2011年11月15日

マスコミは民○党の味方

だいぶ遅くなりましたが、大阪駅で配っていたチラシの裏を文字起こしします。前回の続きです。

-------------------------------------------
「マスコミは民主党の味方!」

09年に読売新聞が行った調査ではテレビの視聴時間が長い人ほど、民主党支持率が高いということが明らかになっています。


民主党政権になって聞かなくなった言葉「派閥政治」「料亭」「政治責任」「任命責任」

民主党政権になって報道されなくなった事総理や閣僚の不祥事(北朝鮮関連団体への献金etc…)


民主党に不利になる事実は、ほとんど報道されません。(自民党時代は朝から晩までテレビでコメンテイターが叩いていたのに何故?)


・民主党と北朝鮮の黒いつながり民主党や菅元総理が2億円を北朝鮮の関係団体につぎ込んでいた。民主党は「市民の党」「政権交代を目指す市民の会」「MPD」に合計2億496万円を寄付。
菅、江田五月、千葉元法相など拉致実行犯、辛光珠釈放嘆願書に署名


・民主党には帰化人議員が約90名いると言われている。


・日本を下げ韓国を持ち上げる、テレビ局と韓国のつながり反日偏向報道への抗議にフジテレビで1万人規模のデモ
優勝した浅田真央へのインタビューで、転倒シーンの特大パネルを設置したフジ。
フジテレビの「すぽると」で「サッカー韓日戦企画がスタート」
テレビ局には在日枠があり、在日朝鮮人に牛耳られている!?
フジテレビの筆頭株主は外国人。


・実は菅元総理も漢字が読めない
漢字の読み違いで麻生政権を大バッシングしたテレビ。
実は菅も小学生並みの漢字にフリガナを入れていた
麻生さんのは連日騒いでいたのにマスコミが全く取り上げないのは何故?


菅任期中に機密費15億円。月1億円を使用。菅内閣の約1年3ヶ月間で、官房機密費が15億円3千万円支出されていた。枝野氏は自民党時代に比べてハイペースな機密費について、「震災復興に役立てている」というが、菅内閣になって以降、マスコミ幹部への機密接待費が増えたという証言も。


・野田総理も外国人献金!民団関係者から30万円もだ総理は09年10月、千葉で催された「韓日友好イベント」に出席し、政権交代をもたらした衆院選について、「千葉民団の皆さんの力強いご推挙をいただき、心からお礼申し上げます」と謝辞を述べている。


テレビのコメンテイターは局の言いたいことを代弁している場合が非常に多いのです。テレビ局に都合の良いように世論操作をしているんですね。

brshr1.JPG
posted by 館主 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

大阪駅での出来事

大阪に行きました。帰りしな、JR大阪駅で衝撃的なものを見つけました!

ショックを受けました。

普段、ネット上でしかお目にかかれない政治オピニオンが、ついにこんなに身近な所に表れるとは!

今回の日韓通過スワップの件で、有志が反民○党ビラを貼っていたのですが、その場所が駅の女子トイレの中。ドアの内側です。

便座に腰を下ろした瞬間、目の前に飛び込んできたビラにビックリしましたよ!地方在住の私は、こんな政治活動、初めて見ましたから。30ン年生きてきて、今までこんなもの見たことなかった!

つまり大人しいと思われてきた日本国民の不満が、それほどまでに表面化、増大してきたということですよ!

ちょうどその時、清掃の女性が入ってきたので、私は思わずそれを外していただいちゃいました。だって、すぐに捨てられてしまうくらいなら、私がネットで宣伝しようと思って。貼った人だってゆるしてくれるでしょう。

政治に関心のない人にも説明がわかりやすいビラです。

せっかくの力作。文字に起こさせていただきます。「著作権フリー」だそうですし、スキャナがうちにあったら原寸大でアップして、皆様のお役に立てていただこうと思ったのですが。実家でスキャニングしたものを後日アップしますね。

brshr2.JPG


-------------------------------------------------------


「被災地よりも韓国! 5.4兆円支援を韓国に約束!」

野田首相は19日の日韓首脳会議で、通貨危機の際に外貨を融通しあう「通過スワップ」の限度額を現行の130ドル(約1兆円)から700億ドル(約5兆4000億円)に増額すると合意した。欧州債務危機で世界的に信用不安が強まる中、日韓の銀行がドル資金などの外貨を調達できなくなる事態を予防するのが狙いだと、マスコミはあくまでもアジアを守るためだと報道。今回は無担保、無保証で5.4兆円です。IMFを通さないので、取り立て能力のない日本及び返済能力のない韓国ではあげたも同然です。ウォン安なので紙くずです。復興増税なら歓迎ですが、韓国を支援している場合でしょうか。


【日本から韓国への資金援助】
1965年 6000億ドル相当 (併合時のインフラ整備等)
1965年 8億ドル+α (請求権、経済協力金) 「日韓基本条約」
1983年 40億ドル (特別経済協力金)
1997年 100億ドル (IMFと合わせて570億ドル)
「IMFはありがたかったが、日本からのは迷惑だった」by韓国
2006年 200億ドル (ウォン高救済基金)
2008年 300億ドル (リーマンショック)
「日本は出し惜しみをしている気がする。アジア諸国が日本にふがいなさを感じる所以である」by韓国高官※日韓ワールドカップスタジアム建設費、融資した300億円は未返済


ご意見はこちら。
03−3581−0101 首相官邸
03−3595−9988 民主党本部
03−3581−6211 自民党
03−5216−3710 みんなの党
03−3581−4111 財務省
03−3239−4545 国民新党
03−3582−8111 たちあがれ日本
03−3580−1171 社民党
03−3403−6111 共産党


「ODA 韓国」「民団 野田」「チラシ集積所」でネット検索してみてください。

日韓スワップに抗議する@wiki  http://goo.gl/5hk10


-------------------引用終わり-----------------------

まだ表面しか起こしてません。裏面は後日。
posted by 館主 at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

まずすべきは被災者救済だろ!



いまのところWALESののんちゃんの記事から紹介してもらった動画です↑


ニュースでは自然エネルギー法案プッシュし、何やらグッドなことをやろうとしているポーズを演出しています。アホな俳優が佐賀県庁に突撃したり、震災後、正義に向けて邁進していると勘違いしている、或いは邁進しているフリをしている輩ばかりがメディアに映ります。


何で、被災者のことを第一に考えないんでしょうかね?

確かに、原発に代わるエネルギーを模索することも大切なことでしょう。でも、急にどうこうできる問題じゃないでしょう。いきなり原発を廃止したら、産業や日常生活に打撃を食らわせます。もっと長期的な視野において語る問題でしょ、それは。

この西田昌司参議院議員の動画を見て下さい。野党は震災被災者への補償において、政府が仮払いすることを提案したのですが、民主与党がそれを拒んだんですね。

あのキレ菅がプッシュしている自然エネルギー法案よりも、補償の方がずっと過給的速やかに実行すべき案件ではないでしょうか?

