2010年08月27日

あの人が日本の親父だって?

民主党の総裁選だそうですね。なんかこのソーサイセンを見ていても、自民党時代の密室選挙派閥争いが感じられます。「国民が第一」だと謳いながらそんなことをしているのですからね。

菅と小澤、どちらも首相の器量ではありません

まず菅>この人は漁夫の利を得て首相になりました。鳩山と小澤がカネの問題で失脚したもんだから、運良くポストが巡ってきたのです。

でも、民主党が政権を取った立て役者は小澤なんですよ。カネも集めて色々な手を使って選挙で買ったのは小澤の功なんです。それなのに、選挙が終わるやカネの問題で叩かれて、尻馬に乗ってただけの菅が油揚げをトンビのようにさらっていったのです。

菅は保身に長けた人物です。だから国会の答弁でもやたらに神妙で無難な発言を心掛けていました。彼のような社会主義者は抵抗勢力としては機能します。それだけにいざ体制側になった時に、抵抗側としての以前の立場と今の立場との間でギャップが出ます。だからこそかつてのアカ仲間、川田龍平にも批判されるようになるのです。

菅はこの円高問題にも何ら対策を打っていないではないですか。保身に走る男には思い切った決断や実行ができないんですよ。彼の厚生省時代はともかく、今の問題は経済問題です。経済音痴の社会主義者に経済不振の打破は望めません。


↑上では小澤が政権獲得の立て役者だと書きましたが、それでもやはり一国の首相になるべき人ではありません。彼は菅と同じく、外国人参政権施行で日本の国益を損ねようとしている男なのです。
石原都知事が小澤を指して「あんな男が日本の親父になるんだって? 冗談じゃない」と言ってましたがまったく同感です。

旧来の金権体質の小澤と左翼の菅、極端なタイプしか総裁の候補者がいません。与党にはもっと堅実なリーダーはいないのでしょうか。



人気ブログランキングへこの記事に何かを感じたら投票ください。
posted by 館主 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

媚中小沢のゴーマン

数年前からのマスコミによるデマゴーグで、政権が民主党に変わりましたが、はたしてこれで良いのだろうか(ダメじゃんか)という、不安で私はいっぱいです。次のニュース記事を読んで下さい↓

小沢氏、胡中国主席と会談「私は人民解放軍の野戦軍司令官」2009.12.10 23:30

【北京=原川貴郎】民主党の小沢一郎幹事長は10日午後、北京に到着し、人民大会堂で胡錦濤(こ・きんとう)中国国家主席と会談した。両氏は、日中関係の強化や民主党と中国共産党の政党間交流の促進を図ることで一致した。

 小沢氏は会談後、記者団に対し、来夏の参院選について胡氏に、「こちらのお国(中国)に例えれば、解放の戦いはまだ済んでいない。来年7月に最終の決戦がある。人民解放軍でいえば、野戦の軍司令官として頑張っていると伝えた」と語った。

 他の先進国の主要政治家が、天安門事件で民主化運動を武力で鎮圧した人民解放軍の幹部に自らをなぞらえることはあり得ない。


独裁政権の圧政を肯定するかのような小沢さんの発言に、民主主義陣営のリーダーとしての、もとい人間としての資質を疑います

今月、600名もの民主党議員が小沢さんとともに訪中しましたが、海外のメディアでも「まるで朝貢外交だ」と揶揄されています。ソース→民主小沢は「中国には属国姿勢」、「国内では曹操気取り」…香港報道

それから宮内庁の羽毛田長官に対する小沢さんの発言も、傲慢のきわまりないです!長官は他のゲストを差しおいて、習氏をねじ込むことに反対したのです。天皇陛下の「公平な親善を」という理念に小沢民主は反しています。「言うことを聞かないならクビだ」という発言も傲慢。小沢さんが日本の独裁者にならない内に、民意で彼を引きずり下ろさないと、日本も彼の好きな某国みたいに独裁国家になってしまうでしょう。

◆解説◆
「朝貢団」とは歴史上、中国の皇帝を「世界の支配者」と認める周辺地域の指導者が中国に送った使節。実質的な貿易も重要な役目で、中国側が「面子(メンツ)」を重んじるため、周辺地域側が大きな利益を受ける場合が一般的だった。(上記ソースより引用)

posted by 館主 at 16:24| はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

はじめに

イギリスの大学院に留学して早4ヶ月半。
これまでcgi日記をつけていたのだけど、
みんなもすなるblogというのをしてみたくて立ち上げ。
カテゴリーごとに話題が分けられるのが良い。
難点は以前のcgi日記より動作が重いこと。

これは、管理者が運営するHP「英国茶館」の補完的blogだ。
イギリス現地で撮った写真を紹介しており、これらはweb素材として使用も可能。

先日、現地で知り合った日本人の大学4年生がメールをくれた。
就職前にこちらでボランティアをしていた彼は、
この4月から新社会人としてスタートすべく帰国する。
12月に知り合ったばかりなのに、早いものだ。
彼は「1日1日を大切にお過ごしください」締めていた。
そうなんだよね。たった1年の予定の貴重な海外生活なのだ。
最近だれていたので、時間の貴重さを再認識した。

これまでの生活は旧日記に記してある。



追記続きを読む
posted by 館主 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。