2011年07月04日

当たり前のこっちゃな

遅まきながら、書きたい書きたいと思っていたこの話題をば。橋下さんが制定した国旗国歌条例について。

結論から言うと私は大賛成! で、下記は産経の世論調査なんだけど、産経とはいえ日本人の間でこれだけ多数の賛同者がいたとはうれしい驚きです!!

で、反論意見に反論します(^^)/

「歌わない自由もある」とは何事ぞ? じゃあ、生徒が校則を守らない自由もあるんでせうか?「それ(校則)はそれ(校則)、これはこれ」と反駁するなら、それを整合性をもって説明してみい。

「公務員・一般人の区別が子供につくだろうか?」>区別がつかないから守らなくて良いとはロジック的に弱いです。裏を返して言うと、「子どもにわからなければ決まりを破っていい」ということになりますけど?

「ながく平和を保つためには、国旗をあげない、国歌を歌わない自由を残すべきだ」>何故、国旗や国歌が平和ムードを損ねるのでしょうか? それこそ、あなたの個人的な考えであり、自虐史観なのではないでしょうか? 世界の大国は、史上、自国の旗の下に、英国においては、女王の御名の下に戦争をしてきましたよ。平和教育とは国旗や国歌を否定することではなく、もっと根本的なことを教えることではありませんか?

「つまり国民と自国の風土を愛することは国旗、国歌を愛することとはイコールではない」中国在住だそうですが、頭の中も同国に染められたのでしょうか? 国家は嫌いだけど、風土は好きってどんだけアンビバレントな感情やねんて?


国を愛していない人は国益を損ねる政治に平気で賛同するから、結局は国の衰亡を招くと思います。つまり、国民たる我々の住みかを滅ぼすってこと。日本の国を愛していない国民は、金のために平気で外国人に国を売るようなことをしかねないし、「竹島や北方領土や尖閣諸島が、某国の物だと」言われても、ポカーンとしてるでしょ。「別にそれでいいんじゃない?」って。

特にアカ教師は自虐史観教育をしてるから、ああいうことを信じ込まされたら、生徒は「戦時中に迷惑をかけたんだから、島の一つや二つあげても良いじゃないか」って気持ちになりますよ。隣人が、「昔、お前んとこのジジイがうちのバアさんにケガを負わせたんだから、お前んちの境界線の土地もう2mくれよな」っていうのと同じです。弱みを握られてやられたい放題ですよ。



国旗国歌条例、「制定に賛成」が89%
産経新聞 7月1日(金)7時56分配信

 「国旗国歌条例」について、6月28日までに7563人(男性6211人、女性1352人)から回答がありました。

 「この条例制定に賛成か」については89%が「賛成」で、「『国旗国歌を否定するなら公務員を辞めればいい』との橋下徹府知事の発言に同意するか」という設問には、90%が「同意する」と答えています。「他の自治体でも同様の条例が必要だと思うか」については、86%が「必要だ」としています。

(1)この条例制定に賛成か

   89%←YES NO→11%

(2)「国旗国歌を否定するなら公務員を辞めればいい」との橋下徹府知事の発言に同意するか

   90%←YES NO→10%

(3)他の自治体でも同様の条例が必要だと思うか

   86%←YES NO→14%

 ■公務員の当然の義務

 大阪・男性会社員(41)「国際社会に通用する人材をつくるには、他国に対する敬意が必要。自国の国歌、国旗に敬意を払えない人間が、他国に敬意を持てるわけがない」

 東京・男性公務員(36)「国民と国家に忠誠を誓うのは、公務員の当然の義務。国旗のデザインや国歌の歌詞に反感を覚えるかどうかは全く別の論題だ」

 愛知・主婦(33)「国旗国歌を尊重し、国歌斉唱時に起立するのはどこの国でも当然であり、公務員であればなおさらだ。しかし、今の日本では、当たり前のことができていない以上、条例はやむを得ないと思う」

 ベトナム在住・男性会社員(49)「海外では、その国の祝日や記念日には必ず国旗を掲揚して祝う。もし糾弾する人がいれば変人か他国民と思われるだけ。そんな当たり前のことができない現状に、危機感を持つべきだ」

 東京・男性自営業(25)「大学生ならいざ知らず、未熟な子供に教師が自分の意見を提示しても、子供は意見をためらい、経験の差で丸め込まれるだけ。子供が疑問を抱えたときに考えの幅を示すのが教育者の役割だ」