自然エネルギー法案を推していると、なんだかイイコト言ってるふうだけど、あれってソフバ社長の金儲けの道具でしかないんですよ! しかも発注企業はサムスン。こういう時こそ日本企業を後押ししなきゃいけないのに、キレ菅は外国の火事場泥棒に荷担しています。この件については「脱原発で本当にいいのか」をご覧ください。


今こそ総選挙→政権交代ですよ!

posted by 館主 at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

若い人は純粋

横粂議員が離党届 地方も「反旗」で「菅降ろし」加速
J-CASTニュース 5月22日(日)17時2分配信

 支持率低迷が続く菅直人政権をめぐり、民主党内からの批判が激しさを増している。地方組織からは「現政権下では展望が開けない」と、公然と強い不満の声があがり、当選1期目ながらマスコミ露出が多かった横粂勝仁衆院議員(比例南関東ブロック)からは離党届が提出された。

 これに対して、都道府県連の幹事長らからは

  「現政権のもとでは、展望が開けない」
  「けじめをつけることが政治的には大事」

といった体制の刷新を求める声があがった。

 さらに、若手議員の新たな行動も明るみに出た。09年8月の衆院総選挙で初当選を果たしたばかりの横粂衆院議員(比例南関東ブロック)が5月20日、岡田幹事長に離党届けを提出していたことが明らかになったのだ。岡田氏は20日、離党届を受け取らず、慰留したという。

 横粂議員は、弁護士で人気恋愛バラエティ番組に出演した経験をもつなど、比較的マスコミに登場する機会が多い議員だ。この数週間で現政権に対する批判を加速させていた。例えば4月29日には、政府・与党が第2次補正予算案の提出を先送りする可能性があることについてふれ、「飛ばない豚はただの豚だ」という言葉を引き合いに、

  「『飛ばない政府・与党』に、失望しています」

と、現政権への不満を吐露。5月14日のブログでは、

  「これから自分がすべきことを考え、そしてその準備をしています。また追ってご報告させて頂きます」

と、近く何らかの行動を起こすことを予告していた。

 政界では「菅降ろし」をめぐり、「近く動きが本格化する」「いや、思惑だけで実行は無理だ」などさまざまな見方が飛び交っている。


若い人は正義感があって良いですね。

自らの保身にとらわれずに、「おかしいものはおかしい」と言える。

「民主党の横粂」に投票した有権者の気持ちを、なんて声もあるかもしれませんが、私は彼の潔い決意を応援します。

離党した彼ですが、その誠実さは我々日本人の胸を打ちました。

今後の彼に活躍の場が与えられることを願います。


posted by 館主 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

民主→地震…国難の連続

先週末、総選挙が終わりました。野党圧勝という結果でしたが、当然の帰結でしょう!


再選した石原都知事も「民主は未熟だ」と言って石原節を炸裂させていました。彼はまた「節電節電って言ってるけど、自販機とかパチンコの電力無駄遣いを考えたらどうか」と提唱していました。


パチンコ献金で潤っている現与党には絶対言えない台詞ですね。民主党は亡国の政党です。こんな国難に瀕した時勢に、ばらまき政策を続けようとしたり、ネット規制法案を人知れず通してしまったり(孫社長もご立腹でしたよね)。


そもそも、この政権はマスコミの煽動によって誕生しました。


自民バッシングは安倍総理時代から始まっていたんですよ。安倍さんはKanと違って国益を重んじる総理でした。それが最後には登校拒否みたいな形で総理を辞任することになったのは、マスコミと裏で糸を引く財界のバッシングのせいです。


その後も、麻生総理がバーでお酒を飲んでいることを「贅沢だ」ととか、赤城農相が顔にバンソウコウを貼っているのを「怪しい」だとか批判されました。


重箱の隅をつつくようなバッシングがありました。ケガしている人間を怪しいとは、言い掛かりも甚だしいですね。


民主政権下で、閣僚がこのような難癖付けをされてますか? それがないのは、マスコミが彼らのあら探しをしてないからですよ。


なぜ、このような売国政権が誕生したのかというと、中国ビジネスに依存する財界と中韓びいきの左派、それからパチンコ成金の在日の利害が一致したからです。パチンコのCMの頻度を見れば、マスコミに対する影響もわかるでしょう。


自民政権下で奇跡的に合意した普天間基地を、現政権が蒸し返したことで、基地問題が迷走します。左派は反米的な色合いがありますから、去る震災で米国及び米軍の力を借りるのを躊躇します。借りができると基地移設も進められなくなります。


だから米国から冷却剤を借りず、それが原発事故の拡大を招きました。


自民党が100%良いとは言いませんが、日本の場合は周辺諸国の危険性が高いので、保守政権でないとダメなのです。


外国人に選挙権を与え、海外にいる在日外国人の子女に子ども手当てを与え、尖閣諸島でのカマ掘り中国船ビデオを隠しているような政党では、国益を守れません。


自民でなくても保守党であれば良いのですが、今のところ「立ち上がれ」は小さいですしね。これから保守党を育てていく気運を高めていかねばなりません。それができなければ自民に政権をお返しした方が良いです。


普天間を前述しましたが、本当に軍隊(抑止力)はいらないと思いますか?社会主義者は「話し合いで解決を」なんて、言いますが「話し合い」で北朝鮮のテポドンや核実験を止められた験しがありますか?


きれいごとを並べる人は、安全保障というものをもう一度よくお考えください。「自衛隊が地震災害に対処するのは良いけど、防衛するのは良くない」などというのはダブルスタンダードではないでしょうか。他国からの侵略と地震−−種類は違えどいずれも国難、非常事態に変わりはありませんよ。


あれだけ被災地で尽力した自衛隊のことを「暴力装置」だのという官房長官がいては、日本の安全を保障できません。この震災がいい例でした。


昨日も福島・茨城で地震がありましたね。日本人はボケから目覚めないといけません。もはや、あぶく銭の湧くノーテンキ時代は過ぎ去ったのです。

posted by 館主 at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

安倍政権の失策 教員免許更新制


いつかこれを書かねば、と思いつつ日々過ぎていきました。安倍晋三氏の首相時代、彼の唯一にして甚大なミスと私が考えていることについてです。(一応言っておくと、安倍さんが政権発足当時に抱いていた指針は、実に前向きで賛同できるものでしたよ。↓それは一番で紹介した著書でもよくわかりました。)

重大な失策とは、教員免許更新制度を導入したことです。文字どおりの制度ですが、詳しくは外部リンクをご覧ください。つまり更新研修を行わないと、教師のみならず資格保持者は教員免許を失効してしまうんですよ。私の家人は教員のなのでその話はよく聞いています。

まあ、この制度の導入で教員組合をますます敵に回してしまったんですね。まあ、保守派議員の多くは日○組とか全○なんてやっつけてしまいたい気持ちなんでしょうが、これは色々な意味でまずいです。

もちろんこの更新制度は、非組合員だって受けなければいけない決まりなので、組合員以外の教員の反感も買います。そこへ、労組が「政府の横暴に対して共闘しよう!」などと呼びかけたら、非組合員だって入っちゃうでしょう。組合メンバーの増員はすなわち組織の強化につながります。

免許更新のための数十時間の講習は、受けるのに3万円もかかります。超ど田舎の学校のマイナー教科の先生なんか、近隣の大学にその教科の講座がないから、講習を受けるために夏休みに泊まりがけで近県に行きます。面倒くさいだけじゃないんですよ。担当するのは各地方の大学だから、大学の先生の仕事も増やしているんですよ。

元々、教員の資質を上げるために始まったこの制度は、確かに教科の良い勉強にはなります。しかし、教員の「資質」上げる、引いては不適格教員の間引きや更正には何ら役に立っていません

