2011年06月25日

ひまわり計画始動

以前にも書いたひまわりを栽培して、土壌の放射能を吸着させるプロジェクト。いよいよ始動したことがアメバニュースに書かれていました。

先日奄美地方が梅雨明けしましたが、夏はもうすぐそこですね!

夏に咲く花といえば、やはり黄金色に輝く太陽の花「ひまわり」ですが......今この「ひまわり」が、放射能汚染された土壌の浄化に効果があると、大きな注目を集めています!

もともと植物の種類の中には、土壌の放射性物質を吸収するものがあるそうですが、その中でもひまわりが最も吸収効率が高く、土壌の放射性物質の除去に30年以上はかかると言われていた場所でも、わずか20日で95%以上を除去したという記録が残っているそうです。

また、以前TV番組でも紹介されていましたが、1995年に米ラトガーズ大学のスラビック・デュシェンコフ博士ら旧ソ連出身の植物学者達が、チェルノブイリ原発から1キロ離れた池で20種類の植物を栽培し、ひまわりがセシウム137を根に、ストロンチウム90を花に蓄積することをつきとめた、という研究報告もあるそうです。

これは「ファイトレメディエーション」と呼ばれる植物が持つ自然の能力を活かした環境汚染の浄化技術で、今回の原発事故以降、多方面から熱い注目を集め現在もその研究が進められています。

そして、今回の原発事故を受け東北地方を中心とした自治体やNPO法人、ボランティア団体などによって、このひまわりのパワーを利用した土壌浄化作戦が、続々とスタートしています。


先日もニュースになりましたが、「ひまわり畑プロジェクト」という、ひまわりの浄化能力を調査するプロジェクトが発足し、福島県南相馬市で活動スタート。

福島県郡山市では「ひまわりプロジェクト」というヒマワリによって放射性物質を吸収し、汚染された土壌を元に戻す取り組みがでスタートしたそうです。

またその他にも「福島ひまわりプロジェクト」や「福島ひまわり里親プロジェクト」、「笑顔ひまわりプロジェクト」、「大豆・ひまわり・菜の花プロジェクト」......

と様々な団体が、ひまわりによる土壌浄化のプロジェクトを立ち上げ、汚染された土壌を元に戻すべく取り組んでいます。

ただ間違えやすいのは、ひまわりは土壌の放射性物質を吸収・蓄積はしますが、ひまわりの中で元素が変換するわけではないので、放射性物質が消えて無くなるわけではありません。

放射能物質を吸収したひまわりは「放射性廃棄物」となるため、ひまわりが成長したあとは根ごと収穫し、堆肥作りで利用されている、「高温好気堆肥菌」でひまわりを分解して体積を小さくした後、一般的な放射性廃棄物と同じ処理を施すそうです。

ひまわりの花言葉は「輝光」「情熱」。

またフラワーレメディでひまわりは「困難な状況でも明るく、前向きにいられるよう応援する」フラワーエッセンスなのだとか。

今年の夏は、被災地にたくさんのひまわりが咲いて土壌を浄化し、また「復興の象徴」として被災地の皆さんの心を和ませてくれるかもしれませんね。


マイスピの記事が大元のソースです

himawari01.jpg
posted by 館主 at 11:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

教えるべき 天皇のお役目

こんな記事見つけました。また人のネタですが、とても勉強になります。realtime 24's posterousより引用した「日本人が知らない天皇の価値と役割」という記事です。


普通に生活して、普通の教育を受けている方なら、聞いたり思ったりする事もあるかもしれません。

「天皇って何してるの?税金の無駄じゃないの?」知らなきゃそう思うのも当然。というか教えてもらえないこと自体が異常なんです。今回は、まずその話しをしましょう。

まず、天皇陛下が普段なにをしてるかというと、お祈りしてるの。 「国民が幸せになるように、日本が平和であるように」って。いやマジで。 と、いうのも天皇陛下は神主の総長みたいなもので、例えるなら日本神道の法王なのよ。皇と兼任だから法皇ですな。なので祈るのが仕事。

「それくらいならいらん」と言う人もいるだろうから、今度は判りやすい価値の話。

世界で一番偉い人って誰でしょ? 判りやすく言えば、世界で最も権威のある人。 もっと砕けて言えば、世界で最も地位が高い人。ぶっちゃけて言えば、皇帝が一番偉い。以下法王、王様、大統領、首相の順に続く。一覧にするとこんな感じ

皇帝(emperor)≧法王(Pope)>王様(king)> 大統領(president)>首相(premier)

皇帝と法王の間は一応≧にしてるけど、ほぼ=。ちなみに法皇だと皇帝と法皇兼任ですので更に偉い。で、これを現在の世界情勢に合わせてみると・・・

天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)> アメリカ大統領etc(president)>日本国首相etc(premier)

っつーわけで、天皇陛下が一番偉い。と、まで言わないが、世界で2トップのうちの一人なのよ。いや、マジで。言い方によっては、先に書いたとおり日本神道の法皇なわけだから、ぶっちぎりで偉いともいえる。ただ、白人にとってはキリスト教以外はどうでもいいので、普通に皇帝(emperor)扱いですな。

そんな訳でエリザベス女王だって天皇陛下と同席するときは上座を譲るし、当然アメリカ大統領も晩餐会には、最高儀礼のホワイトタイで出席します。(*注 ホワイトタイの他に、昭和天皇の訪米時には、空港、ホワイトハウスで史上例を見ない米5軍による観閲儀仗も行われた)

ちなみにアメリカ大統領がこの歓迎の仕方をするのは、天皇陛下とローマ法王と英国君主のみ。アメリカ大統領に最敬礼させられるのはこの3人のみといったほうが判りやすいか?

