2011年03月22日

実に的確な人物分析

我が国の首相。幸が薄そうな顔つきの人なのでどんな人かと調べたらこんな人でした。


引用開始

======================================

菅 直人出典:八百科事典アンサイクロペディア


管 直人(カンチョクト、日本名 すがのただひと、昭和21年(1946年)10月10日 - )は、日本のカイワレの一気食いで有名なはげ頭。お笑いグループ民主党の代表であり(代表自体は、鳩ぽっぽや岩手の壊し屋と何度か交代しているが)、日本を代表するコメディアンである。副業として政治家、衆議院議員、葬儀大臣(第94代)をやっている。 元カイワレ大臣(第74代)。イラ管、 空き缶(中身のない政策ばかりするので)、卑劣缶、 すっから管など、複数の別名がある。特技は 管から眠へ


「菅」の字を苗字に頂いていることからも分かる通り、遣唐使を廃止したかの雷神様の末裔であり、それゆえ宗主国様からは文字通りの夷敵として忌避されている。ネットウヨからも、自分が擦り寄っている中国様からも叩かれている、ある意味可哀想な人だが、社会は自己責任ということで片付けている。鳩左ブレの後継として総理大臣に就任し、沢山の爆弾を抱え込んだ。だが、そのうちの1つも導火線を消化できることなく、むしろ油を注ぐばかりで発狂するのも秒読みに入っている、とウィキリークスに暴露された。


目次 [非表示]
1 略歴
2 芸風と持ちネタ
3 芸人対決
4 息子と弟子
5 嫁は従姉
6 語録
6.1 芸人ならではの言い間違い
7 その他
8 関連項目


以下省略  続きはアンサイクロペディアで。


============================================

引用終了


「お笑いグループ民主党」とのことですが、滑ってばかりなのでこのグループには引っ込んでもらいたいものです。

缶さん、韓さん、奸さん、緩さん、姦さん、癇さん……など、様々な実名があるという説があります。
posted by 館主 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

ロイターの記事を翻訳

「日本の原子力発電のCEOはどこ?」
TOKYO, March 20 | Sun Mar 20, 2011 10:09am EDT

世界でも最も悲惨な核災害の渦中にある日本の発電会社のトップが、衆目から姿を消してしまった。

そして、原発の放射能漏れが制御されることを、薄氷を踏む思い出見守っている多くの日本人が「彼はどこか」、「彼はどのくらい危機を制圧できるのか」とたずね始めた。

この一週間で、東電のチーフ・エグゼクティブ(日本語の職名わからず)、シミズマサタカ氏は、衆目の前に姿を現していない。

そして彼は、今月11日に地震と津波の損害をひどく受けた東京より北部の原発には赴いていない。そこでは※1300人の作業員が原子炉を冷却しようと必死の努力をしている。

毎日新聞によると、彼は震災翌日にまるまで会社本部にすら現れなかったそうだ。交通網が麻痺したため、西日本で足止めを食らっていたのだ。

一週間前、最も新しい記者会見では、この66歳の男性はこの状況に謝罪していた。それ以来、彼は衆目から姿を消し、「このような災害を起こしたこと」について後悔の意を表すと、土曜日に声明を出すのみだ。

シミズ氏は申し分のない企業人である。23歳で父親の働いていた会社に入った。日本のメディアは「公共の益に貢献する」企業で働きたかったのだという彼の言葉を引用した。

国内で最も大きい電力会社で、コスト削減者として名をはせ、2008年に社長に就任した。

シミズ氏は東京都心部にある43階建てのマンションに住んでいる。ガラス張りのドア越しに見ると、それは女性の受付が在駐するホテルのロビーのように見える。

この三日間シミズ氏がここにいるかどうかはわからない。

危機以来、彼は東京にいる東電の広報職員に外部対応を任せ、情報の不足で苛立った貴社から激しい質問を受けたり、批判されたりするのに対応させている。

中級の重役たちは、「私たちは確認している途中なのです」という回答ばかりを連呼している。

46歳の東京在住者、サトミ・アイハラ氏は「彼は部下に厳しい仕事を丸投げしている」と述べている。「彼はどこに隠れているのだ。腹立たしい!」

自民党の重鎮で原子力の反対派である河野太郎氏は、東電にさらなる苛立ちを抱いている。「彼らは本当のことを言わないのだ。それが彼らのDNAなのだ」と。

※2首相の菅直人まで、彼の苛立ちを隠せなかった。「彼は一体何をしているのだ?」彼は火曜日に東電の重役を叱責した。

東電側は、彼らの上司は非常に忙しいのだと答えた。
「彼は本部で(復旧)部隊を率いているところなのだ」と広報職員のカオル・ヨシダ氏は言った。

西欧の社長と比べると、日本の社長は企業の成功とは結びつけられないことが多いが、失敗には結びつけられてしまう。
失敗、スキャンダルや災害が起こると、彼らは深々と謝罪したり辞任したりすることを求められる。

実際、同社の前社長と議長は、2002年に故意に虚偽のデータと安全報告を公開した件で失脚した。

2007年の地震に際して、原発の修理は非適合であったと認識されている。そういった東電のスキャンダルが、現在の災害に際しての同社の発言に対して、マスコミや国民に猜疑心を抱かせるのだ。

2007年の地震は、原発のインフラが地震を免れるのに不十分だったことを示している。

シミズ氏は昨年の9月に述べていた。「私たちは、危機を克服し、より強固な企業体を作るべく努力します。そうすれば私たちの原子力は災害に打ち勝つことができるのです」と彼は述べていた。

今度シミズ氏が再び姿を現すときは、彼はもっと説得力のある言葉を用意してくるべきだろう。

(Additional reporting by Yuka Obayahi and Taiga Uranaka; Editing by Jonathan Thatcher)
引用終わり。

今回も私の翻訳なのでぎこちないですが、海外メディア、ロイターはこんな記事を出しています。

海外メディアは大袈裟と言われていますが、ロイターの最新記事は「放水作業が進んでいる」という前向きな見出しでしたよ。


※印の部分が気になります。
※1現場の職員は300名ですか。放水作業に当たっているのが50人なのですね?


