2011年09月20日

これぞ真の国際交流!

震災支援に感謝、日本の若者6人が52時間かけ台湾までの遠泳に成功
サーチナ 9月20日(
火)14時46分配信

 東日本大震災に対する台湾からの支援に感謝を伝えるため、日本の若者6人が沖縄県与那国島から台湾北東部の宜蘭県蘇澳まで泳いで渡った。一行は52時間かけて19日午前、無事台湾に到着した。中央通訊社など台湾メディアが19日伝えた。

 この「日台黒潮泳断チャレンジ2011」に参加した泳者は被災地出身の大学生を含む20〜30代の若者6人。台風接近で実施が危ぶまれたが予定どおり決行された。一行は福島、宮城、岩手3県の知事から馬英九総統に宛てた感謝の手紙を携え、17日午前6時5分に与那国島を出発し、リレー形式で台湾まで遠泳した。

 季節風などの影響を考慮して当初計画のコースを変更し、全長は直線距離より10キロメートル長い120キロメートルとなった。6人が交代で休まず泳ぎ、19日午前9時50分、蘇澳の岬に到着した。ゴール地点では宜蘭県政府が地元に伝わる竹製の信号砲「古竹砲」6門を用意し、礼砲を放って6人を歓迎した。また地元の小学生が豊漁を祈願する「サバ踊り」を披露して壮挙を祝った。

 52時間の遠泳について6人は、夜に真っ暗闇のなかを泳いだときはくじけそうになったが、意志で持ちこたえたと語った。
 


ええ話やないか! ええ話やないか! ええ話やないか!

台湾こそが極東の友好国であることを改めて感じますね。

我々国民もこのスイマーたちのように、潮の寒(韓)流に飲まれず、真の友好というものを学ぶべきです。

ああ、ええ話やねえ(しみじみ)
posted by 館主 at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/海外(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

お久しぶりです〜。

本当に良い話ですね。
台湾の方々の支援に感謝の気持ちを伝えたい!
…そう思う日本人が多くなったということは、本当に喜ばしいことです。

近場の海外旅行に行くなら台湾!
そういう声をよく聞きます。
友好国、台湾を大切にしていきたいですね。

     えいと@

Posted by えいと@ at 2011年09月28日 03:11
えいとさん、お久しぶりです!

東海岸はもう秋模様なんじゃないでしょうか?私はニューイングランドの紅葉を見たいです。

>台湾の方々の支援に感謝の気持ちを伝えたい!
…そう思う日本人が多くなったということは、本当に喜ばしいことです。>
最近、保守系政治ブログ以外の人々のブログでも、台湾への感謝の気持ちが書かれていて、良い傾向だと感じています。

渡辺麻理奈さん(字あってるかな?)が、以前、台湾通の本を出されていましたが、今のタレントは何故か寒流一辺倒。寒流の記事がある雑誌は買いません。雑誌で台湾特集をしたら私は買うんだけどな〜〜。

Posted by 館主 at 2011年09月29日 19:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。