[中略]

英国女王やアメリカ大統領でさえ敬う(うやまう)ってのに、当の日本人ができないってのはどうよ?

天皇陛下の価値について、判りやすい部分については前回紹介しました。他にも、権威は天皇が、権力は内閣(議会)が持つという分業制のため、誰も独裁者になれないという「独裁者防止機能論」や、政府が倒れて権力が宙に浮いた状態でも、一時的に天皇が権力を預かり、新政府発足後、権力を戻すことにより、円滑に次の体制に入ることが出来る(明治維新みたいに)という「権力のバックアップ機能論」などなど、かなり多機能です。

[中略]

そんな訳で今回は、天皇陛下にまつわる逸話を紹介しましょう。[中略]

戦争関係で評判が悪い昭和天皇ですが、実際にはこんな人です。と、その前に戦争当時の天皇陛下と太平洋戦争(大東亜戦争)についてのお話を少ししておきましょう。当時の憲法は大日本帝国憲法。その内容は立憲君主制です。

簡単にいえば、天皇でも憲法に従わなくちゃだめよん。という内容。で、天皇陛下は議会や内閣から上がってきた法案等にOKを出すのがお仕事。OK出すときは国務大臣の補佐なくOKしちゃ駄目だし、そのOKした事柄については補佐した大臣が責任持ちなさいよ。(同憲法55条)

天皇はその時に文句は言えるが、それによって法律を曲げることはできませんよ。(同憲法9条)
天皇は緊急時には法律に変わる勅命をだせるけど、その勅命は次の議会にかけないかぎり、効力を失っちゃいますよ。(同憲法8条)

つまり天皇は責任無い代わりに好きなように国を動かせないし、国を動かすのは内閣であり、議会っつー内容です。(もちろん他にもいろいろある)

それが立憲君主制。これをまた天皇陛下が律儀に護る。つまり正式に上がってきた事柄については、原則すべてOKを出したわけです。OK出すのが仕事ですから。そんな訳で、太平洋戦争(大東亜戦争)する際も、内閣から正式に上がってきたものだから、OKを出しました。先に書いたとおり、当然、責任は内閣です。

昭和天皇については、よく戦争責任がどうのという議論になりますが、こんな訳で、昭和天皇に法律的戦争責任は無いわけですな。ま、戦争することにOKは出したのですが、結構いやいやOK出してます。戦争前の御前会議でも開戦の詔書でも遠回しに「やりたくねー」と言ってます。

そんなもんだから戦争してるあいだも「早く戦争やめろー、やめろー、和平に持ち込めー」と言ってたんですが、軍部が「大丈夫、勝てますって!」と暴走。国民も支持、内閣も軍部の暴走を押さえきれず、軍部の行動を事後承諾しまくり。(以後繰り返し)

結局、手広く戦いすぎてにっちもさっちも行かなくなったところで、ポツダム宣言が出される。その内容はこんな感じ。こちらアメリカ&中国&イギリスの連合軍でーす。以下の内容を早く飲まないと日本をぶっ潰しますよ。

1.世界征服を企んだ戦争責任者は消しまーす。(ホントに書いてある)
2.武装解除&新体制ができるまで日本を占領しまーす。
3.この戦争前に手に入れた土地も返しなさーい。(なんでや?)
4.武装解除するなら兵隊は普通の生活に戻っていいですよん。
5.戦争犯罪人には罰を与えまーす。
6.降伏すりゃ経済活動や貿易も許可するよん。(軍事関係除く)
7.ちゃんとした新体制が出来たら占領をやめて帰りまーす。
8.この要求を飲まないと、速攻かつ徹底的にぶっ潰します。

軍部は「ふざけるな」ってな感じで「まだ戦えます。勝ちます」とか言っているうちに原爆がズドーン。軍部「本土決戦をすれば、ま、まだやれます・・・」

原爆もう一発ズドーン。

軍部&内閣「天皇陛下、どうしましょ?」

天皇陛下「だから、戦争早くやめろっていってでしょ?うちらは殺されるかもしれんが、日本は助かるんだから降伏しよう。」

そんな訳で日本は連合軍に降伏するわけです。

で、マッカーサー元帥率いるGHQが日本にやってきたある日の話。(こっからが本題)

アメリカ大使館内のマッカーサーの宿舎に昭和天皇が訪問した。ぶっちゃけ、マッカーサーは命乞いに来たのだと思った。が、通訳を通して昭和天皇の口から出た言葉は意外なものだった。

戦争に関わる全ての責任は私にある。好きなように処分してほしい。

「だが、戦争の結果、国民は飢えている。このままでは罪のない国民に多くの餓死者がでるおそれがあるから、米国に食料援助をお願いしたい。」

「ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持ってきた。その費用の一部にあててほしい。」

マッカーサーも、「正直グッと来た」と回顧録で話している。結局のところ、当時、天皇を処罰、処刑するような話になると、日本人の暴動は間違いなく、そうなると占領のやりなおしになってしまうのでGHQも天皇の戦争責任は問わなかった。ぶっちゃけ、まだまだ利用価値があるので生かしておいた。と、いうことですな。GHQ側から言えば。

昭和天皇本人は戦争やめたい、やめたいと言っているのに、軍部が暴走。法律的にも戦争責任は内閣にあるのに、いざ敗戦となれば死をかえりみず「全部、俺の責任だ。」

おまけに私財をなげうって、飢えた国民に飯を食わせてやってくれ。

そうそう言える事じゃない。

昭和天皇については、このような「ちょっといい話」は多く、それだけで本が書けちゃうくらいなので割愛します。

さて、これまで説明したとおり、天皇というものには、「世界で最高峰の権威」があり、「最古にして最後の皇帝」で、「独裁者防止機能」や「権力のバックアップ機能」があり、「軍事力としての抑止力」がある。個人個人においても、外交能力や人格も良好。

