2011年06月18日

デンマーク皇太子 被災地へ

「デンマーク皇太子、被災地で子どもたち励ます」 読売オンライン 6.16.2011

 デンマークのフレデリック皇太子(43)が14日、東日本大震災で津波被害を受けた宮城県東松島市を訪れ、小学校で給食を食べながら子どもたちを励まし、デンマーク企業からの義援金約2200万円を寄付した。

 皇太子は15日、都内で本紙の取材に対し「欧州では日本旅行は危ないという見方が広がっているが、危険ではないと示したかった。遊覧船から見た松島の自然は素晴らしく、東北地方にとって観光が重要だとよく分かった」と語った。

 そして福島第一原発の事故で関心が高まる自然エネルギーについて、「再生可能エネルギーのノウハウについて日本と協力する用意がある」と述べ、デンマークが推進する風力発電などでの技術協力に意欲を示した。(国際部 青木佐知子)


前回は英国のチャールズ皇太子をピックアップしましたが、彼以上に好感度アップしたのはこの王子様です!

世界の王族で、東北の被災地を慰問されたのはフレデリック皇太子くらいじゃないでしょうか? 海外では必要以上に危険だと言われている東北地方に来られたのですよ!

本当にありがたいことです! 同盟国の首長たるオバマも来てないし。オバマは中国びいきで、ミシェル・オバマ夫人は西ヨーロッパびいき。オバマがイギリスに外遊して、新婚のウィリアム王子夫妻に謁見した時は、夫人は早速同伴していました。夫人は、アジアとかアフリカとかにはいらっしゃらないそうです。

日本も米国も政権交代すべきですね。

このフレデリック皇太子のご慰問は、日本のワイドショーでも「イケメン王子来訪」などと、ミーハーな報じられ方をしましたが、デンマークでは普通に事実を報じていたそうです。それに日本ではこの件を、某極東アジアの方々の募金ほど大々的には報じていません。ヤレヤレ;;まったく。


ともあれ、これでデンマークに対する好感度は急上昇しました右斜め上 次に海外旅行にいくなら、アジアでは台湾、欧州ではデンマークですね!


訪日の際、皇太子は天皇皇后両陛下とも夕食を取られました。こういう外交ができるのも、日本に皇室があるからですよね♪


記事とは関係ないけど、「中間を知りすぎた男」さんで興味深い記事を見つけました。是非ご一読ください。この人には感心してたんだけどなぁ……。



denm1.jpg

denm3.jpg


denm2.jpg


追記:えっと、風力発電にも問題があることは追記しておきます。なんでも低周波やら〜波やらを出すそうで、妊婦に影響があるそう。だから住宅地の近くには作れません。

まあ、皇太子は多分風力発電の売り込みも兼ねて来られたでしょう。でも、何にせよ王族の方が遠路はるばる慰問に来られるのはありがたいことです。
posted by 館主 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。