何故なら、不適格教員というのは仕事をサボっていますから、講習を受ける暇なんてたっぷりあるんです。一方、仕事熱心な先生は校務に部活に忙しいから、講習なんか入るとてんてこまいになってしまいます。

そもそも教員の研修というのは、元から定期的にあったんですよ。小学校の先生なんか、やたら研修研修の毎日で夜も遅いじゃないですか。これ以上研修を増やしたら、そりゃあ反感を買いますよ。研修も大事だけど、教材研究や授業準備に充てる時間を増やした方が、よほど子どもたちにとっても良いと思いますね。

あと、校長や教頭など管理職は制度の適用外である、という特例(抜け道)を作ったことも問題点です。

当時、安倍さんの周りにはどんな人がいたのかよく知りませんが、教育現場のことをあまりわかっていませんでしたね。これでは安倍政権の崩壊、引いては保守政権の崩壊にもつながるわけです。

安倍さんの仲間で、日教○を忌み嫌っていたのが宮崎の中山議員でしたよね。案の定、アカ教師たちには嫌われています。そのまんま東が馬脚をあらわして都知事選に出馬しようとしていることすら、「宮崎県知事の後釜を狙っている中山にそそのかされたからだ」と、教組内では流布しています。そのまんま東の誰が見てもあからさまな野望は中山さんのせいにされてます。

私だって教組のイデオロギーは嫌いですよ。でも、教員免許更新制度は、非組合員の教員まで敵に回すような政策でした。

安倍さんの一派がもう一度政権を執るつもりなら、この制度の廃止を公約にすることですね。「え〜〜! 何だったのあれは?」ってブーイングを飛ばされるでしょうが、誰にでも間違いはありますよ。男らしく間違いを認めて改めるべきです。

教組を潰そうとしても、ああいう闘争好きでしぶとい連中を潰すのは至難の業でしょう。それよりも、非組合員が安心して仕事に従事できる職場環境を作れば、自ずと組合に入る教員も減るでしょう。なにしろ、組合には当番だの動員だの、月1万くらいの会費だの、面倒なことが多いですから。自然消滅を促していけば良いんじゃないでしょうか。



美しい国へ (文春新書)

美しい国へ (文春新書)

  • 作者: 安倍 晋三
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 新書




過去の関連記事  、

最後に、こんな更新頻度の少ない所に、毎日コンスタントに40名以上のビジターがいらっしゃることに、感謝いたします。
posted by 館主 at 17:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

TPPについて

TPP(環太平洋経済協定)の加盟に反対しています。

TPPとは平たく言うと……
「2006年にAPEC参加国であるニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4ヵ国が発効させた、貿易自由化を目指す経済的枠組み。工業製品や農産品、金融サービスなどをはじめとする、加盟国間で取引される全品目について関税を原則的に100%撤廃しようというもの。2015年をめどに関税全廃を実現するべく協議が行われている。weblioより

そして、関税というのは日本の農産物を守る、防波堤のようなものです。

反対の理屈を私の稚拙な言葉では上手く説明できないので、poohpapaさんのお言葉を引用させていただきます。「悪徳不動産屋の独り言」コメント欄より


今、日本を凋落させている一番の大元は、政治家や官僚、一般有権者ではなく、もしかすると大企業を中心とした財界なのかな、と思っています。

と言いますのも、TPPの問題で、日本が参加すれば利益を受けられる財界は参加に賛成で、壊滅的な被害を受けることになる農業や畜産従事者は当然に反対しています。財界は、自分たちの製品が売れれば農業がどうなってもかまわないのですね。

たしかに、今まで日本の農家は手厚く保護されてきました。私も「過保護では」と思っていたくらいです。ですが、農業が立ち行かなくなることは、工業製品を買ってもらえないのと同じ、いえそれ以上に我が国にとっては長期的に壊滅的な影響を及ぼします。

下手な日本米より美味しいと言われるカリフォルニア米が非課税で入ってくるようになると、10キロあたり千円しないで買えるようになりますから、それだけでも稲作農家は潰れます。

アメリカ産の牛肉が安く入るようになっても、和牛の味とは比較にならないので、日本の畜産農家は上手く住み分けられましたが、米は違いますね。農家や農水省が抵抗するのは当然でしょう。

私も、本来「関税なんてものは無くて当たり前」とは思っています。ですが、それぞれの国には「成り立ち」というものがありますし、全体のバランス、というものはとても大切です。もちろん、不参加となって農業が護られればそれでいい、という話でもありません。

それにしても、財界は本当にヒドイ(お粗末)ですね。自社の製品が売れれば農業が壊滅的な被害を受けようが国が滅びようが政権が倒れようがどうでもいいのです。中国の属国になることも厭わないかのようです。何かと言えば中国の顔色を窺い、政府や政治家に圧力を掛け、自分たちに都合の悪い安倍さんや麻生さんも引き摺り下ろしました。菅政権にも当然に圧力を掛けているでしょうし。

自社の製品が売れ、利益を得て社員を養うことが出来るのが「国益」だと勘違いしているようにさえ思います。

日本企業は早く中国から撤退して一線を画し、インドやタイ、ベトナムあたりにシフトしたほうがいいように思います。

日本には、10年先でさえ読めない政治家や財界人が大勢いるんですね。そんなでは狡猾な中国やロシアを相手にすることなど無理です。



私も、中国と対立的な地勢にあるインドやベトナムといった国々と、経済的にも政治的にも協力して、対中国で協調した方が良いと思います。


あと、中野剛志先生の、TPPの説明がとてもよくわかりやすいです。「いまのところウェールズ」さんのところで見つけました。

「中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない! 」



日本の農家の皆様! 農業を保護する政治家をもっとプッシュしてこの動きを止めましょう!


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 15:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

お前は神か?

海保の職員が尖閣諸島の事件のビデオを流出した件で、テレビを始め世間が大騒ぎをしています。ですが、その裏側で、それが盛り上がっているのを良いことに、政府はとんでもない法案を通過させようとしています。

以下は「尖閣ビデオ流出騒ぎの裏で 日本解体法案が着々と…!」というブログ記事の引用です。
最も恐ろしい、最も成立させてはならない法案が、柳田稔法務大臣によって早急に国会に提出されようとしています!


人権侵害救済法案(人権擁護法案)です!


この法案は正当な批判も許されない、言論の自由を制限する社会を作り上げる 恐ろしい法案です。

(この法案に反対する)野党の城内実氏が述べられていますが、現在の人権侵害事案、年間2万件のうち99%は現行の法案で解決されているんだそうです。(5分40秒あたり)


現行の法案で個別に対応できるのに、なぜこういう問題の多い法案を早急に成立させる必要があるのかということですよ。


柳田稔法務大臣はいじめ、DVなど重大な人権侵害に対応させたいと述べられています。


確かにいじめやDV、高齢者虐待などは大きな問題です。しかしいじめやDVが本当に人権侵害なのかを判定するのは非常に難しいのではないでしょうか?


いろんな事情があるのに一方の言い分だけで人権侵害路判定され、処罰を受けることにつながるわけです。


城内実氏はネズミには殺鼠剤、ゴキブリにはゴキブリホイホイ、ガンには抗がん剤を使えばいいところ、


ネズミやゴキブリを退治するのに火炎放射器やミサイルを使うようなもの、抗がん剤を必要以上に使うと健康な組織も殺してしまう…ということなんだと言われています。


同じことでもAさんにとっては差別、人権侵害だと感じることでも、Bさんにとってそうではないと感じることがあるのです。


それを国籍条項のない 強力な権限を持つ組織が判定するわけですよ…?