で、どれだけこの皇室や宮内庁に税金を使っているかというと、年間、国民一人当たり「200円」月々なら17円弱。安いか高いかと見るかは個人の主観だけども、決して金では買えないもので、しかも世界に誇れるものだということは覚えておいて欲しいですな。

っつーか、教科書で教えろ


イギリス在住時代の話をしますと、フォーマルなパーティーでは英国人は大抵「女王陛下に乾杯!」と言って、会を開きます。私みたいな日本人がいる場合は「女王陛下と日本の天皇陛下に乾杯!」と言ってくれます。とても嬉しかったですよ。でも日本ではあり得ない台詞ですね。


今の日本人にとって天皇陛下は言及するのがタブーな存在です。批判すれば左翼的で、尊敬すれば右翼的だと言われてしまう。だから何も言及しない。そうではなくて、陛下のなさっているお役目をしっかり国民に教えればいいのです。批判されたのなら、お役目を説明すれば良いのです。それでもアカい人は「そんなの外交官とか民間交流団体がすればいいじゃん!」って言うだろうけど、何事にも反対者や反対論はあります。でもタッチーなものに蓋をしておくのではなく、説明すべきだと思います。


posted by 館主 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

義理を知る国とは?

JCASTの記事から引用しました。


引用開始

「台湾に義援金お礼広告出したい」 デザイナーの呼び掛けに賛同者多数

「台湾に義援金のお礼の広告を出したい」。あるデザイナーのインターネットでの呼び掛けが注目を集めている。政府は海外7紙に、支援に対する感謝広告を出したが、台湾の新聞には掲載されなかった。その代わりという意味も込められているらしい。

呼び掛けたのは、日本人デザイナーのMaikoKissakaさん(@kissaka)。日本への義援金が100億円を突破した台湾に、「日本人有志一同でお礼の新聞広告を出したい」と、ツイッター上で訴えている。

[中略]

続々と集まる計画支援の声に対し、Kissaka+さんは12日、「お金の流れの透明性を含めて、事務局立ち上げの準備に入ります」とし、100万円以上集まった場合には、日本赤十字社を通じて寄付するか、ほかの新聞社にも広告を出すかを検討するとの考えも示した。
14日にも有志の会計士とともに入金などの仕組みを整え、詳細が決まり次第知らせていくという。

「政治がどうあれ、きちんとお礼をする国であり続けたい」
東日本大震災から1か月たった4月11日、英国、米国、中国、韓国などの海外7紙に、菅直人首相の「絆に感謝します」というメッセージ広告が掲載された。しかし、中国への政治的な配慮からか、台湾の新聞には掲載されなかった。台湾からの義援金は官民合わせて100億円以上。人口や経済力を加味すると、他国より格段に多く、日本国内では「なんで台湾の新聞には広告を出さないんだ」「台湾に感謝を伝えたい」との声が上がっていた。


以下、省略。続きはリンク先でどうぞ

============================================


「中国に配慮して」台湾の新聞には広告を打たなかった我が国の政府だそうですが、そんな弱腰、不義理な親方を仰いでいて大丈夫なんでしょうか?? 

しかも、Kisskaさんのことを報じるのはJCastニュースなる聞いたこともないような(失礼)メディアくらいです。この国はどうかしてますよ!

広告出した中国には「折角援助したのに『中国』の名が入ってなかった」と避難されるし、広告出す場所が間違っていたとしか思えません。



さて、次は何かと小賢しいあのお国についての記事です。

韓国、被災企業の工場移転打診=部品・素材産業の高度化狙い

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011041700165

 東日本大震災後、韓国政府が被災で操業停止などに追い込まれた日本企業の工場を韓国に移転するよう促す案を、日本政府に非公式に打診していたことが17日、明らかになった。韓国では、主力企業のサムスン電子や現代自動車などを生産面で支える部品・素材産業の高度化が課題となっており、日本企業誘致のため造成した工業団地への進出を改めて訴えている。(2011/04/17-17:01)


===========================================

火事場泥棒またまた参上です。この前は、震災直後の混乱に乗じて、竹島の軍備を増強しました。


なんで、毎日毎日テレビでかの国のタレントを宣伝しているのか、私には以外の何物でもありません。パンチ

寒流ファンのオバハンたちは「政治と文化は別」だと言うんでしょうけど。K国のタレントにお金を払うということは、その国へのさらなる納税へとつながり、ひいては竹島軍備増強の税金もいっぱい投入できるようになってしまうんですよね。


とまあ、嘆いてばかりいないで建設的な提案もしなければなりません。ささやかなお返しですけど。

台湾政府観光局のバナー。DLして貼り付けられるようになってますので、ブログのサイドバーなどに付けてみましょう。


taiwan_dl.gif


posted by 館主 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

我が家に舞い込んだ変なチラシ

昨日、我が家のポストに変なチラシが入っていました。

変なチラシは時々来るんですが、こういう類のチラシは初めてでしたので、驚きと呆れとともに目を通しました。


「拉致監禁強制改宗被害者の会」が発行した「許せない拉致監禁ビジネス」と見出しが打ってあります。以下は一部抜粋です

暴力的・強制的または、だまして人を拉致し、外部との交流・連絡を遮断した環境で信仰破壊を図り、脱会するまで拘束し続ける行為。これを「拉致監禁・強制改宗」と言います。過去44年間にわたり、●一教会の信者4300人が、こうした犯罪の犠牲になっています。


