2011年07月26日

かっこいい!高岡蒼甫

高岡は23日、「正直、お世話になったことも多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます。ぐっばい」とツイート。この「8」とは、平日の昼に韓流ドラマを放送するなどしているフジテレビを指していると思われる。

 その後も「ここはどこの国だよって感じ。気持ち悪い!ごめんね、好きなら。洗脳気持ち悪い!」「TV局の韓国おし無理。 けーPOP、てめーの国でやれ」などとツイート。今後の活動を心配する声に対しては「影響出るなら辞めるよ。そんなんで干されたら所詮そんな世界って事でしょ」と応じ、その後も持論を展開した。

 高岡は、韓国自体や韓国のタレントを非難している訳ではないようで、「ただこんな戦後最悪なこの時代に韓国おしって、誰が望んでるんだって話し。もっと伝えるべき事が沢山ある」「まず日本に目をむけないと」「俺は日本がよくなってほしい。惑わされずに良くなってほしい。とにかくそれだけ。だから売国は絶対にNOなんだよ。過激に聞こえるかもしれないけどこれが自分の言い方です」と、日本を愛するが故のツイートだということを説明している。

 そのほかにも、ユーザーとのやりとりのなかで、妻である女優・宮崎あおいとは同じ思想なのかと聞かれ「妻は自分と一緒の思想ではありません。火の粉が飛ぶのは勘弁です。と。そう訂正してくれと言われましたのでそのまま書かせて頂きます」とコメント。そして、「一緒の思想にはならなくていいと思うけど彼女の後ろにいる人たちと共存する気はありません。さらっと流れに身を任せたいと思います」と付け加えた。

 また、かつて朝鮮日報のインタビューで竹島問題について「日本は卑劣だ」などと答え、ネット上で非難を受けたことがあるが、そのことについては「卑劣だなんだなんて言ってない。あちらさんの書き方」としている。

高岡蒼甫かっこいい! マジかっこいい! メチャかっこいい!
あんなメディアに関係している仕事しているのに、保身をはからずによく言った!

若いのに骨太の俳優です。

私は彼の出るドラマ、映画が見たい! 寒流スターなんかみたくないです。

奥さんの立場を守ろうとしているし、かっこいいです!

こんな発言したから、今後電ツーの息がかかった週刊誌で、またスキャンダル叩かれるだろうけど、あたしは信じないよ! 過去にチョーセン日報に言葉を捏造されちゃったこともあって大変だったわね〜〜。カワイソカワイソ。

ずっとあなたを応援します!


こちらはニュースに寄せられたコメントから抜粋。

HEY!HEY!HEY!
4/25 K-POP特集 少女時代 KARAお宝映像 2PMの肉体美
5/2 K-POP FTISLANDが初登場
5/9 チャン・グンソク&ビックバン
5/16 K-POPイケメン登場
5/23 K-POP少女時代 ビックバン
5/30 放送休み
6/6 K-POP 少女時代特集
6/13 K-POP 少女時代
6/20 K-POP 人気ビースト登場
6/27 K-POP特集第二段!KARA、ビースト
7/4 KARAの舞台裏に緊急密着!
7/18 少女時代 / 2PM / 東方神起
7/25 KARA
8/1 K-POP特集第三段

これどこの国の番組だよ
日本では最近見掛けなくなったタレントやミュージシャンもいっぱいいますよね。
あのウルフルズのトータス松本も歌だけじゃやってけないってんで、去年の大河に出たそうです。
なのに寒国のタレントばかりを宣伝して、この国のTVはおかしいです。

私は我が国のエンタイテイナーを見たいです!!!

ソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110726-00000017-rbb-ent
posted by 館主 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

世界に羽ばたけ、J-POP

日本のアイドルユニット、Perfumeの名曲「ポリリズム」が、ディズニー映画の新作「Cars 2」の挿入歌に採用されましたね。


前回の記事でも書いたけど、これぞ自然発生的な人気なんですよ。まさにインターネット時代だからこそ人気に火がついた、現代ならではの現象。


ユーチューブとか行くと、英語圏のみならず、スペイン語圏の視聴者からもいっぱいコメントが来ています。昔の聖子ちゃんとかウタダみたいに、自ら海外進出せずとも、自然に人気が出てしまう。これこそが真の評価、実力ですよね。


