2011年06月16日

チャールズ皇太子を応援

ウィキペディア散歩をしていたら、チャールズ皇太子にぶち当たりました(どんな経路たどってきたんだ?)


正式には「プリンス・オブ・ウェールズ」というそうですね。ウェールズに住んでないのに。


それはともかく、彼の「政治的姿勢」の項目を読んだら、実に真っ当なお考えの持ち主であることがわかり感心しました。

政治的姿勢 [編集]
リベラルな発言・行動で知られており、特に中国共産党の一党独裁国家である中華人民共和国政府には冷ややかな態度をとっている。1997年の香港返還の際には、チャールズが日記で中国共産党の上層部を「老朽した蝋人形のようだ」と表現していたことが話題となった。1999年に中国の江沢民国家主席がイギリスを公式訪問した際、チャールズ王太子は、中国側が大使館で開催した答礼夕食会を意図的に欠席したとされている。これに対して、あるネットでは、彼(チャールズ王太子)は、「おいさらばえた禿げたか」ではないかと話題になったこともあった。これらのなすりあいは、イギリスと中国の不幸な歴史がその根幹にあることである。

また、チベット問題には長年強い関心を寄せており、チベット仏教の最高指導者・ダライ・ラマ14世とも交流がある[4]。2008年1月には、世界の要人でいち早く、北京オリンピックの式典・競技に一切出席しない意向を民間団体に表明したことが明らかになった[5]。同年3月に中華人民共和国が実効支配しているチベット自治区において争乱が生じた際には、3月20日に5月頃ダライ・ラマ14世と会談することが公表された。



「老朽した蝋人形」とは言い得て妙です! 

晩餐会をサボタージュしたくなるお気持ちは私ならわかります! 殿下はとても気骨のある方ですね。日本の弱腰政治家では、覇権国家の代表に対してあんな毅然とした態度は取れないでしょう!


中国を認めること自体がおかしいんです。西欧諸国はかつての南アに対して、アパルトヘイトを理由に強硬外交を取ってきました。中国だって、アパルトヘイト以上に酷いことをやっているんですよ!ウイグルという異民族の地を征服して、何度も核実験を行っています(漢民族の地ではないからですよ)。それによって死んだり病気になったりした、少数民族の存在は闇に隠されています。

それなのに諸国が中国と交流しているのは、同国の強気な姿勢と外交戦略の巧みさゆえです。本来はならず者国家ですよ。

チベット問題に関心を寄せられているとは、大変素晴らしいことです。殿下は極東アジア情勢にとても明るくていらっしゃいます。チベット自治区で争乱が起こった際に、いち早くダライ・ラマ猊下とお会いになられたという、その迅速で勇気ある行動に敬服致します。チベットもまた、ウイグルと同じく、中国に侵略されている異民族です。


また、殿下は熱帯雨林保護プロジェクトも立ち上げて、先に挙げたダライ・ラマ猊下を初めとした著名人たちとの協力のもと、環境保全運動に努めていらっしゃいます。


マスコミは殿下の昔の離婚劇をスキャンダルとして報じ、時期国王には彼よりもウィリアム王子がふさわしいと言ってきました。昔のことはそれとして、現在の王族としての彼の考え方や公務に取り組む姿勢は高く評価できます。

むしろウィリアム王子は、無難なだけで凡庸なのではないかと私は思います(私の偏見だけど;;)。王室ウォッチャーによると、王子はまだ十分な数の公務をこなされていないというし。私は皇太子殿下こそが時期国王にふさわしいと思います。

長男の方が見栄えはするけど、殿下はfire inside、お心に情熱を持っていらっしゃるような気がします。


参考リンクとして熱帯雨林プロジェクトの記事を貼りました。
外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_aso/fwe_09/pr_sk.html

麻生元総理がこのプロジェクトの首脳会合に参加された模様が書かれています。
posted by 館主 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス/比較文化!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。