まあ、要は某宗教団体の逆ギレ直訴を、辺り構わず配りまくっているというわけです。彼らは、スイスの国連人権委員会にまでこの件を申し立てています。

同団体については、色々と黒い噂を聞きます。
ワイドショーで高額な霊感グッズ販売や、合同結婚式が話題になったことがあります。

だからこそ、家族がなんとしてでも改宗に乗り出すわけで、確かに部屋に閉じこめるかもしれません。でも、そうしなかったら、改宗なんてできませんよね。すぐに団体に連絡されてしまいます。

そもそもこれは改宗ではなく脱洗脳です
脱洗脳という行為の性格上、ある程度の拘束は仕方のないことです。
それに、信者を野放しにすることで、大金を貢いだり霊感商法に荷担したりしたら、家族は困りますもの。


「首謀者は左翼系牧師・弁護士ら」だそうです。
うちは保守系の意見を多く述べていますが、こういうカルト被害のために尽力している、日本共産党系の弁護士さんたちには、大いに理解を示したいと思います。

某団体は彼らに「アカ」のレッテルを貼ることで、悪者扱いしているのでしょうが、まったく筋違いなことです。


同団体では、入信した日本人女性が、韓国で、戦時中の件について謝罪行脚をさせられるそうです。
普通の韓国キリスト教会に入っても、教会側から「日本の戦争犯罪について贖罪の気持ちを抱け」と迫られるそうです(支所にもよるかもしれませんが、ヤフー知恵袋でそういった意見を読みました)。
カルトじゃなくても、私は韓国の宗教団体には入りたくないですね。


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

「あしなが」ならぬ「腹黒」おじさん

ネット上でこの記事を発見してあきれ返ってしまいました。教師がこんなことをしていいのでしょうか? 街頭で彼らを見掛けても、募金しないようにしてください!

日本教職員組合(日教組)が交通遺児らの支援を行う「あ○なが育英会」などに寄付するとして、
「子ども救援カンパ」名目で集めた寄付金の6割近くを占める1億円を、日教組が加盟する日本労働組合総連合会(連合)に寄付していたことが18日、明らかになった。

このうち3750万円が逆に連合から日教組側に「助成金」として交付され、朝鮮学校へ通う子どもの就労支援に使われたとの報告例もあった。

日教組は昨年3月の中央委員会で、就学が困難な子供のいる家庭を支援する目的でカンパの実施を決定。日教組に所属する教員らが全国で街頭募金などを行った。15日の日教組臨時大会に提出された最終報告によると、カンパは総額1億7624万円で、あしな○育英会には7195万円が寄付された。

ところが、連合には育英会を大きく上回る1億円が送られていた。日教組の雑誌「月刊JTU」昨年10月号は、子ども救援カンパの「一部」を連合に寄付したと記載していた。

連合はカンパを元手に日教組傘下の地方19教職員組合の申請に基づき、30事業に計3750万円を助成した。
最終報告によると、7事業は地方の教職員組合への直接支給で、徳島県教組は「朝鮮学校へ通う子どもの就労支援」として150万円を受け取った。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100319/crm1003191148003-n1.htm


日教組は寄付金の使途をちゃんと募金者に伝えているのでしょうか。いえ、してませんよね? 日本の公立学校の組合がどうして朝鮮学校と関係があるのでしょうか? 交通遺児の救済を謳いながら、一億円もの大金を他に流用しているとは、人々の善意に対する裏切りです。

私も募金したことはありますよ。だって、街頭で交通遺児の子どもたちを使って、募金を募っているんですから。

教組ってこういうセコイ技が常套手段ですよね。護憲の署名運動でも、高校生を運動に使って、通行者の関心を引いているし。

募金者や子供の良心を利用し、なおかつそれを踏みにじる行為ですね。社会問題としてもっと取りあげるべきですよ!

日教組は民主党系列なんだそうですね。

そもそもアカどもが無辜の支持者を無償で奉仕させるのは、カルトのやり口と似ていて腹立たしいのです。

私に言わせれば、支持者に調子の良いことを吹き込んで、自分の目的のために、彼らを兵隊としてただ働きさせているのですよ。 

若者はその貴重な時間を他のもっと有意義な活動に費やすべきです。詐欺まがいの募金のために街頭に立つくらいなら、偏向政治活動に利用されるくらいなら、福祉施設でボランティアをするとか、すばらしい芸術を鑑賞するとか、スポーツに汗を流すとかして欲しいです。


学校で教師が「あしな○募金」を募っていたら、保護者の皆さんはクレームを付けてください。学校に直接言いづらかったら、教育委員会に電話してください。

また「あし○が育英会 噂」でググると色んなものが検索されますよ。交通遺児の家庭に向こうから連絡してきて「奨学生にならないか」と勧誘してきたり、一度奨学生となると何やかんやと運動に動員されるそうです。漢検みたいにTというある人物っjが組織を牛耳っているとも。

人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

大文豪の素顔

ネット散歩で見つけたことを時折記事にしております。特にウィキペディアからのめっけもんが多いです。

先日、松本清張の「ゼロの焦点」を読んだので(面白い作品でした)、ふと彼のことをウィキで調べてみました。この人は推理小説だけではなく、その興味は政治や文化にまで多岐に渡っています。彼、政治的には左翼だったんですね。


ベトナム戦争に際して、『ワシントン・ポスト』紙に掲載するベトナム反戦広告募集の呼びかけ人の一人となり、1967年4月3日に掲載された。また、「べ平連」の中心人物の一人であった鶴見俊輔が、清張に資金の不足を訴えた際、清張は「鶴見が驚くほどの額」を寄付している。
ふむふむ。

