までに必要な制度が全て整った。

 自民党の中曽根弘文参院議員会長は討論で「規程整備だけでは意味がない。国民に開かれた形での議論が必要不可欠だ」と表明。社民党の福島瑞穂党首は「大災害の中で、どさくさに紛れての規程策定には強く抗議する」と批判した。民主党は党内に異論があることを踏まえ、賛成討論を見送った。



「憲法を変えてはいけない」だんなんて固定観念もいいところ。そもそもはアメリカに押しつけられたものですよ。アメリカ嫌いの左翼も、平和ケンポーに関しては大絶賛しているという毀誉褒貶ぶり。

時代遅れのものや現状にそぐわないものは変えるべきです。

しかし、現政権が政権なだけに、下手な憲法作られるのも困りものですが。

動きとしては前進だと思います。


posted by 館主 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/202052871
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。