 ■「歌わない自由」はある

 岐阜・男性会社員(32)「この条例下で教育された子供たちが、自分の考えを主張できるようになるのか。教職員が自分の考えを主張できないと、子供たちもそのように育ってしまう。『教職員は公務員だ』という意見もあろうが、公務員・一般人の区別が子供につくだろうか?」

 東京・男性自営業(38)「地方公務員は国家公務員とは違う。地方自治体が採用を行っているのだから、奉仕先はその自治体であり、国家(政府)ではない。なお、国家公務員であれば、国旗国歌を尊重するのは当然と思う」

 三重・女性パート(45)「個人的には国旗も国歌も好きだが、公務員とはいえさまざまな思想、意見を持つことを妨げてはいけないと思う。ながく平和を保つためには、国旗をあげない、国歌を歌わない自由を残すべきだ」

 中国在住・男性会社員(56)「国家を愛すること、つまり国民と自国の風土を愛することは国旗、国歌を愛することとはイコールではない。国旗、国歌を強制することは排他性、独善性と隣り合わせだ」

 【用語解説】大阪府の国旗国歌条例…国旗国歌法では日の丸が国旗、君が代が国歌と定められているだけで、尊重規定はありません。府の条例はそこから一歩踏み込んで、府立学校だけでなく府内の市町村立学校の教職員も対象にしており、「学校行事で行う国歌斉唱は起立により斉唱を行うものとする」と義務付けています。府施設では国旗を常時掲揚することとされました。現段階では罰則規定は設けられていません。

ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110701-00000092-san-pol


最後に私が言いたいのは、橋下さんがんばれってことだ!
posted by 館主 at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんんちわーー

ああーわたしも、館主さんの意見に大賛成です!!

とくに、「じゃあ、生徒が規則を守らない自由っていうのもあるのか?・」

あああーそのとうりですよねえええーーー。


なんでもかんでも、「自由」っていえば、許されると思っている、大人がいること自体不思議です。

義務と、権利っていっしょくたで、どっちがなくてもだめなんです。

権利ばっかり主張して、義務をはたさないのは、「義務を果たさない自由」じゃないんです。

あああー本当に、おかしな人がいるけど、たいていの人は、この条例に賛成っていうことは、みすてたものではありませんね。

きっと、マスコミがばかみたくこういう意見のほうが、マジョリティーのように、国民に思わせているのかもしれないですね。

だいたい、どこの国だって、国旗を挙げて、国歌を歌うことに、反対する人がいたら、「その人のほうがおかしい」ってかんじで、報道されるし、だれも、「ばかじゃないの??」って、みむきもしないとおもいます。

 
普通の国民の感覚を持つ人が多くいるとしっただけで、なんだかうれしくなりました。

Posted by のんちゃん at 2011年07月08日 23:14
のんちゃん、いつもコメントありがとうございます!

>とくに、「じゃあ、生徒が規則を守らない自由っていうのもあるのか?>
おわかりだと思いますが、これはえいとさんの言葉をお借りしました。

>権利ばっかり主張して、義務をはたさないのは、「義務を果たさない自由」じゃないんです。>

学校現場でも、君が代を歌わない教師を多々目撃してきましたよ。本当に歪んでますね。

>だいたい、どこの国だって、国旗を挙げて、国歌を歌うことに、反対する人がいたら、「その人のほうがおかしい」ってかんじで、報道されるし、だれも、「ばかじゃないの??」って、みむきもしないとおもいます。>

やはり海外ではそんなアホみたいなことを大まじめに語るトンチキ集団は、相手にされていないのですね。

>普通の国民の感覚を持つ人が多くいるとしっただけで、なんだかうれしくなりました。>
そうなんですよ!! ヤフーのニュースにコメ寄せられるページでも、この条例には賛成数が多くてうれしいです!

瀬島龍三の動画これから見ます。彼の伝記本を読もうと思って、ついぞ読まず終いだったのですが、また興味が出てきました。

その本によるとあの甘粕さんも実は悪者ではなかったみたいですね。「ラスト・エンペラー」で坂本龍一が演じていたのを見るとヒールでしたが。実際は自社の部下のために敗戦後に骨を折った方のようです。

表面的なイメージと実像って必ずしも一致しませんね。のんちゃんがおっしゃる笹川さんも然り。



Posted by 館主 at 2011年07月12日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213223486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。