2011年09月09日

是非総選挙を!

ロシア機、日本列島を周回=空自がスクランブル―防衛省
時事通信 9月9日(金)0時6分配信

 防衛省は8日、ロシアの爆撃機2機が同日、日本列島を周回するように飛行し、航空自衛隊が戦闘機などを緊急発進(スクランブル)させたと発表した。領空侵犯はなかったが、ロシア機が列島を周回飛行するのが明らかになったのは初めて。
 同省統合幕僚監部によると、2機はTU95爆撃機。朝鮮半島の東方から編隊で飛来し、沖縄本島付近まで進んだ後、太平洋を北上。樺太付近から再び南下し、日本列島を一周する飛行経路をたどった。
 その後、2機は日本海上空を北上し、ロシアへ向かったという。オホーツク海上空では、別の2機による空中給油も確認された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110909-00000001-jij-soci
このようなニュースが飛び込んできました。

民主党に政権が変わって以来、色々な場面で外国勢力があからさまな態度で出てくるようになりましたね。昨年の尖閣諸島での出来事から、韓流ゴリ押しのテレビ放送まで。TV局の株式の20%以上を外国人が保有しているそうですよ。

これらに反発する日本国民がいると、「人種差別はいけない」とか「偏狭な愛国心だ」とか方便を言って、言論を封殺するメディアや売国議員。

今の新総理大臣ですら外国人からの献金問題があるのに、メディアは意に介しません。つまり民主党政権に肩入れしているんですね。

自民党政権時代は、農相が頬にバンソウコウを貼っているだけで怪しいと叩かれました。何も問題が無かった麻生元首相に至っては、「バーで飲むのは贅沢だ」とか「漢字が読めない」というバッシングをひねり出しました。

今、メディアが民主の閣僚に対して、このような揚げ足取りをしてますか?してないでしょう? 川端新総務大臣だって、公費でキャバ嬢問題があるのに、全然騒がれていない。おかしくないですか?

政権交代の時のテレビの風潮を思い出してください。「何が何でも政権交代を!」っていうムードがあったでしょ? でも、それって煽動じゃないですか? 報道の公平性に欠けませんか?

だからおかしいって言うんです。知らぬ間に外国の息がかかった連中がメディアの裏側に侵入しているってことですよ。韓国や中国にとって都合がいいから売国的な民主党政権を樹立すべく、誘導されてたんですよ。その証拠に、民主党議員は総選挙後に在日団体にお礼参りに行ってます。

日本人は気づかなきゃいけません。

政権を一旦自民にお返しすべきですね。自民党時代にもあった問題は、それから片付けていけばいんですよ。

総選挙を!
posted by 館主 at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
館主さん!!

こんにちわー

まったく同感です。

もう解散総選挙しかありません。官直人が降りたくらいではかわらないとおもっていましたけど、姿、形をかえているだけで、売国政権というのはかわりません。

もう、これではっきりしました。

わたし達日本人は、おひとよしすぎます。

(といってもわたしはあの政権を解散させるためのよい案があるわけではないので、お馬鹿の遠吠えですけど、、)

解散総選挙!!!

ぜったいにこれしかありません。。
Posted by のんちゃん at 2011年09月10日 17:14
のんちゃん、おはよう!

>官直人が降りたくらいではかわらないとおもっていましたけど>

そうですよ〜〜!! あの党の体質自体がカン(姦)なんだもん。

>わたし達日本人は、おひとよしすぎます。
平和ボケしてますよね。

あの自体に降りていただかないと。

>解散総選挙!!!

皆でこれを繰り返し念じていれば叶いますよ! 引き寄せましょう!(←大まじめです)

Posted by 館主 at 2011年09月11日 07:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225130690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。