社会通念上認められていることまで「人権侵害だ」という烙印を押され、普通に生きている一人の人間を社会的に抹殺する可能性がある「恐ろしい法案」なのだということを認識しなくてはいけないのです。


補足しますが、この法案においては、人権侵害委員会というグループのメンバーが「物差し」となって、人権がらみの問題を裁くわけです。

しかし、人間は神ではありませんから、一つのグループが「我こそは正義なり」と称して、自分たちの物差しで物事を裁くのは、非常におこがましい、独断的な行為です。しかも、そのグループが特定の思想も持ち主だけで構成され、共通した利害関係のもとに動いたら危険です。


ここを訪れた人々に是非ともこの法案のことを知っていただきたく、記事にした次第です。以下の参考リンクをご紹介させていただきます。

サルでもわかる? 人権擁護法案
人権侵害救済法案を防げ


おそらく多くの国民は「人権擁護法案」なんて言葉を聞いたことがないでしょう? お上は国民にそれを注目させないで、ひっそり通過させようとしているんですよ。「人権擁護」とは名ばかりの悪法です。


人気ブログランキングへこの記事を是非とも応援してください!
posted by 館主 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

北の島にも思いをはせるのだ

またまた勝手に余所様ブログ紹介をします。ブログ主様気づかれたら事後承諾ということでお許しください。応援の意図がありますが、もし不都合があればおっしゃってください。

根室スローライフ&北方領土のこと」さんです。道東グルメと領土問題という、硬軟両テーマが入り交じった読みやすいブログです。テレビはなかなか取りあげない、北方領土の様々な問題を記事にされています。

ブロガー、特に政治カテを持つ人たちの間では尖閣の問題で湧いているけど、北方領土問題だって大切です! 最近、ロシアの大統領が国後島の訪問を表明しましたし。尖閣、竹島、四島の中で一番えげつないことになっているのは北方四島なんですよ。

民主党政権がサイアクなのは周知の事実ですが、自民時代だってヘッポコでした。本当は、80年代のソ連崩壊時に、同国の混乱につけ込んで島を取り返しにいくぐらいことはした方が良かったんですよ。
その後、本気で取りにいこうとしていた政治家は、外務省内の抗争に敗れて失脚しちゃうし。

通りすがりの人がウチを見たら「タカ派だ」なんて思うかもしれないけど、そりゃあ私だってハト派の方が良いですよ。でも、他の地域ならいざ知らず、極東の周辺国はヤーさんみたいな国にばっかじゃないですか? 中国・ロシア=ヤクザ、韓国=チンピラ、北朝鮮=カルト教団 ですよ。「話し合いで解決を」なんて言うけど、ヤーさんに話が通じます? 防衛しないでどうするの?

今こそ国民が目覚めるときですよ。もう、国内で足の引っ張り合いをするだけ、保身に走るだけの無能政治家は引きずり下ろしてしまいましょう! 日本人はもっと国益を重んじる政治家を尊重するべきです!


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

海保船ビデオについて

尖閣諸島で海上保安庁の巡視船に衝突したビデオを、公開するのを渋っていた政府でしたが、先日重い腰を上げましたね。でも、2時間以上あるビデオをたった6分だけ、しかも議員にだけ公開するって、ごまかしなんじゃないですか? 加工されたかどうかも怪しい。


週刊誌(ポストでしたっけ?)を読んでたら、前原さんの蛮勇が非難されていました。「きちんと対処できないのに、いたずらに漁船を拿捕するんじゃないよ」という旨の批判です。

小泉政権時代は、領海侵犯してきた中国漁船を強制退去させるという処理をしていました。それに比べると前原さんの対応は進歩だという声もあるのですが、小泉さんのように、結果的に丸く収めた方がより良いのではないかと思ったり……(やっぱ、そんなことはないか)。

「前原が勇み足だったとしたら、その動機はなんだろう?」と思っていたら、最近お邪魔している「starのつぶやき」さんの所にこんな情報を発見しました。以下引用。

9月26日のこと
大阪で行われた元衆議院議員の西村眞悟氏の集会『河内国民文化研究会』中で尖閣諸島中国漁船体当たり事件について、このような話があったようです。

『チャイナの漁船は、かなり以前から200隻以上来ていて、領海侵犯・違法操業と続けていた。しかし、海上保安庁は黙認していた。今回、海保が『領海だから出て行きなさい』とマイクで言うと、チャイナの漁船は日本語で『ここはチャイナの領海だ』と言い返してきた。出て行かないので、海保が臨検の為にチャイナ漁船に乗り移ると、あろうことか、屈強な船員が海保保安官をロープでぐるぐる巻きにして、海に投げ込んだ。それに対して、船長・船員を逮捕・拘束した』ということです。

実はこの件についての真偽を10月2日に西村真悟事務所にメールをしたんですがお返事はいただいておりません

だって、これが事実ならこれは、領海侵犯や違法操業という問題ではありません。れっきとした殺人未遂、傷害事件です。

こういう事を集会で発言するということはそれなりの真実性があるからなんでしょう

最近ではyoutubeにこんなのもありますね。石原東京都知事のフジテレビ番組内での発言。「日本の巡視艇から落ちた乗組員を中国人が銛で突いた」 ※リンク先にユーチューブ貼り付けてあります。


もしかしたら、前原さんが漁師を捕縛せざるをえない状況にまで来ていたのではないでしょうか? 諸島はやりたい放題になっていたようです。
また、西村さんが今でも国益ために活動していらっしゃると知って安心しました。

先日はロシアの大統領が北方領土に公式訪問をしてきました。中国に弱腰だった日本、ひいては他の周辺国にもなめられてしまうということです。そこのところ、現政権はちゃんとわかっているのでしょうか?(いや、わかってないでしょうなふらふら)

 
唯一の朗報は、親中オバマ政権が中間選挙で大敗したことくらいでしょうか。


そういえば、今日書店に行ったら「中国の覇権主義、北朝鮮の脅威。もう菅政権には任せられない! 日本は保守主義を回復すべきだ!」という帯の本を見掛けました。誰の本かと思ったら、大○隆法さんのご本でした。私は新宗教なんてキョーミないけど、「大○さん良いこと言うじゃん」と思いました(笑)。


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。

posted by 館主 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

古地図が領有権を証明

当ブログにコメントをくださるのんちゃん様から教えてもらった情報です。水間条項さんのところからの転載記事です。以下はコピペした文です。

--------------------------------------------------------------------------

超緊急拡散《尖閣領有にトドメを刺す中国発行の尖閣の地図が、10月4日発売
『週刊ポスト』のモノクログラビアに掲載されます!》

■予告していました中国の情報戦に打ち勝つ仕組みを明らかにします。

今回、中国で発行した地図の在りかを告知する決断をしたのは、反日民主党政権が、中国漁船の追突ビデオを公開しない状況では、焚書される危険性があったからです。

そして、ギリギリまで明らかにしなかったのは、在住中国人と観光中国人80万人以上との総力戦になることを承知していたからです。

中国人は、日本国内にあった中国で発行した1970年以前の地図を、数億円以上と思われる資金を投入し、40年間をかけて買い漁り、焚書を完了しております。それらの行動も裏を返せば、中国がそれらの地図帳を決定的証拠として認識していたことの、なによりの証明になります。