ベトナム民主共和国の対外文化連絡委員会から1968年招待状が届き、2月に北ベトナム各地の視察旅行に出発するが、4月4日、ファン・バン・ドン首相との単独会見に成功した。
ここまではいかにも左翼思想家らしい行動です。

若い現代史研究者の発表の場として『季刊現代史』を創刊した。 出版関係者のみならず、外務省などの省庁も、取材ルートとして活用した。共産党も認めていたが、全共闘運動に関しては、「何の意味もない」として全く評価しなかった

なるほどねえ。赤字の所に注目しました。左翼も一枚岩じゃないかぁ。青二才の学生運動にはマユツバでしたかぁ、わかるなぁそれ。 この人は中卒後、下働きをしながら40過ぎで文壇デビューした人ですもんね。

池●×作△価学会会長と宮本顕治日本共産党委員長の会談が1974年12月に清張邸で実施され、10年間互いの存在を認め相互に干渉しないことを約束する創共協定(共創協定とも言う)が結ばれていたことが、1975年7月に判明、清張はその仲介役を務めていた(協定は公表とほぼ同時に死文化)。

なんかこの協定って、マフィアのファミリー同士が互いの縄張りに踏み込まないような、不可侵条約みたい。悪の枢軸みたいな感じです。自民だけじゃなくて、共産党も公●党を増長させてきたんですね。こんな協定の仲介役を務めるなんて清張さんもきな臭い人物です。あんなカルト集団を黙認するなんて共産主義の理念に反してはいないのでしょうか?

その他活動国鉄がらみの活動有り……。


ちょっとがっかりなプロフィールでした。

人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。



ゼロの焦点 (新潮文庫)

ゼロの焦点 (新潮文庫)

  • 作者: 松本 清張
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1971/02
  • メディア: 文庫



posted by 館主 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

ウィキペディア散歩で見つけたもの

テレビをつけていると、パチンコの宣伝ばかりやっていることに気づきます。「栄えてるのはパチンコ産業ばかりなりか。寂しいね〜」と家族とぼやいているのですが。

PCを開いているの時に何気なくパチンコのことを調べてみました。前から色々なブログでその問題点が取りざたされていたのですが、うちでも改めて取りあげてみたいと思います。掘り出し物のような情報も見つけましたし。


ウィキペディアに「パチンコ」のことが色々書かれていました。訪問者が自由に書き換えられるエンサイクロペディアなのに、結構色々書かれていますね。パチンコ産業側の人たちが書き換えられないくらい、あの問題点の数々は「事実」として揺るぎないのでしょうか。


警察との癒着 という項目あるんですね。恐いですね。警察も懐柔しているんだぁ。一部抜粋しました。
警察庁はパチンコ業界の監督官庁として、その外郭団体である保安電子通信技術協会で遊技機の仕様が適正であるかどうかを調べる試験を行ったり、さらに、試験に通過した機種を実際に営業に供して良いかどうかの検定を各都道府県の公安委員会で行ったり、あるいは店舗営業の許可を与えたりするなど、業界の生殺与奪の権を握る立場にあるため、癒着が発生しやすい関係にある。例えば、遊技機の型式試験を行う保安電子通信技術協会の前会長は前警察庁長官であった山本鎮彦であり、職員の1/3を警察出身者が占めることや、パチンコメーカー・アルゼでは前警視総監である前田健治を常勤顧問として迎え入れていたなど、関連団体や企業への天下りとも解釈できる例が見られる。

民主党は事業仕分けなんかをしてますが、こういう所にこそメスを入れて欲しいですよ。全国で、若い女性のバラバラ殺人事件が未解決になってますが、警察はそういうのは解決してないのに、こういう利権獲得にはしっかりしているんですね。


パチンコと在日韓国・朝鮮人の関係
パチンコ産業は在日韓国・朝鮮人の割合が高く[46]、韓国の中央日報によれば、日本に約1万6000〜7000店ほど存在するパチンコ店の経営者に占める割合は90%である[47](2010年2月現在の店舗数は1万1600店程度に減少している)。[中略]

各メディアにおいても北朝鮮送金問題に関して北朝鮮の資金源として、朝鮮総連に関係するパチンコ業界があるのではないかと言われ[8][52]、韓昌祐は「パチンコ経営をしている北朝鮮国籍の在日朝鮮人は、その収益を北朝鮮へ送金していることは確実である」と述べている[48]。AP通信では「パチンコで負けた損失が核開発に流用されている可能性を危惧(きぐ)するパチンコファンの声や、ドラッグとともにパチンコの収益が北朝鮮政府や軍の手に渡っている」とする宮塚利雄の見解を伝えている[53]。

恐ろしいの一言では済まないですね。


また数年前に失脚した民主党の西村眞悟氏は、「第170回国会(2008年9月24日- 2008年12月25日)で提出された『パチンコ店における出玉の換金行為を取り締まり、完全に違法化することに関する請願』の紹介議員である」そうです。引用元ウィキペディア

民主党議員にしては珍しく国益を重んじる彼の失脚は痛いものでした。西村さんはこういう運動をしたがために、パチンコ関係者から脛の傷を探られてリークされちゃったんでしょうね。息子さんが自殺しちゃったし、彼の人生は暗転していますが、反省すべき点は反省して、復活されることを願っています。


ウィキペディアにはこの他にも、「依存症」や「駐車場での子どもの脱水死」、「政界、特に小澤との癒着」が書かれています。一読の価値はあるでしょう。


私は日本にこんな産業はいらないと思うんですけどね。


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。

では本日の日記コーナーへ続きを読む
posted by 館主 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