広告代理店を使って鳴り物入りの進出を演出する、隣の某国の売り出し方とは大違いです(笑)

utadaが海外で出したExodasは大好きなんですよ、私。すごく良い曲。彼女は英語も上手いし。でも、悪く言うと向こうの二番煎じで、オリジナリティがないんです。


パフュームは私も前から大好きで、CDも持っています。

なにが、外国人にウケるかっていうと、やはり向こうの音楽シーンにはないオリジナリティでしょう。日本のアニメみたいに完全な個性があります。


まず完全な口パクを「有り」にしちゃうことを前提とした、独特の振り付け。まあ、これについては動画見てみてください。「シークレット シークレット」 斬新だから。欧米のポップアイコンのセクシーダンスとはまた違うんです。ヒップホップでもない。

しかも、「向こうのディーヴァのようにsex sellingじゃないから良い」と、欧米の人はコメントしてました。私たち、そういうものに食傷気味なんですよね


音楽的にはテクノ・ダンス・ポップというジャンルに入ります。私、テクノなんて特に好きじゃないんだけど、作曲した中田ヤスタカ氏の曲は大好きです。彼は天才ですよ。


中田さんの音楽って、雰囲気的には「ピチカート・ファイブ」みたいな世界観もあると思う。ピチカートはギターポップだけど。それに、日本のアニメっぽいようなカルチャー・テイストもあります。





ヨウツベの外国からのコメを抜き出すと、例えばこんなんあります。


I know i'm soooo excited that people will finally know that perfume deserve a chance to shine on the world
they deserve to have fame around the world they've worked soooooo hard, I can't wait :D xxxxx
「ついにパフュームが世界で輝くチャンスがきて、私はと〜〜ても興奮してます。彼らには世界で成功する価値があるよ」みたいな


I can't wait for Cars 2! All of the world will hear this song!
「『カーズ2」』が待ちきれない。世界中の人がこの歌を聴くでしょう」


I love thier music.なんてシンプルなコメもあり。


これこそがホントの人気グループですよね? ●HKさん?電●さん?

posted by 館主 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

アジアン・エンターテイメント

現代の日本では、ワイドショーを見ると、いつもお隣の国のグループを宣伝しています。

90年代の私たちは今のこの状態を想像していまたでしょうか。いえ、していません。

毎日、やかましく宣伝しているのはもちろん、自然発生的な人気が湧いているからではなく、大がかりなてこ入れをしているからです。電●という大手広告代理店が仕掛けている造られたブームで、ちなみに同社の現在の社長は在日です。


かつて、80年代から90年代にかけての時代にも流行していたアジアン・エンターテイメントがありました。それは香港映画とそのスターです。


30代以上の人だったらわかるでしょう? ジャッキー・チェンは私たちの青春を彩った大スターです。ええ、今でも現役でビッグスターですけど。

寒流ブームと違って、当時の香港映画の人気は自然発生的なものでした


香港や台湾の映画俳優や歌手のことを向こうでは「華流明星」と呼びます。「輝ける星」というくらいだから、彼らは本当にカリスマティックなエンターテイナーたちでした。


カンフー映画のスターではジャッキーとユン・ピョウ、サモハン・キンポーが三羽ガラスでした。プラス「少林寺」のジェット・リーがいて。サモハンが三枚目なのが面白かったですよね。彼らの映画に花を添えるのが、ロレッタ・リー、アニタ・ムイ、ジョイ・ウォンら美人女優たちでした。某国の整形女優とは大違いの華やかさがありましたよ。


ジャッキーは名実ともにアジアナンバーワンの大スターです。こういうレベルのスター、寒流タレントでいます? いないでしょ。


それから一世を風靡したカンフー映画。「スパルタンX」「プロジェクトA」「ポリスストーリー」

ものすごい超絶アクションを、ジャッキーはスタントマンなしでこなしていましたね。アクション有り涙有り笑い有り恋有りの純粋に楽しめる娯楽映画でした。あのジャンルはハリウッドにも日本にもないオリジナリティがありました。


寒流にそんなオリジナリティ有ります? やっぱ、ないでしょ。いつもハリウッドや日本の二番煎じみたいな発想でやってます。

寒流ドラマは一昔前の日本の昼ドラみたいな筋だといいますが、それすらも日本のマスコミは「懐かしい」などと言って持ち上げます。がく〜(落胆した顔) アホですね。


それから香港映画は「恋する惑星」とかお洒落サブカルチャー映画とか、「ブエノスアイレス」といったお洒落文芸映画も撮りました。「恋する惑星」の金城武はキュートでしたよね〜〜黒ハート(この人はハーフですね)。「ブエノス」のトニー・レオンも素敵ですよね。