そこで、数億円以上を使って焚書していた労力を徒労にしてあげる国際的情報戦を、小生が仕掛けてあげたのです。

この戦略は、発行部数5万冊前後のオピニオン誌に掲載しても世論になり得ないので、発行部数50万部の『週刊ポスト』誌のモノクログラビアに掲載して頂けることになったのです。

前原外務大臣が「中国で発行した1960年発行の地図帳に尖閣と日本名で表記されている」と、発言している地図は、小生が2004年に中国の地図探索過程で偶然に発掘したもので、日本国内に一冊が奇跡的に残っていたものなのです。

その地図を、中国側の焚書活動を諦めさせるために、日本国民が永久保存版として『週刊ポスト』のモノクログラビアを切り取り、額縁に入れて飾って頂ければと思っております。

そこで緊急のお願いですが、中国人の買い占めを阻止するたも、一人でも多くの友人・知人に情報を拡散し、日本人が先回りして買い占めていただきたく思っております。

また、2004年11月10日号『SAPIO』誌に寄稿した同地図が掲載されているリポート
「中国の恥地図改竄史にみる『尖閣領有の大嘘』」も、インターネットで読めるように「ニュースポスト」に掲載されます。

同リポートは、中国の地図改竄史を明らかにしてありますので、国際的に拡散されると、泥棒国家中共の体質が全世界に一目瞭然に晒しものになります。

覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の総力で、10月4日(月曜日)発売の『週刊ポスト』を買い占め、週刊誌ではほとんどあり得ない、増刷するまでなれば、日本国内での情報戦には勝利しますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

以下、2004年の同リポートを発表できた経緯を解説します。

● 歴史を改竄して、日本固有の領土を強奪する決断をした中国は、なりふり構わずロシアと連携して強行手段に出てきました。

小生は、2004年3月に中国人が尖閣諸島に上陸したことに危機感をいだき、中国の恥を世界中に知らしめる為に、中国が自ら発行した地図帳で尖閣を日本固有の領土と証明するために、半年かけて徹底的に中国版地図帳を探し回ったのでした。

その探索結果は、2004年11月10日号『SAPIO』誌に発表した
「中国の恥地図改竄史にみる『尖閣領有の大嘘』」です。

そのリポートの目玉は、1960年に北京で発行した地図帳でした。

当時、1970年以前に中国で発行した地図は、自衛隊にも国立国会図書館や全国の大学・自治体の図書館などだけでなく、神田古書店街を虱潰しに探しても一冊もないのが実態でした。

その地図探索過程で驚いたのは、神田古書店街に中国人が徘徊し、かなり前から中国発行の地図を買い漁っていたとのことでした。

中国は、歴史を改竄する長期戦略を日本国内にいる中国人を使って実行していたのです。

また不思議なことは、国立国会図書館が1970年以前の中国で発行した地図帳を、収集の対象にしていないとのことだった。それが、どのような経緯で収集の対象から外したのか、今後、徹底的に国会で問題にする必要があります。

1960年に中国で発行した地図の発見は、探索過程でたまたま掛けた一本の電話で明らかになったのです。

それは、決定的な資料となる1970年以前に中国で発行された地図が、日本国内にいる中国人によって焚書されていた状況で、小生の怒りは当然のように外務省に向かいました。

それは、1972年の日中共同声明以降、「日中友好」一色の報道の中で、中国は着々と尖閣を強奪する準備をしていたからです。

そこで、それら一連のことを外務省中国課に抗議の電話をしました。

その時、小生は「これだけ尖閣領有問題が起きているのに外務省は、なにをして来たのか。中国の日本大使館の職員は天皇誕生日のパーティーや宴会にうつつを抜かしているだけじゃないのか。中国で発行した1970年以前の地図帳を収集することとか、やれることがいろいろあるだろう。中国課に中国の地図帳は無いのですか。」との申し入れに対して、中国課の担当者は、「確か古いのが一冊あったと思います」とのこと。

小生「それじゃ電話口にもってきてください。」

担当者「もってきました1960年の地図帳です。」

小生「沖縄尖閣が出ているところを見てください。」

担当者は「あれぇ〜!」と、すっとんきょな大きな声を電話口で発したのです。

小生「どーしました!」

担当者「尖閣諸島が日本名で表記してあります。」と、驚いていました。

そこで小生は、「外務省の批判をリポートで差し控えるから、その部分の地図と表紙・奥付のコピーをいただけますか。」と申し入れ、それで資料を発表できたのでした。

これは、国民が参加できる情報戦です。40年間の中国の長期戦略を一気呵成に叩き潰すことのできる千載一遇のチャンスです。

皆様の徹底的な周知活動が情報戦の帰趨を決しますので、重ね重ね宜しくお願い申し上げます。


インターネットだけ転載フリー。転載条件は、全文掲載と【水間条項からの転載】との表記をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------

今月4日発売の「週刊ポスト」ができるだけ多くの人に読まれますように!(念)


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。

posted by 館主 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

そして今日もあの島を想うのだ2

夜、近所をウォーキングしていたら「普天間基地の一日も早い撤去を!」というポスターを見掛けて、気づきました。散歩コースにはプレハブ小屋のような共産党の支部が建っていました。9時近いというのに灯りが点いていて、粗末な小屋で政治活動をせっせとガムバッテいるのかもしれない。

ポスターを見てまた記事が書きたくなりました。
「普天間〜〜」だそうですが、沖縄県民はこの期に及んで反米活動なんてしてる場合ではありません。尖閣の一連の事件があったでしょうに! 米軍基地の縮小は結局、同海域の防衛の手薄化につながります。現段階では現実的ではない。

票田に目がくらんだ民主にダマされ、宗教家もどきの共産党に煽られ、かの地では反基地運動が盛り上がっているようですが、早く目を覚ましてほしいです。共産主義者は平和拳法があれば、中国の攻撃も寸止めできると吹聴していますが、いい大人がそんなカルト教典のような理屈を鵜呑みにするべきではありません。

どうせ、へっぽこな現政権では米軍から基地縮小のお許しなんて得られないんですから、むしろ基地と引き替えに政府にできるだけ経済支援を取り付ける方がよほど現実的です。思い切って沖縄を経済特区にしてもらうとか。高圧的に出るならそこですよ、まず。

同じ地域の人でも石垣島の市長さんが言われることは極めて真っ当なことですよ。市長は諸島に港湾施設を建設するように促していますが私も同感です。自衛隊を駐屯させても良いと思います。何だかんだと御託を並べて、それができない現政権は腰抜けというよりも論外です。

あと、昨日小沢が強制起訴されましたよね。産経の記事でこんなのがありました。
小沢氏「強制起訴」】「なんで今日なんだ」
確かに何で今、このタイミングなんでしょう? 記事では、強制起訴は仙石の差し金と示唆する議員の言葉や、尖閣事件から国民の視線をそらしたい意図が書かれています。この強制起訴は、中国人船長解放の時と同様、またもや菅の不在時に行われたそうです。

産経には「仙石氏 戦争責任強調し中国擁護」という記事もあります。思いの外、枝野が「チャイナは悪しき隣人」と正論を説いたのに、仙石はそれを批判したという話です。こんな日本赤軍の残党みたいなオッサンが我が国の官房長官とは、つくずく情けない。

時事ドットコムの「中国海軍 その秘められた実力」というサイトもご覧下さい。平和拳法やら忍法やらを説いている人々は、沖縄ではなくまず最初に中国でそれを説くべきではないでしょうかね! 