左翼思想という宗教

訪問者の方にコメントをいただいたのですが、返事が長文になりそうなので、左翼思想について私の常々抱いてきた印象を述べたいと思います。

マイノリティの保護や平和を訴える素晴らしさがある反面、左翼思想の危険性っていうのは、自虐に陥りやすいことだと思います。北欧びいきでも極東アジアびいきでも、あの卑屈さはほとんどビョーキとしか言いようがありません。

私の同級生も左翼で、「中国の若者が日本に憧れているというんだけど、俺にはわかりかねるよ。こんな歪んだ国をなんてさ」などと言ってました。確かに日本社会には問題だらけですが、隣の国のような超格差社会&独裁政権&公害垂れ流し&知的財産無視&人権軽視etc...な国ではありません。

彼は大学4年次に朝●新聞に入社が決まったのですが、大病を患って辞退しました。実家も破産してしまった彼はそれ以来、生活保護を受けて暮らしていたのですが、パソコンを買ったりしてましたね。一時は弁護士を目指して、伊●塾という司法試験塾にも通っていました(生活保護を受けながら)。弁護士を志望する理由は、「日本にいるアジアの人々を助けたいから」なのだそうです。

彼の身に起こった不幸は同情しています。ですが、何年も国の生活保護に世話になっておきながら、それでも日本が嫌いだという気持ちが理解できません。はたして彼の愛するアジアの国々には、そんなセーフティネットはあるのでしょうか? 塾だのパソコンだのといった余裕のある生活が送れたんですよ。日本の国にお世話になったのなら、外国人よりもまず先に恩返しする相手が身内にいるのではないかと思うのですが。

結局、彼は司法試験に合格することができませんでした。「日本にいるアジアの人々を助けたい」という程度の青臭い志望動機では、通らないでしょう。それだったらまずアジアの人々のためにボランティアでもした方がいいんじゃないでしょうか。こういう人が弁護士になっていたら、今頃「外国人参政権」や「朝鮮学校授業料無償化」に向けた、急先鋒となっていたことでしょう。ですから、彼には悪いけど彼が弁護士にならなくて良かったと思います。正規社員としての就労経験もないし、あまりにも世間知らずです。

数学者のピーター・フランクル氏が言っていました。彼は旧社会主義国時代のハンガリーから亡命してきた人です。「左翼思想というは一種の宗教だと思っている。こちらがいくら矛盾を突いても、色々な理屈を付けて覆してしまう。あの頑固な思いこみは宗教に対するそれとしか言いようがないね」と。

私も同感です。


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。

本日の帯コーナー(日記)続きを読む
posted by 館主 at 12:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

教員団体に一条の光

ここのところ忙しかったので、更新が滞ってしまった;;書きたいネタは溜まっていたので、数回に分けてまた書いていこうと思う。


過去の記事でも取り上げたが、教員の労組には日○組や全○など、特殊イデオロギーに染まったものが多い。


そんな中、先日ネットを徘徊していたら、これらの団体とは一線を画す教師団体を発見した。全日本教職員連盟である。Yahooの教育→団体→労働組合をたどれば行ける。


小見出しに「われわれは、教育専門職としての使命を自覚し中正不偏の教育実践を通して、美しい日本人の心を育てる教職員団体です」と謳われている。


さらに詳細に分け入ると、以下のような文を発見した。
全日教連の運動による成果
 全日教連は日本の教育を正常化するとともに、教職員の地位向上に向けての運動を展開しています。

1 教育正常化に向けて
  「美しい日本人の心を育てる教育」 が教育基本法に取り入れられようとしています。
 私たち全日教連は、特定のイデオロギーを教育現場から排し、教育専門職集団として 「美しい日本人の心を育てる」 教育活動を進めています。未だに国旗・国歌を否定し、日本という国を愛せない人間を育てる教育を行っている県があることは残念です。人が自分の家族を愛し、郷土を愛し、そして国を愛するのは自然なことだと考えます。
 今回の教育基本法の改定において、伝統・文化の重視など、これまで全日教連が提言してきた内容が盛り込まれるよう議論され、教育正常化に一歩近づきました。


「特殊イデオロギーって何?」「それを持ち込むのが何でいけないの?」という素朴な疑問を持っている人のために、全日教連がその弊害を説明してくれている。説明を読む
posted by 館主 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

駐車場の大海原

恩田陸の小説に「図書館の海」というのがある。
私はあの時、そのタイトルを思い出してしまった。


あれは先週の水曜のことだった。夜の7時過ぎだった。
仕事が終わった後、私は一人、近所のファミリーレストランで夕飯を食べた。続きを読む
posted by 館主 at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

教育再生について2

5月27日の記事で、教育再生について書いたけど、貴重なご意見もいただいたこともあって、あれから考えがちょっと変わった。


あの時は「優秀な人が教師になるべし」という論調で進めてきたが、優秀は優秀でもどう優秀かが問題だと思い直した。

ひ弱な秀才君だと困るし。


6月2日の記事では、旧家のお嬢様である先生のことについて、少しだけ触れた。彼女のことを詳しく紹介したいと思う。続きを読む
posted by 館主 at 21:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

文句言ってる暇があったら

先日、地元の私鉄駅の清掃ボランティアをした。田舎なので無人駅、とはいえメチャクチャ汚かった。何十年も掃除なんかまともにしていない様子だった。

そのことを母に話すと、明らかに私鉄職員の管理が怠慢だとコメントした。「そんなもん、職員がちゃんと掃除すりゃぁいいのよ!」と申す。曰く、田舎で唯一の鉄道会社は競合他社がいないので、企業努力を怠っているのだそうだ。だから駅舎も汚いし、運賃も高い。それにその某地方鉄道は労働組合の力が強いのだという。
「文句ばっかり言ってろくに働きもしない。これは団塊の世代の男たちがやってきたことのツケだね。それより上の世代の男の人たちはもっとマトモだった」と彼女は申す。


日航の労組といい教組といい、やたら自らの権利を主張するけど、利用者(生徒)には不便を強いる団体が見受けられる。


応援お願いします→ 人気blogランキングへ
posted by 館主 at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

教組とは何ぞや?