寒流にそういうお洒落文芸映画作れます? 無理でしょ(爆)。


当時、「スクリーン」や「ロードショー」といった映画雑誌の表紙を、ハリウッドスターを押さえてジャッキーやユン・ピョウが飾ることがありました。本当に本物ののスターですよ。

同紙の広告には「広東語講座」なるものまであって、いかに香港明星の人気が高かったかを物語っていました。

それもこれも中国返還前の、民主国家だった時代だからこそ爛熟した文化でした。


ともかく、ハリウッドともかくとして、海外エンタメはそれくらいのクオリティのものを楽しみたいものです。三流品・模造品の押し売りはご勘弁いただきたいもの。



posted by 館主 at 01:17| Comment(2) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

猪苗代湖ズを応援




チャリティといえばレディ・ガガ様もやってくれてますが…

日本ではクリエイティブ・ディレクターの箭内道彦さんがやっている猪苗代湖ズを応援します。

東日本大震災のチャリティソングです。以下はTOKYOFMより引用。


=======================================================




松田晋二(THE BACK HORN 福島県東白川郡塙町)
山口隆(サンボマスター 福島県会津若松市)
渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET 福島県双葉郡富岡町)
箭内道彦(風とロック 福島県郡山市)

福島県で生まれ育ち、今は東京や横浜で暮らすミュージシャンとクリエイターの福島県人バンド。
箭内道彦が実行委員長を務めた、『風とロック芋煮会』(2010年9月 福島県・裏磐梯高原にて開催)を機に結成された。
もちろんバンド名の由来は、福島県の中央に位置する、日本第四位の大きさを誇る湖、『猪苗代湖』から。
昨秋の『風とロック芋煮会』では、大自然に囲まれた故郷の野外ステージで郷土愛をかき鳴らした。
この時に生まれた曲が、福島への想いを真っすぐに歌いあげた、
『アイラブユーベイビー 福島』である。

東日本大震災を受けて
激しい地震や津波の被災に加え、頻発する原発事故への不安、危機感に包まれる福島県。
故郷への恩返しをするのは今しかない、と立ち上がった四人の再集結。
決断からの行動は早かった。

3月17日。節電に最大限に配慮して、東京を離れて名古屋のスタジオへ向かい、
もちろん音源化されていなかった『アイラブユーベイビー 福島』を、レーベルの壁を越えて、

『I love you & I need you ふくしま』

としてレコーディング。
費用も最小限に抑えるため、サンボマスターのベーシストである近藤洋一に協力を依頼し、
快諾を得てエンジニア&プロデューサーとしての特別参加となった。


手弁当と最少人数、最小限の電力で生みだした、福島への愛の歌は、
わずか3日後の3月20日。配信シングルとして緊急リリース。
収益の全てを、故郷である福島県の「福島県災害対策本部」に義援金として寄付する。


今こそ、故郷に愛を伝える時。
是非、福島に、この曲を届けてください。
ダウンロードして、被災地に、大切な人に、想いを届けてください。

ご協力、よろしくお願いいたします。



価格:420円 (税込)
※手数料を除いた収益の全てを寄付します
※パケット定額制サービスへの加入をおすすめします

===========================================



引用終わり
posted by 館主 at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

窪塚洋介ナイス!カウンター

ここのところ風邪をこじらせてへたばっていた。今日は家でおとなしくしているので、病身をおして投稿。

窪塚洋介猛反撃「井筒監督はアホ」 4月20日10時58分配信デイリースポーツ

石原慎太郎東京都知事(74)が製作総指揮した映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」(5月12日公開)のPR会見が19日、大阪市内で行われ、W主演の俳優・徳重聡(28)、窪塚洋介(27)と新城卓監督(63)が出席。特攻隊員を描いた作品で、井筒和幸監督(54)が「戦争の美化」と批判していることに対し、窪塚は「見る前に言うヤツはアホ」と猛反撃に出た!
 同時期に公開される2作で期せずして“映画戦争”がぼっ発した。窪塚は特攻を志願し、出撃する隊員の姿を熱演。自身も3年前、自宅マンション9階から転落した経験があり「簡単にはいえないけど、生きてることはありがたい」と、作品への思い入れは強い。井筒監督の批判に対し、窪塚は黙っていられなかったようだ。
 窪塚は「この映画を見て、戦争賛美だというヤツはアホだと思う。もう一回見た方がいい。見る前に言うヤツはアホ」とバッサリ。さらに「右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、日々、生きています」と“窪塚節”もさく裂させた。
 井筒監督は新作「パッチギ!LOVE&PEACE」(5月19日公開)の中に、「俺は-」を連想させる劇中映画を登場させた上、新作のPR会見の席上などで批判を展開。「戦争の美化はアカン。若者を右へならえさせたいだけ」などとこき下ろしていた。
 同じ映画監督として、新城監督も「映画を見てからコメントしてほしい。それがお互いの礼儀でありルール。パフォーマンスとしての発言は、やがて本人に返ってくる」と井筒監督への怒りをあらわに。「沖縄出身で国歌も聞いたことなく、上京しました。右翼というのなら、どうぞ。史実をとらえありのままに描きました」と強調していた。
続きを読む 私の感想
posted by 館主 at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