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

そして今日もあの島を想うのだ

しつこいけど、尖閣諸島での事件について今日もあれこれ考えています。


その昔、80年代にフォークランド紛争が起こった時のサッチャー元首相の言葉を思い出しました。アルゼンチンがすぐ近くにある英領フォークランドに侵攻した時、彼女は即座に遠く欧州から南米まで部隊を派遣しました。
野党の労働党が「派兵は税金食いだ。それより労働者の福祉に予算を回せ!」と反対したところ、彼女は毅然として「あなたの旗は赤旗なんでしょ! 私の旗はユニオンジャックです!」と言い放ちました。

かっこいいです!!

本来、国家のリーダーとはこうあるべきだと思います。国難に際して、この期に及んで福祉だなんだとゴチャゴチャ言う外野を黙らせるなんて、男前じゃないですか! 誰とは言わないけど生物学的には男性の男どもより頼もしいです。

本当は日本も軍隊を動かせたらいいのにと思う。今、竹島が隣の国に実効支配されていますが、即座に軍を動かせたら、対応だってできたと思うんですよ。平和主義者が言うように、「話し合いで解決を」なんて悠長なことを言っている間に、なし崩し的にあっちが既成事実を作っちゃうんですよ。

よくよく考えたら尖閣にちょっかいを出してきた中国よりも、実効支配してる韓国の方がよほどえげつないことをしています。それなのにそれほど騒がれず、韓流ブームに湧いているのは、日本人がボケてるのと同時に、日本国内の韓国ロビーの強さを物語っています。こっちだって要注意ですよ。

領土や主権よりも平和の方が大事だって言っている人々は無責任ですよ。相手が味を占めて「今度は●●島だ」とか言って攻めてきても、「話し合いで〜」と言っている間に支配されます。それの繰り返し。

そういえば、日本にもレアメタルのような商品があって、それを禁輸にすると外交カードになりうるそうですね。私から言わせてもらうと、今の腰抜けぶりでは、外国からせがまれたら「政治は政治。経済は経済」とか何とか言って、結局渡しちゃうと思うんですよね(笑)。

話は飛ぶけど、参院の輿石が那覇の検察を批判しているそうですね。毅然としたところを見せようとしているのでしょうが、お門違いな批判です。検察が本当に独断で釈放なんかするわけありません。無責任な首脳陣に責任を押しつけられただけです。海保の判断でもありません。責めるべきはお仲間の仙石なんじゃないでしょうか?


一つ確かなことは、愚かな政治家・マスコミを日本から一掃する事が先決だということですね。



人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

マスコミとかけて蘭ととく

してその心は、どちらも「コチョウ」がある、です。う〜〜ん、イマイチかな?

私は数年前からマスコミなんか信用していません。ネットは玉石混合だけど永田町の裏側を知ることができます。


私がマスコミのプロパガンダの存在に気づいたのは、日韓ワールドカップ共催の時です。当時、テレビではやたらに「韓国でもサポーターは日本の応援してるよ♪」なんて、友好ムードを報道していましたがあれは創りです

んなわけないことをネット上の暴露サイトがリークしていました。しかも、それだけじゃなくて韓国側のなりふり構わないやり方も知りました。ロビー活動と買収で、同国のチームはベスト4に進んだんですね。まあ、ホームの利は日本にもありましたけどあっちは異常。韓国チームの反則ラフプレーが何故か審判に無視され、欧州のチームが怒っていました。

同じ手をさる冬季五輪でも同国は使っていましたよね。某キ●選手の異常な加点。浅田選手の方が難易度の高い技を繰り出しているのに、ジュニアでもできる演目を完璧にこなしたキ●さんが優勝。
浅田には4年後の金メダルも無いかもしれないですよ。だって、下から若い層がどんどん入ってきているし、某選手がまた裏工作するかもしれませんし。

それ以上に情けないのが、日本人である日本のマスコミが韓国とキ●側のキャンペーンの片棒を担いでいたことです

当時、キ●は電●傘下の韓国企業に、浅田はそれ以外の企業に属していました。●通の差し金で、テレビ番組でキ●の実力が上回っているという印象操作を行ったんですよ。御用コメンテーターが各局のワイドショーでキ●の方が〜〜で上手いとコメントしていました。元五輪選手も、仕事を干されたくないから無難な発言をして、本音を言う伊藤みどりは干されてました(A川某と違って気骨のある女性ですね)。

この件では、ある意味、まだ韓国人の方がましだと思いました。だって、汚い手を使おうが自国の選手を応援しているんですからね。
一方日本のマスコミは、お金のために自国の選手を貶めるなんて、恥知らずの極みです。

●通が何故同国びいきなのかというと、戦後、日本のマスコミがちょっとした失言をしたんですね。で、それを民族団体がやいやいクレームを付けて、電●を始め複数の大手マスコミに裏採用枠を設けさせたのです。で今、その時採用された世代がえらくなってきたと。


これまた電●の差し金で世の中は韓流ブームですけど、私はあの国とは細心の注意を払って付き合うべきだと思います。

市井で知り合う韓国人は概ね良い人なんですけどね。

97年のアジア通貨危機の時には、日本は絶体絶命の韓国に資金援助しました。な・の・に・竹島に軍を乗り込ませて強引に占拠しちゃったんですからね。その海域で日本の漁船を拿捕しては、韓国の政治犯の釈放を求めてきたりしました。いくら謝罪や援助をしたところで無駄ですよ。味をしめるだけ。どこかで踏ん切りをつけな。

社民党系の日教組的な教育を受けているから、一般日本人にはそのへんのイメージがぴんときません。坂本龍馬が何故賢かったかというと、お上のプロパガンダに乗せられず、「それは変じゃないか」と気づいたからなんですよ。


私、基本的にはテレビなんていらないと思う。ゴールデンタイムにワーワーキャーキャーと、くだらないバラエティーを流して、あんなもん生活に必要なんですか?


ホントにこの国はどこに行くんでしょうかね? 極端な話、日本の男がチキンばかりだったら、見切りをつけて北欧先進国の男捕まえて移住しますよ。だって、女は沈没していく船には乗りたくありませんもの。日本のオジサマは眉根をひそめるけど、一部の日本人女性が外国人男性好きなのを否定はできませんね。動物的な勘で未来を察知しているのかも。


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。

posted by 館主 at 00:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

風見鶏の正体を暴く

3月に田村耕太郎議員について記事にしました

その田村さんを検証するサイトをお散歩の途中で見つけたので紹介します。
田村耕太郎の正体

「世話になった自民党が下野すれば簡単に見捨て、権力を持つ民主党に簡単になびく。日本国民はそのような人間の何を信じればいいのか?」とサイトは語っています。自民党からは電話一本で離党しちゃったそうですね。

びっくりです


しかし、ウィキペディアのプロフを見ると、田村さんってものすごい高学歴ですね〜〜。早大に慶大に、エール大の法律大学院に、シンガポールの院に……まだ他の学校にも行ってます。お金ありますね〜〜。そんなに勉強の好きな人がどうしてあんなにバカっぽい言動に走るのかわかりません。

