2005年07月09日

ロンドンでのテロ

英国ならではの目新しい情報ではなく、単なる日記である。しかも妙な話までしてしまうし、半分くらいで読んでほしい。
____________________________

七日の未明、就寝中の私は気持ち悪い存在を感じて、何度も目が覚めた。怖かったので、日本から持ってきたお守りを取り出し、卓上ランプをつけたまま寝た。よく寝付けず、悪夢を見た。

私にはちょびっとだけ霊感があるのじゃないかと思う。前にも余地夢を見た。友達に会う前の晩、夢の中の人物に「○○(友人の名前)の家族に会うでしょう」と言われた。翌日、友人と芝居に行くと、その場で「実はうちの家族も来てるのよ」と言われた…という出来事がある。


虫の知らせかと思った私は、七日の朝、家族からメールがないかチェックした。でも、家族からのそういうメールはなく、テレビをつけるとどの局でも"London Blast"という見出しで、ニュースの特報がやっていた。どうやらテロ事件が起こったらしい。


余地夢、なんてのは非科学的な話なので、私自身も半信半疑である。あの気持ち悪い存在が、テロの余地夢だったのか、それとも別件の怪奇現象だったのか、はたまた肉体疲労によるものなのかは、定かではない。欧米人にそういうのを話しても、信じてもらえなかった経験があるので、身近な人には誰も話していない。


ともあれ、9.11に続いてまたも卑怯なテロ事件が起こり、腹立たしい限りだ。


click! 人気blogランキング


海外航空券−オンラインで空席検索、キャンセル待ち、カード決済可能【楽天トラベル】


posted by 館主 at 02:13 | TrackBack(1) | ニュース/海外(欧米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

何故そんな簡単なことがわからない??
Excerpt: ロンドン同時爆破テロについて
Weblog: 廿世紀之怪物悦楽主義
Tracked: 2005-07-10 06:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。