ビューティフルマインド(映画)

NHKの衛星で、よく名作映画がやっているので見ている。先日は「アラビアのロレンス」がノーカット版でやっていたので見た。今回はラッセル・クロウ主演のアカデミー賞受賞作「ビューティフル・マインド」を見た。

94年ノーベル経済学賞を受賞した実在の人物、ジョン・ナッシュの半生を描いたドラマ。47年、ナッシュは「非協力ゲーム理論」をあみ出す。その才能に国防省の諜報員が目を付け、ナッシュの周囲にはあやしげな人影が出没し始める…。アマゾンの紹介文より


私の知り合いにも何人か精神疾患者がいるが、その内のほとんどはどういうわけか、本作の主人公ジョン・ナッシュのようにスパイがらみの妄想にとり付かれている。知り合いと言っても学生時代から社会人時代を通してどこかで見知っただけの人だが。知り合いの男性1は北朝鮮のスパイに狙われていると夢想し、一緒に電車に乗った友人の証言によると彼は「今、スパイに尾けられている」と言っていたそうだ。電話も盗聴されているらしい。
知り合いの男性2はさらに重度の症状で、スパイ妄想にかられては引越しを繰り返していた。友人達と皆で車に乗っていると、彼は「今、スパイに尾行されているんだ」と言い出し、皆は驚いて互いに顔を見合わせた。盗聴や盗撮はもちろんされているし、男性1と違って、男性2は架空の人物と彼らのストーリーまで創り出している。ジョン・ナッシュと同じ症状だ。CIAやインターポールにも関係している(と思い込んでいる)人だった。
知り合いの女性1は私が去年いた大学寮の隣人である。常に自分の食べ物が共同キッチンから盗まれているという被害妄想にかられ、寮生は忙しいのにしょっちゅうミーティングを召集していた。人がパーティーを開いて楽しんでいる時に会合を開くと言い出して、ハッキリ言って迷惑な人だった。盗難に業を煮やした彼女はキッチンに監視カメラを付けろとか警察に被害届けを出すと言い出した。最初は親身になって相談にのっていた男子学生がいたが、途中で堪忍袋の緒が切れることがあって二人の仲は険悪になった。他人は「病気だから可哀相」だなんてキレイ事を簡単に言うけど、ああいう人と付き合うのは並大抵のことではないのだ。たまに会って優しくするのは楽だが、隣人として付き合うのはなかなか神経を磨耗させられるものだ。

女性1は博士課程に在籍していた人だった。ジョン・ナッシュのように知的で、いろいろなことを深く考えてしまうような人が発病するのかと思いきや、私の別の知り合いみたいに知的レベルの低い人でも発狂する。この病気は知能指数の高い人の専売特許ではないらしい。いったい何が原因なのだろう?

映画では映画のお約束として、困った人ながらも好感が持てるように印象操作をしているが、数学者ジョン・ナッシュの伝記を読むと、彼は天才ではあったけれども利己的な人だったらしい。大学時代は同級生と精神的なホモセクシャル関係にあったらしい。男世界で暮らし男性性の優越に傾いたインテリ君にありがちな現象だ。社会人時代は、年上の看護婦と交際して子供までもうけたのに、彼女を捨ててお嬢様の大学院生と結婚してしまう。それが映画に登場する妻アリシアだ。伝記では、ナッシュの名声に引かれた彼女が積極的に教官の彼を追っかけたらしい。やっぱり映画は物事をちょっと美化している。それでも、発狂して大学教授の地位を追われた夫を働きながら支えたのは事実なのだから、やはりアリシアは素晴らしい女性だったのだろう。あの取り付く島もない患者に根気良く接してきたのだから。嫡出子である一人息子は映画に登場するが、看護婦との間にできた非嫡出子の息子は出てこない。成長後の彼は自分を省みなかった父親を非難する言葉を述べている。人と人生ってきれいな側面だけじゃなくて、両方、いろいろあるんだよね。