ヤフー知恵袋によると、小沢が鳥取地区で有名政治家の名物孫娘を擁立しようとして、勝ち目がないことを悟った田村さんは慌てて乗り替えちゃったそうです。

まあ、私はあの「個性」を気取った変てこな服装からしてNGです。

風見鶏といえば小池百合子サンも潮の流れを必死で眺めていそうです。この人の場合、田村さんよりもしたたかなので、民主党政権が盤石と見極めるまですり寄らないでしょう。去る参院選で自民が盛り返し、田村さんは落選しました(自業自得)が、小池さんはもっと慎重でしょうな。


同サイトでは輿石東や川上義博の正体も暴いてますので、必見です。


人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

庶民の味方社民・福島党首は預金1億円

ゆかしメディアより一部引用。「庶民の味方、社民・福島瑞穂党首は預金1億円の富裕層
 YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)は前回、各議員の所得のランキングを調査したが、今回は各政党の代表の収入と資産を洗い出してみた。
〜中略〜
意外性という点では、社民党の福島瑞穂党首が一番だろう。

 読者のみなさんが社民党に抱くイメージとはどのようなものか。戦後発足した日本社会党の後を受けて1996年から社会民主党となり、一貫して平和路線、労働者の権利、福祉の充実などを掲げてきた。福島瑞穂党首の主張は、ブレることなく一貫して党の政策を主張してきた。

 では資産は? 神奈川・川崎市麻生区のマンション、そして、預貯金の額は1億1400万円、郵便貯金が92万円。そして昨年の年収は約2500万円だった。

 長年、弁護士として活動したため、そのくらいの貯金はあっても驚くようなことではないし、政治家としての実務能力、行動力などは与野党を問わず評価され、知名度も高く国民的な人気もある。しかし、悲しいかな「弱者の味方」という出来上がったイメージが、この預金額とは何か不釣り合いさを感じさせる。

 これから生活者の権利を守ろうと、TVで必死に訴えたり、街頭演説する福島氏の顔を見るたびに1億円が頭に浮かんできそうだ。


私は別に財産家が社会運動をしてもいいと思います。にも関わらず彼女が偽善的だと私が思うのは、ひとえに彼女がその知性や行動力を間違った方向に向けているからです。

福島センセイは社会主義者だけではなく女性運動家としても知られています。いわゆるフェミニストということです。福島センセイや辻本センセイが一貫して主張するのは「女も働けイデオロギー」なのです。その理由として曰く「女も自己実現のために働くべし」です。

一見もっともらしい主張ですが、彼女たちはあくまでも上から目線でしか物を見ていません。日本中の全ての女性が、センセイ方の言われるようなやりがいのある仕事に就けるわけではありません。まして不況の時代ですし。

うちの田舎では共働き率は高いですが、就労の理由は言うまでもなく「生活のため」であって、「生き甲斐」だの「自己実現のため」などではありません。(確かに仕事にやりがいが無いわけではありませんが、仕事とはそんな甘いものではありません)

さらに子どもがいる世帯の場合、その世話を姑なり託児サービスにお願いしないと、フルタイムでは就労できません。「じゃあ、託児所を増やせばいいじゃないか」というのがセンセイ方の論ですが、それらを増やすためには結局税金がたくさん使われます。

現代、女性の就業者が増えたのは、男女共同参画時代が到来したからというよりも、お上に扶養者(専業主婦)を考慮する余裕が無くなってきた、徴なんじゃないかと私は思っています。

だからこそ扶養者控除の一部廃止なんてことを与党は言い出してきたんです。女センセイ方は高邁な理屈を説いて、そいつらの片棒を担いでいるわけですな。私に言わせればあのオバサンたちは女性の味方なんかじゃありませんよ。

そんなに社会を良くしたいのでしたら、福島女史はその莫大な財産の一部でも慈善団体に寄附された方が、よほど社会に貢献できるのではないかと思います。

人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。

では最後に最近始めた帯コーナー、本日3つの良いことへ。続きを読む
posted by 館主 at 15:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

それってキム・○ョンイル体制じゃん!

ソースはブログで楽しむニュースサイトizaです。
民主党は18日の緊急副幹事長会議で、17日付産経新聞のインタビューで小沢一郎幹事長(67)ら執行部批判をしたことを理由に、生方(うぶかた)幸夫副幹事長(62)の副幹事長職解任を決めた。これに先立って高嶋良充筆頭副幹事長(69)が生方氏を党本部に呼び、辞表提出を求めたものの生方氏が拒否したためだ。後任は辻恵衆院議員(64)を充てる。小沢氏に批判的な議員への事実上の“粛清”ともいえ、党内の対立が一層強まりそうだ。
またまた、またまた小沢さんが馬脚をあらわしましたね。自民党時代でもこんな露骨な粛正は行われていませんでしたよ。小沢さんとあの変なヘアスタイルの首相が辞めないかぎり、私は民主党は支持しません。

そして同時期にこんなニュースもありました。
北朝鮮が去年11月に行ったデノミネーション(通貨の切り下げ)が物価の高騰などの混乱を招いたことについて、韓国の聯合ニュースは「責任者が銃殺された」と伝えた。〜中略〜 北朝鮮では、デノミが物価の急激な高騰や混乱を招き、住民の不満が高まっていて、朴前部長はデノミ失敗の責任を負わされたとみられる。
海外総合ニュースより引用

なにしろ幹事長はあんなだし、こんな体制を支持する学校にも税金を使う日本政府です。日本も↑こんな粛正が行われる国になるのも遠からぬ未来のことかもしれませんよ、この調子では。


人気ブログランキングへもしよろしければ投票ください。

今日から帯びコーナー始めました。暇な人だけよろしければお付き合いください。
続きを読む
posted by 館主 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

やっぱりヘンだよ、民主党

今日、テレビで鳩山政権の支持率が下落したというニュースを見ました。今まで民主党を見ていますと、人気取りをしているように見せ掛けて実は愚策を弄しているように見えます。

ネットサーフィンしている時に、その点を簡潔にまとめた記事を発見したので紹介します。大学で社会学を教える先生のご意見です。ブログ主様。勝手にリンクしましたが、もしこれを発見されましても、当方が貴方に賛同したからつなげたということをご理解いただければ幸いです。

「民主党の悪い冗談」より引用
その1 亀井金融相が郵政民営化見直しおよび中小企業の返済猶予を主張

亀井氏が郵政民営化見直しを言っているのは全特という世襲や天下りを繰り返してきた郵便局長らの支持を受けているわけで、小泉政権のときに民意は郵政民営化で決したことをひっくりかえすのはおかしな話です。中小企業融資の元本返済猶予を実施したら金融秩序が根本から崩れるだけではなく、結局のところ中小企業に運転資金が回らなくなって首を絞める結果につながります。中小企業を支援する施策というよりとどめを刺す施策です。

その2 後期高齢者医療制度の廃止

日本共産党が思いっきり高齢者に支持層を固定しているためか、後期高齢者の医療費無料化を公約にしていました。医療費無料化は1980年代にさんざん社会実験して大失敗したわけです。さほど余裕もない医療資源の無駄遣い、病院のサロン化と待ち時間の長期化、医療従事者の疲弊など、結局誰の特にもならなかった施策です。民主党は75歳という年齢で切る制度は駄目だと廃止を予定しています。以前にも書きましたが、後期高齢者医療制度は1割だけ75歳以上世代で負担してくれれば、残りは税金と現役世代からの拠出で賄います、という制度です。払う余裕があるのに払っていなかった人は公平のために保険料負担してくれというしごくまっとうな仕組みです。それでも現役世代からすれば勝手に負担割合を決めてしまって...と不満のある状況です。

