2006年10月29日

ガールズトークabt年の差カップル

今週末は所用で東京に行った。

筆不精ならぬ更新不精のワタクシ。社会的なネタはあるけどどうにも筆が進まないので、他愛ない話でもして更新をする。


東京では、かつての同僚や同級生と久々に会い、旧交を温めた。同僚は40歳の独身お姉様であり、私は三十路なので、本当は「ガールズ」トークではないのだが(笑)。

お姉さまと私、ある話題で大変盛り上がった。ガールズが話すことといえば、若い頃から恋愛がらみなんだけど、あの晩の話題は「年の差カップル」であった。その様子、他人が聞いたらきっと笑うだろうなって、感じだった(^^)。興奮しちゃって;


今年になって、我々の知人二組が結婚したのだが、一組は8歳の年の差があり、もう一組はナント16歳だったのだ。その年の差に私たち妙齢の(?)女二人は、大反応してしまったのだ。もちろん、そういうからには、年下なのは…-----------------------
新婦ではなく新郎なのである!


8歳差なのは、私の同級生とカレである。もし大卒なら新郎は学校出たてだ。芸能人以外で(知人で)妻がかなり年上なのは、私の従兄が娶った6歳年上の妻のケースが最高記録だった。あの時は、失礼ながら従兄が「篭絡された感」を抱いていた(爆)。だって、彼女結構如才ないおばさんだったもの(毒)。


同級生はデキチャッタ結婚だったそうだ。私は式には参加していないが、出席した友人曰く「どう見ても姉と弟みたいやった。でも、人の相性は年の差と関係ないんやなぁと思った」とコメントしていた。うーむー……。私はこのことについて、40歳のお姉様にたずねた。

私「その男の子がかわいそうだと思ってしまった私は失礼なのでしょうか?」
お姉様「そんなことないわよ! デキチャッタ結婚だなんて! 普通そういうことは大人が気をつけるべきよ!」


ですよね、と私も相槌を打った。同い年の女の子ならいざ知らず、そんなに年上の女がそういうマネをしてはならない。仮に故意ではなかったにせよ、周囲には「はめた」と思われても仕方がないのだ。思えばデキチャッタ子が23、4の頃はまだ学生だった。好きなことをしていた。なのに、その時と同じ年代の男の子に、そんな断れない決断を迫るなんて、結構酷ではないだろうか?


私はノリノリで話を続けた。20代の若かりし頃、年上の女というのは海千山千の恐い女に見えた。

同級生が彼氏を年上のオバサン(当時の私にとって30代はオバサンだった)に取られ、ショックを受けていた。元彼が本当にオバサンを好きだったのならまだしも、オバサン的あつかましさで捕らえられていただけなのだ。元彼氏は、別れた後も同級生(元彼女)のことが好きで、その子の家の周りをストーキングするほどだったのに、オバサンを振り切れずに結局そっちと結婚してしまった。
オバサンは元カノである私の同級生の家に、「彼と切れろ」と電話までよこしてきたそうで、同級生は精神的にかなりショックを受け、男性不信にまで陥った。ま、男も男で優柔不断で情けないから、悪いのはオバハンだけじゃないんだけど(一度手でも出して、そーとー弱みを握られたか?)。


あーゆーいき遅れの、逞しくて恐ろしいオバハンにだけはなりたくないと思ったものだ。そして今、三十路に入った私も四十路になったお姉様も、中年独身女というわけだが、プライドはある。オバハンたちのような、反則技を使う同年代の同性は軽蔑している。


お姉様は「あなたの知ってるその8歳差の最高記録を、倍も上回る記録があるわよ!」と言って、43歳の同僚女性が、27歳の元部下と結婚したことを挙げた。その業界では、このカップルの話で持ちきりで、職場のある若い夫婦などは、この年の差カップルのことで一晩盛り上がったそうだ。そして出た結論は「彼女って魔性の女なんだよ」というものであったそうだ。


お姉様「披露宴もしたんだってよ。出席者が20代と40代だったのよー!」
私「えー? 披露宴ってことはウェディングドレス着ちゃったんですかぁー?
お姉様「披露宴したってことはそうでしょー!」
私「よく着ましたねー(毒)」
お姉様「私がもし仮にそういう結婚をするとしたらね、せめて入籍するだけにとどめるわよ。てゆーか結婚しないし、求婚されても『よく考えろ』って言うわ!」
私「てゆーか、私、そんな若い子と付き合うなら、愛人でいいですよ。結婚なんて申し訳なくてできない!」
お姉様「私も、そんな相手の親に恨まれることできないわ!」
私「男が16歳年上っていうカップルだって知らないですよ、私」
お姉様「だよねー。彼が37になった時、彼女は53よ!」
私「男の37っていったらまだ一応青年じゃないですか! でも女の53って言ったら初老でしょ、初老」
お姉様「『初老』!? きゃー、それ面白い語彙を選んだものね、館主ちゃん」


トークはヒートアップした(笑)。かなり失礼な言い草ではあるけど、でも皆そう思っちゃうだろう。同僚の皆は「彼はダマされている」と言っているそうで、彼女もちょっぴりお気の毒だ。


愛に年の差は関係ないのだろうか?
男の方が多少年上でも文句は言われないのに、女が年嵩だと口を挟まれてしまうのは不公平なのだろうか?


でも私、やっぱり身の程ってあると思う。特に女の場合、出産できる年齢が限られている。相手の親は絶対孫を欲しがるだろうし、自分のエゴだけで突っ走ってしまうのは、わたし的には美しくない行為なのだ。


年下の男性の話でこんなにも盛り上がってしまうとは。もしかしたらお姉様、今年下の男の人に恋をしているのかしら? と、後になってふと思った私である。


言うても愛に年の差はちょっとは関係ある、と思ったらクリックを。 人気blogランキングへ


posted by 館主 at 19:31| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。