2010年06月08日

資系スチュワーデスさんのブログ

ネットサーフィンをする時、わざわざ心がギスギスするようなサイトには行きません。芸能人のスキャンダルを暴いたりするような所はノー!です。

どうせなら幸せをお裾分けしてもらえるようなブログに行きたいです。人様の日記をのぞくの、特にリッチな生活を垣間見るのが好きです。

以前、ロンドンでセレブ生活を送る奥様のブログを読んだけど、あれは嫌いでした。見せびらかすのは別にいいんです。金持ちが自分のお金使って何が悪い? ただ、コメントとかでの訪問者へのエラソーな態度が気にくわなかったんです。「うちにトラックバックを残したければ、お宅のリンクにうちを加えて下さい」という条件を課して高ピーでした。そんなブログ、後にも先にもあそこだけでした。


話戻しますが、最近見つけた外資系スチュワーデスさんのブログが面白かったです。ちょっと重いけど、なんせ毎日更新しているので、暇つぶしにいい。世界屈指の金持ち国、ドバイのことを写真付きで書いています。

勝手に紹介します(^^)。もしブログ主様が気づかれてお気に召さない場合は教えて下さいませ。

今や、ヨーロッパ事情とかよりも面白いかも。ドバイにある桁違いのスケールのホテルやモールの外観やインテリアが見られます。それからイスラム圏独特の文化。

億万長者たちの豪邸や高級外車、高級レストランでの見たこともない異国のごちそう。ブロガーとアラブ貴族の王子様との交遊。いつかドバイに旅行したいなって気分になります。

それから、私たち日本人、日本のメディアしか見ていない井の中の蛙が、いかに物を知らないかを実感させられます。元日本赤軍のヤクザな日本人男性が、アラブの王子様にすり寄って胡散臭いビジネスをした話とかが興味深いです。世界に出てる人は事情通ですね。


もう一つ気になる記事はドバイの夜の闇について。かの国には今、中国人売春婦とロシア人売春婦がたくさん来ているそうです。それを聞いて皆さんはどう思います? 単に「かわいそう」だと思いますか。どうでもいい?(^^;)

私はこれは社会主義国の末路だと思うんですよ。確かに中国は今、経済発展していますが貧富の差が激しいのです。儲けている人だけがリッチなんですね。

この両国は戦前、大衆にチョーシの良いコトを煽って政権を奪取した、煽動政治家によって左翼政権が誕生しました。


今、日本の政治は左傾化しています。「社会主義」という言葉を使わないだけで、中身は赤いです。彼らはマスコミを使って国民を煽動しています。
政治家が国の舵取りを間違えたツケを払わされるのはいつの世も女子どもです。近い将来、日本から唐行き(からゆき)さんの再来が現れないことを私は祈ります。

人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。

日記コーナーへ。
posted by 館主 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

ムスリムがW不倫!?

先月の記事でもムスリムの留学生について触れたが、今回はムスリムの恋愛スキャンダルについて書こうと思う。前回登場したメンバーとは別の人物たちだ。この階下での騒動を聞いて、ムスリムについて抱いていたステレオタイプ的イメージが崩れた。続きを読む
posted by 館主 at 10:32| その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

ムスリムの留学生たち

「知りたくないことに耳を貸さない人間に話が通じないということは、日常でよく目にすることです。これをそのまま広げていった先に、戦争、テロ、民族間・宗教間の紛争があります」養老孟司著「バカの壁」より。


先のロンドンでのテロ事件により、何かと話題のムスリム社会。今日は私の周りにいるムスリムの学生を紹介しよう。続きを読む
posted by 館主 at 09:56| その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。