その3 配偶者控除廃止の猶予とガソリン税廃止

子ども手当を創設する財源として配偶者控除の廃止がマニフェストに示されていました。ところが来年の参議院選挙をにらんで配偶者控除の廃止は先送りするというのです。でも既に公表されているマニフェストが先送りされたからといって有権者は誤魔化されるでしょうか。本来は社会保険適用の報酬見直し(パートの社会保険加入)や配偶者控除の廃止は、女性の働き方にゆがんだ影響を与える制度として即時廃止すべきものだと個人的には考えています。めくらましにもならない猶予は即刻やめるべきでしょう。ガソリン税廃止は昨年4月の記憶が新しいところですが、価格を下げれば消費量が増えるのは市場原理の示すところです。CO2削減目標とも逆行する施策です。

その4 ムネオ外交委員長

対米、対中、対ロと挙げたときに日本の外交では最初2つがとても重要です。経済的にも政治的にも重要な関係を持つ国です。対ロも確かに軽んずることはできませんが、優先順位は落ちます。しかし、外交委員長にムネオを置くとロシア問題や外務省内部統制の話ばかりになってしまう恐れがあります。まあこれまで日本の政治家が弱かったアフリカ問題に通じているというのが少しは救いでしょう。

どのあたりから現実路線に転じてくるのか、見守りたいと思います。


私の感想は「続きを読む」以降にあります。

人気ブログランキングへに是非投票ください。続きを読む
posted by 館主 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

杉並区長の卓見

そもそも私が大慌てでブログに復帰したのは、外国人参政権付与なる、これまでの日本では歯牙にも掛けられなかった法案が、新政権で浮上してきたからです。これは国家の存亡に関わる問題だと、かの佐藤優氏も言っている。絶対に成立を阻止しなければならないと思い、別世界で展開している私の趣味のブログにも、政治&社会トピを作って、この問題を頻繁に取りあげています。だって毒チョコに来る人は賛成者が多いだから、よそでも啓蒙活動しないとね。

で、某趣味のサイトでも紹介しようと思っているのが、山田宏杉並区長の書かれた文章である。教科書採択問題をめぐって、某外国人圧力団体にアタックされた恐怖の体験が書かれています。そもそも日本人がどの教科書を使うかについて、何で外国人に口出しされなきゃいけないのか、全くわからないのでございます。
「外国人参政権が国民生活を壊す」(ヤフージャパンみんなの政治)より一部抜粋
有権者のなかには、今回の問題を聞いて、「地方参政権ぐらいなら永住外国人に与えてもいいのではないか」と考えている人も多いようである。だが、これはそう簡単な問題ではない。11年間、杉並区長を務めてきた体験も踏まえてそれについて指摘したのちに、あらためてこの問題の本質について論じていきたいと思う。
 
 まず、私自身が経験したことをお話ししたいと思う。2005年、杉並区が扶桑社の歴史教科書を採択したときのことである。
 
 いずれの国であれ、自国の国民の子弟の教育内容は、その国の国民が責任をもって決めるのが当然である。どの教科書を選ぶかも国民の重要なテーマで、小中学校の場合、それは市町村の教育委員会の権限になっている。その権限に基づいて、杉並区の教育委員会が扶桑社の歴史教科書を採択するのではないかとマスコミで報じられるや、全国の民団(在日本大韓民国民団)から抗議の手紙が殺到した。全国各地の民団の各支部から続々と舞い込んできたのである。どの歴史教科書を採択するかは民団が強く関心をもってきたテーマであり、彼らの主張する歴史認識に反する教科書を採択しないよう強く求めてきたのだ。 
 そればかりではなく、杉並区議会でこの教科書採択のことが質問に上ると、民団の関係者と思しき人びとが大挙して傍聴に訪れて傍聴席に陣取り、大きな声で野次を続けた。議会の傍聴席でそのような行為は禁じられており、議長も注意をするのだが、どんなに注意されようとも意に介さない。さらに、区長室の前にも多人数で押し掛け、シュプレヒコールを繰り返したのであった。
 
 もし、外国人参政権が付与されていたらどうなっただろうか。
〜中略〜 
 これは歴史教科書に限った話ではない。道徳や倫理、公民の教科書についても、たとえば外国の一定の勢力が日本の各自治体に圧力をかけ、自分たちに都合のよい教科書を採択させることが可能になるのである。
 

妹夫婦が最近引っ越したのが杉並区です。こういう区長の下なら安心して区民生活を送り、子育てができそうですね。それにしても民○の人たちって総会屋みたいにヤクザですね。

私はフツーの人々に「それって国粋主義じゃないの〜?」なんて思われないように、外国人参政権付与に対する反対論を説きたいのです。山田区長の訴えは誰にでも納得できる真っ当な主張だと思うので、紹介しました。


人気ブログランキングへに是非投票ください。
posted by 館主 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

風見鶏 田村耕太郎

今日BSフジのPRIMEを見た。政治番組である。

先頃自民党から民主党に鞍替えした田村議員を呼んで、その意図を訊こうという特集でした。

田村さんって不思議ちゃんですね。ピントがずれている男の人です。

そもそも疑似モヒカンヘアといい、ショッキングピンクのネクタイといい、意味不明なんですが。彼のプロフィールによると、「お洒落」なのだそうです。

何かにつけ「日本のために〜」という田村さんに、日本の産業について問いました。すると彼は自分のドバイ視察を例に挙げて、「日本の二千円のスイカがドバイでは3万円で売れるんですよ。ビジネスはああいう金銭感覚の狂った人たちとしなきゃ」とコメント。キャスターの反町さんに「あなた、それドバイの人たちに聞かれていたら大変ですよ」と突っ込まれていました。

なんでも彼は、政党の鞍替え第一号を目指していたそうですが、そこも反町さんに「鞍替えの一番って目指す意味のあることなんですか?」と突っ込まれていました。

島田アナに「鞍替えは小沢さんから持ち掛けられたそうですが、何か確約があったのですか」と訊かれました。それに対し、田村さんは「有るような無いような」と答え、また「え?」と言われました。

自民党を離脱した理由は、「自民党が濁っていたから。しかもそれがヘドロになってしまったから」なのだそうです。

〜〜う〜〜ん〜〜……え?

居並ぶ解説員の皆さんも、薄ら笑いをしていました。最後に2人の解説員がコメントを求められていましたが、一人はかくがくしかじかと批判的なコメントをしました。そしてもう一人(小林泰一郎)は一言「面白い!」とつぶやきました。

ウィキペディアの田村さんのページ。彼の人物像を読むと面白いですよ。一部抜粋します。
民主党への入党に際して、Twitterにて「今の民主党がいいなんて全然思っていない」と、民主党内の改革に意欲を示した。また同じ日に「政治生命いつ終ってもいい!生業と思っていないから」とも発言している。


こんな頭の悪い人でも政治家ってなれちゃうんですね。


人気ブログランキングへに是非投票ください。
posted by 館主 at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。