この評に「ふーん」と思ったらクリックしてください。 人気blogランキング


beautiful.jpg


アラビアのロレンスについて書いた過去の記事はこちら

posted by 館主 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

東西男性アイドル論

耐震強度偽造疑惑を暴いたブログが人気を博しているきっこの日記を読んだ。その記事も興味深かったんだけど、私が他に注目したのはこの女性管理人がジャ○ーズ嫌いだということだ。このどうでも良い話題について語るので、興味ない人やジャニファンの人はスルーしてほしい。
続きを読む
posted by 館主 at 10:04| Comment(6) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

Maroon 5, Songs about Jane

私の中で、今年の名盤といえば間違いなくLA出身のMaroon 5のSongs about Janeである。イギリスにいた時も、週末のクラブに行けば必ずと言っていいほど、マルーン5のThis Loveがかかっていた。サビの部分を抜粋すると…

This Love has taken its toll on me
She said goodbye too many times before
And her heart is breaking in front of me
I have no choice cause I won’t say goodbye anymore

この恋は僕に料金を課す
彼女は以前にも何度もさようならを言っていた。
彼女の心は僕の目の前で破れている。
もうこれ以上さようならを言いたくないから、僕に選択肢はない

他にもThe Sweetest GoodbyeとShe will be lovedが好きだ。「最上に甘美なさようなら」だなんて洒落たタイトルじゃないか?

ボーカルのアダムは―ボーカルなだけに結構二枚目だけど最近頭髪が危険―テニスのシャラポワと付き合ってそうだ。同アルバムの奥付にはJane,my museなんて書いてあったけど、今はシャラポワさんが女神なのだろうか?



ノンポリの多いカテなので一石を投じさせて下さい 人気blogランキングへ


posted by 館主 at 21:23 | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

Lost in Translation

ソフィア・コッポラのLost in Translationを見た。

名匠フランシス・フォード・コッポラの娘、ソフィアといえばサブカルチャーな人々が好むオシャレ映画を撮る人というイメージがある。スノッブなサブカルピープルに一抹の反感を持ちつつも、時には文化人を気取ってみたい私である(笑)。ソフィアのオシャレ映画は結構好きかもしれない。前作の「ヴァージン・スーサイズ」も好きだ。面白いっていうよりも「なんか良いな」って感じ。すごく感覚的な印象を抱いている。続きを読む
posted by 館主 at 20:44 | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

細川茂樹の仮面ライダー


閑話休題。
続きを読む
posted by 館主 at 11:43 | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

あの人は今


今回は軟派な話題。私は結構スターの記事が好きで、MSNのトップでスターがどうこうしたというリンクがあるとクリックしてしまう。海外のサイトだと、日本ではお目にかからない海外スターのゴシップ記事を目にする。というわけで、私がちょっぴり驚いたあの人の今を紹介する。↓この人は誰でしょう?

charlotte2.jpg

続きを読む
posted by 館主 at 09:55 | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

Shrapova's Birthday from Hello

私はミーハーである。そんな私の立ち読み(←ここがポイント)愛読誌はHelloという、「女性自身」をちょっと高級にした雑誌である。同種の雑誌にOKというのもあるが、これの方がメジャーだ。
最近は、人気テニスプレイヤー、マリア=シャラポワのお誕生日記事も載っていたので、掲載してみる。日本のblog巡りをすると、この人のファンサイトが多くてビックリした(笑)。
ソースHello

記事もちょっと翻訳してみた。
sharapova-dop4b.jpg
The birthday girl cuts loose at her New York bash
Photo: © Alphapress.com
二の腕の逞しさが流石アスリート。続きを読む
posted by 館主 at 07:17| エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

Halle=Berryのゴールデン・ラズベリー賞受賞

かなり遅い反応である。このblog作る前に、ハル・ベリーという黒人女優のラズベリー賞受賞のニュースに、目が留まった。通称ラジー賞とは、アカデミー賞の前日に発表される、その年のワースト作品、俳優、脚本等々で、今年は彼女が出た「キャット・ウーマン」と、アメリカ政府が総なめだった。最低主演男優賞が「華氏911」のブッシュ大統領で、最低主演女優賞が、「チョコレート」でアカデミー主演女優賞を獲得したハル・ベリーだった。


普通、受賞者は会場に出席しないものだが、彼女はやってきて、アカデミー賞での自分をパロったパフォーマンスをしてみせた。「私にはこれが必要だったの!」「一度頂点に立って、この映画がどん底まで落としてくれたわ!」とスピーチ。

halle.jpg情報源I Love Halle Berry

とゆーわけで、この件に関する雑感を全てコメント
続きを読む
posted by 館主 at 01:31| エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。