教組、といっても教祖様のことではない(笑)。そんなことはこういうブログへ来る人なら、わかりきったことかもしれないが。


教員の労働組合のことである。保守系ブログを回っていると、教祖というのは非常にけしからんアカ教師集団のように言われている。だが、世間では一応『良識がある』とされている教員の皆さんが大勢入るからには、それなりにメリットがあるのだ(もっとも誰にとってのメリットかってのも問題だが)。


前回のブログで、私が教育関係者と多少なりとも接する機会があると、書いた。私が勤務する場所に併設された○○センター(それ以上の詳細は言えない)で見聞きした、教組についての私の知る範囲内での話をする。
続きを読む
posted by 館主 at 17:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

全教組の新聞を読んでみる

アカ教師の組合が日教組以外にもあるのは聞いていた。正式名称は全日本教職員組合というそうな。それを知った時「え、まだあるの!?」と驚いたものだったが、日教組とどう違うのかはよくわからない。新聞の内容を読んでみると何となく日教組よりも赤い気がする……。これは学校でフツーに配られている新聞だそうだ↓


zenkyo.jpg
クリックで拡大可。


何でも3月31日に日教組と共闘して、教育基本法の「改悪」を阻止するために、2000人の参加者で「中央行動」をしたんだそうな。「改悪」ってあの、教基法の条文に「愛国心」を盛り込むことね……相変わらずだなぁ。

他にも、憲法「改悪」や米軍基地再編などに批判的な記事を載せている。全国のいろいろな学校で、教基法や憲法の「改悪」に反対するために、教職員に署名を募っているのだそうだ。何やら香ばしい香りがプンプン漂ってくる。


「読者からのお便り」コーナーを読む。
「なんとか伝えたい」
ほとんどの生徒が憲法や教基法を読んだことがない。ホームルームで9条を読み、いま話題になっていることを話すと大きな反応があった。自分たちでは見ようとしないことでも、与えてあげると関心を持つことを改めて知った。何とか伝えたい(大阪高)

「息子の職場で教基法語る」
先日、息子の勤める学童保育室で「憲法・教基法と私」というテーマで、話してきました。保護者会の折、「改正されたら、子供たちはどうなるの?」といいう疑問が出されたということです。かくして私の出番となりました(埼玉)



だからさ〜、
だからさ〜、
だからさ〜〜!

個人の思想を公教育の現場に持ち込まんといてぇな!(職場にもね)



この全教組の所業をより多くの人に読んでもらいたいので、どうかクリックお願いします。 人気blogランキング
posted by 館主 at 22:29 | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ヤクザと中国人窃盗団と

私の住む田舎町にも一応高級住宅街のような場所がある。その街へ行くと趣きある数寄屋造りの家から、成金趣味のパルテノン神殿まで、様々な豪邸を見ることができる。そんな街でも、とりわけ存在感を誇示している黒い瓦の和風豪邸は、ヤクザ屋さんのお家である。

そんなヤクザ屋さんの近所に住むおじいさんと話をする機会があった。私が「ヤクザの家が近所にあるなんて怖いですねー」と言うと、「いやいや、そんなことを言うけどね、オネーサン」と返す。「以前、あの家の奥さんが亡くなった時に、近所の住人として葬式に呼ばれたことがあるんだよ。そしたらご主人(組長)はものすごく礼儀正しい方で、私たちにも低姿勢で接していたんだよ。ヤクザでも上の方となると格が違うんだよ」などとおじいさんはおっしゃる。

ヤクザといえ上層部の方ともなると貫禄や所作、言葉使いが違うのかもしれないが、だからといって良い存在だとも言えないだろう。末端ではアコギなことをして稼いでいるんだから。

ともかくそんなヤクザ屋さんの豪邸に、中国人窃盗団が入ったのだという。ヤクザの家に泥棒だなんて前代未聞である。普通、泥棒さんもそんな恐ろしい家は避けないだろうか? 仮に足がついた場合、組の若い衆に仕返しをされる危険性がある。だけど、中国人窃盗団というグループは、ヤクザをも恐れない凶悪集団なのである。日本のヤクザもナメられたもんだ。ヤクザ屋さんの若い人たち、なんとか窃盗団の尻尾をつかんで、報復をしてほしいな〜。この際、アコギなことをしても良いから(爆)。

こういう中国人の窃盗団やマフィアは、日本の暴力団とはスケールの違う極悪集団なのだ。日本のヤクザなら持ってる仁義なんてものは(だから良いというわけではないが)どこ吹く風で、チャイニーズマフィアはひたすら利己主義を突っ走っているのだろう。


この田舎町には中国人の他にロシア人も多く出没し、彼らによる犯罪も多い。港湾で働く知人は、周囲で駐車している車からカーナビやら何やらを盗んでいくロシア人があまりに多いため、彼らを「ロスケ」などと呼んでいる。リベラルな人権擁護派が聞いたら口角に泡を飛ばして怒りそうな呼称だが、実際被害にあえば私だってそう言いたくもなるだろう。エセ・リベラリストは「良い人もいるんだよ」とか「貧しさのせいだ」なんて悠長なことを言うが、良い人と悪い人を選別する方法がない以上、外国人の流入には慎重になるべきである。選別ができないからこそ、近年の少子化にからんで話題になっている移民も、安易に許可してはならない。そもそも肉体労働は外国人にやらせれば良いなんて発想自体が差別なのである。


