2012年02月28日

そりゃそうだ

「南京事件なかった」山田宏・創新党首も発言 支援団体のパーティーで
2012.2.26 18:49

日本創新党の山田宏党首は26日、大阪市内で開いた支援団体のパーティーで講演し、河村たかし名古屋市長が「南京事件はなかった」と発言したことに触れて「河村さんの言うことは正しい。南京事件はなかった。日本人が敗者としての歴史観を植え付けられてしまった」と見解を述べた。

 山田氏は、南京事件を否定する理由について「事件は昭和12、13年に起きたといわれるが、他国の首都で何十万人もの虐殺があれば、首都には多くの外国人記者がいるから世界中で大問題になったはずだが、報道はなかった」と説明。「日本人の祖先のために、おかしな汚名をはらす努力をすべきだ」と述べた。

 講演では、橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」と創新党との連携もアピール。「大阪の動きに強く期待している。国家観、歴史観が共通する人が集まって第三局ができればいい」と訴えた。


-----------------------産経より引用終わり

原爆使ったわけでもないのに、何で40万人も殺せるんでしょうか?しかも、被害者人数がいつの間にか30万から40万に増えています。

いろんなインチキをしている国の言うことよりも、私は河村さんと山田さんを支持しますよ
posted by 館主 at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。しばらく更新が滞っていましたが、お元気なようで何よりです。

中国は今回の河村市長の発言に対して、さまざまな交流行事を中止したりしていますが、これを「恫喝」と言うのですよね。「アメリカでは『原爆投下のおかげで戦争が早く終わり多くの人命が救われた』などと主張する人が少なからずいる」という話を聞くと、日本人の一人として腹が立ちますが、仮にアメリカの政府の高官や大学教授がこんな発言をしたとしても、日本人はアメリカ大使館の前で星条旗を燃やしたり、アメリカとの交流行事を中止したりするでしょうか。
しかしこの件で一番の問題は、「ほらほら、中国様も怒っておられるぞ〜」とでも言わんばかりの態度を取っている、一部の日本人でしょうね。ブサヨは日本を何としてでも「悪い国」に仕立て上げ、「自分たちの言うことを聞けば救われる」と宣伝しなければ存在価値がなくなるわけですが、そのためには外国に行って「反日」を煽る真似すらするわけです。彼らはまさにカルトとしか言いようがないですね。
Posted by 南溟 at 2012年02月28日 22:21
南溟さん、お久しぶりです。返信が遅れてごめんなさい。更新が滞っているのにきてくださって嬉しいです。

>中国は今回の河村市長の発言に対して、さまざまな交流行事を中止したりしていますが、これを「恫喝」と言うのですよね。>

放っておけばいいですよね、もう。いちいち言うことを聞くから図に乗るんです。

>日本人はアメリカ大使館の前で星条旗を燃やしたり、アメリカとの交流行事を中止したりするでしょうか。>
しませんよね。特アと違う、日本人の民度の高さを物語ってます。でも逆に言うと、日本人は大人しいからもっと自分の立場を主張して欲しいです。

>ブサヨは日本を何としてでも「悪い国」に仕立て上げ、「自分たちの言うことを聞けば救われる」と宣伝しなければ存在価値がなくなるわけですが>

富山県の教組が、「百人斬り」教育大キャンペーンを展開したという記事を見掛けました。同県にも橋下さんのような征伐人が来ると良いんですが。

とある日本人牧師がソウルの慰安婦像前で跪いたそうですね。宗教家の名を語るのをやめてほしいです。
Posted by 館主 at 2012年03月08日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。