2011年06月03日

若い人は純粋

横粂議員が離党届 地方も「反旗」で「菅降ろし」加速
J-CASTニュース 5月22日(日)17時2分配信

 支持率低迷が続く菅直人政権をめぐり、民主党内からの批判が激しさを増している。地方組織からは「現政権下では展望が開けない」と、公然と強い不満の声があがり、当選1期目ながらマスコミ露出が多かった横粂勝仁衆院議員(比例南関東ブロック)からは離党届が提出された。

 これに対して、都道府県連の幹事長らからは

  「現政権のもとでは、展望が開けない」
  「けじめをつけることが政治的には大事」

といった体制の刷新を求める声があがった。

 さらに、若手議員の新たな行動も明るみに出た。09年8月の衆院総選挙で初当選を果たしたばかりの横粂衆院議員(比例南関東ブロック)が5月20日、岡田幹事長に離党届けを提出していたことが明らかになったのだ。岡田氏は20日、離党届を受け取らず、慰留したという。

 横粂議員は、弁護士で人気恋愛バラエティ番組に出演した経験をもつなど、比較的マスコミに登場する機会が多い議員だ。この数週間で現政権に対する批判を加速させていた。例えば4月29日には、政府・与党が第2次補正予算案の提出を先送りする可能性があることについてふれ、「飛ばない豚はただの豚だ」という言葉を引き合いに、

  「『飛ばない政府・与党』に、失望しています」

と、現政権への不満を吐露。5月14日のブログでは、

  「これから自分がすべきことを考え、そしてその準備をしています。また追ってご報告させて頂きます」

と、近く何らかの行動を起こすことを予告していた。

 政界では「菅降ろし」をめぐり、「近く動きが本格化する」「いや、思惑だけで実行は無理だ」などさまざまな見方が飛び交っている。


若い人は正義感があって良いですね。

自らの保身にとらわれずに、「おかしいものはおかしい」と言える。

「民主党の横粂」に投票した有権者の気持ちを、なんて声もあるかもしれませんが、私は彼の潔い決意を応援します。

離党した彼ですが、その誠実さは我々日本人の胸を打ちました。

今後の彼に活躍の場が与えられることを願います。


posted by 館主 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。