ノンポリの多いカテなので一石を投じさせてやって下さい。人気blogランキングへ

posted by 館主 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

音訳ボランティアを通して見えるメディアと言論人

うちの母は毎日音訳ボランティアをしている。このボランティアは目の不自由な人のために本や新聞をテープに吹き込む作業で、主に定年後の男性や子育てを終えた主婦など中高年の人たちによってなされている。

どちらかというと保守派に分類される母は、毎日朝○の迷物コラム天声○語を吹き込んでいる。さしもの彼女も毎日のように同コラムを読んでいると毒されてくるらしく、首相の靖国参拝については反対という意見を持っている。「裁判所で違憲だって出たのよ」と言うが、それは同コラムで仕入れた知識だろう。私も大学受験の時、現国の力がつくからと言われ、毎日天○人語を読んでいたが、間違いなく洗脳されていただろう。私が朝○ウォッチなどという奇特なことをしているのも、朝○のサイトに行って、PCの使えない母に同コラムをプリントアウトしてやるためだ。

朝○新聞は、元学生運動家で現在も共産党に投票をするような私の父ですら「偏っている」と評している。「捏造記事だらけだ。安保の頃は良かったんだが(←そこが彼らしい意見だ)」と彼は言う。左派も一枚岩ではないようだ。それを母に言うと、「左に寄った新聞を目の不自由な人に紹介するなんてけしからんと言うけど、バランスがないといけないのよ」と返す。ボランティアでは読売と朝日のコラムを両方紹介しているらしい。なるほどバランスをとるのは大事だが、朝○ねえ…。産経じゃなくて読売を選ぶくらいなのだから、左側も朝○じゃなくて毎日の余録を選んでくれた方が中庸に近いと思うのだが……。多分大きな新聞の方を選んだんだろうな。

「朝○は悪いって言うけど、テレビ朝○よりはマシよ。小泉批判をちゃんと行なっているのは朝○くらいじゃない!」と母は申す。うーむ、これは毒されているような、もっともなような、よくわからん……。小泉批判もただの揚げ足とりではなく中身があれば私は支持するよ。いわゆる左向きと呼ばれる人々の考えでも、私は支持できる部分もある。例えば総科学会を批判している姿勢には共感を覚えるし、アメリカの覇権主義を嫌うのもわかる。でも全くわからないのは、アメリカよりもはるかに悪そうな特定アジアにはメチャ甘だという点だ。こういう人々と協調しても、外交的に新たな危機を招きそうで恐い。保守派には親米のネオコンと反米派の両方がいるが、左は皆特定アジアびいき一辺倒だもんなぁ。


あと、母は偽善者言論人にも厳しい批評を浴びせる。瀬戸○寂聴と五木○之は、自分たちのマネージメント会社がガッチリ著作物を管理していて、ボランティアには音訳をテープに吹き込ませてくれないそうだ。そういうものを作りたい時は、ギャランティーを払ってお抱えの声優にやらせないといけないのだそうだ。「『私の言葉を誤って解釈される可能性があるので、プロのナレーターにお任せしているのだ』なんて上手いこと言ってるけど、本当はお金を儲けたいのよ!」と母は憤る。「だいたい作家になるために夫と子供を捨てて、若い男に走った女が今更何いい人ぶってんのよ!」と母は申す(笑)。福田和也の嫌う灰谷○次郎氏といい、美談や感動する話を書く文筆家の中には偽善的な人もいるらしい。

マスコミにせよ、正義の味方ぶりっこを金儲けの道具にしている。売名ではなく陽の当たらない所で誰かを助けている人、いちいち「これやってます」なんて言わない人、人権屋のように「○○の方々に失礼だろう!」などと威張らない人の方が、よっぽど信用できるね。


ノンポリの多いカテなので一石を投じさせてやって下さい。人気blogランキングへ
posted by 館主 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

ロイヤルファミリー

黒田紀子さんのご結婚や女系天皇の話題で盛り上がっている昨今である。
ちなみに英国の国歌には女王陛下を敬う歌詞が盛り込まれている。


英国一問一答 

「God Save the Queen」

God save our gracious Queen
Long live our noble Queen,
God save the Queen.
Send her victorious,
Happy and glorious,
Long to reign over us,
God save the Queen!

O Lord our God arise,
Scatter her enemies,
And make them fall:
Confound their politics,
Frustrate their knavish tricks,
On Thee our hopes we fix:
God save us all.

Thy choicest gifts in store
On her be pleased to pour;
Long may she reign:
May she defend our laws,
And ever give us cause
To sing with heart and voice
God save the Queen.

日本語訳としては:
神よ、われらが女王を守りたまえ
われらが気高き女王が永く生きられんことを
神よ、女王を守りたまえ
女王に勝利を、幸福を、栄光を与えたまえ
われらが上に永く君臨したまえ
神よ、女王を守りたまえ
…ってな意味です。

イギリスは国王が現在エリザベス女王なのでQueenです。
男性の時には Queen を King に変えて歌います。
 続きを読む
posted by 館主 at 16:53| ロンドン 🌁 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

うさぎに関する諸々


私の好きな動物は何といってもうさぎである。子供の頃にうさぎを飼っていた。最近、うさ熱が再発したのは、今の住まいの至る所に野うさぎ(正確には穴うさぎ)が出没するからだ。それからうさサイトを巡りをし、さらにうさぎ熱が高まった。一日の内、結構大きな割合でうさのことを妄想して、萌えっとしている(危)。
続きを読む
posted by 館主 at 11:08| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。