※2缶ソウリが東電職員を叱責したそうですが、それもそれでお門違いですよ。缶さんと東電トップ、どちらにも非はあります。まず、震災直後に米国から冷却剤のホウ酸の提供を打診されて、日本政府は断ってしまいます(エダノは否定してるけど)。私に聞いた話では、ホウ酸を投入すると、原子炉が廃炉になってしまうので、東電側の意向で「いらない」と政府に告げたのでしょう。この期におよんで、人命よりも炉の存続にしがみついていたのです!

そのような東電に対して缶がなすべきだったことは、強硬的にアメリカの援助を受け入れさせることでした。このような有事に際しては、一企業よりも国のトップの方が決定権があるからです。一企業の独善で国民の生命がさらに多く失われたら困りますから。アメリカにはスリーマイル島の事故でのノウハウがありますし、冷却剤だけでなく様々な援助を乞うべきでした。

缶政権時に大地震と原発事故とは、不幸中の不幸でありました。今となっては缶内閣以外の優秀な人々の尽力に託すしかありません。
posted by 館主 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

前向きになれるニュース

缶さんが谷垣自民党総裁に入閣を打診するという噂を聞きましたが、今更???なことです。

さて、こういう時は気持ちを前向きに持たなければなりません。

心温まるニュースをご紹介します。ウェブニュースでご覧になった方々も多いでしょう。




引用開始

=====================================

ゆかしメディアより「台湾がTVで21億円義捐金を集めた 」


台湾のテレビ各局などが制作し18日に放送したチャリティー番組で、東日本大震災の被災者支援の義援金を募ったところ、放送中に7億8800万台湾ドル(約21億円)が集まった。

 馬英九総統が直々に寄付を訴えたり、日本でも大活躍したビビアン・スーさんをはじめ、台湾のトップタレント、アーティストたちが約200人も集結し、支援を訴えた。また、日本の元サッカー選手中田英寿さんもユニフォームを提供するなど協力した。

 この番組で集まった義援金は赤十字社を通じて被災者に送られる。

 台湾は人口が約2300万人。1人あたりにすれば100円弱の寄付額にすぎないが、仮に小さな金額でも、多くの人数が集まればこれだけの金額になるということを思い知らされる。

taiwan.jpg


日刊アメバニュースより「大量の救援物資を載せて走る大阪市バス」



大阪発仙台行き。大阪市バスはどこまでも走ります!

大阪市バスが、救援物資の運搬用として仙台市へ向けて出動したそうです。市バスが被災地を走る、というのは見慣れぬ光景ですが、とても心温まりますね。

そんな大阪市バスに、たくさんの支援の声が寄せられていました。
よし、頑張れ!超頑張れ!なんでだろう、いつもダサいともなんとも思わないバスが、カッコいい。オーラを感じる。笑える幸せな話これは粋だなありがとう、本当に本当にありがとう。

乾パンや毛布をたくさん積んで走る大阪市バス、超かっこいいです。ありがとう!


【画像あり】大阪市バスがかっこよすぎると話題に 「大 阪 市 バ ス は 神」 [ニュース2ちゃんねる]

(佐脇風里)
shin5.jpg


=======================================================

引用終了



台湾は世界一の親日国家ですね。同国は震災直後、2億円の義捐金と救助隊を申し出てきたんですよ。中国に遠慮する政府や、中国ビジネスとからむマスゴミの関係であまり報じられませんでしたけど。


大の親日国家のトルコも真っ先に救援隊を送ってくれましたね。×流ブームとかが流行っているのももちろん結構ですが、本当の親日国ともっと交流したいものです。



大阪市バス>めちゃ、かっこええ! おおきに!ですわ。

小雪の散る仙台に走る大阪市バスに涙が出てきます。これも橋下知事の采配でしょうか。

都会には機動力があると思うのですが、東京よりもずっと東北から遠い大阪が大々的な援助を展開していることに感動します。



最後に、佐賀県武雄市のがばい市長の「武雄市長物語」を紹介します。

小さな市でありながら、被災者の受け入れにどの自治体よりも積極的な市長さんのサイトです。
posted by 館主 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

インターネットの怪奇現象再び

インターネットの怪奇現象再び

今夜も海外の記事を翻訳しようかと思い、ワシントン・ポスト誌のweb記事にアクセスしました。

日本の地震関連の記事、それを載せようかな〜〜と物色し、役に立ちそうな記事”How to make the plant safe”(原発を安全にする方法)という小見出しを開きました。「うん、これを訳そう」と思っていると、急に画面が自動的に消えました

「あれ?」と思って、3回ほどトライしましたが、アクセスしたらほんの10秒もしない内に消えます。アクセスする毎に、消える早さが縮まります。

以前何度も、Seesaaにてブログ記事を執筆中の時にも、このような現象がありましたが、今回はseesaaのマイページは開いていませんでした。

変です。明らかに変です。

他の通販ページとかを見ている時には全然何も起こりません。

単なる偶然で片付けるには奇妙すぎる現象です。

前にも書いたように、「こんな弱小ブロガーを?」と思うけど、まるで、ネットを監視されているみたいです

こういうことをするとしたら、海外の情報を見られちゃまずい連中ということになります。だとしたら今回の災害への対応がハチャメチャになっている民主政府筋としか考えられないんですが。

昨日訳したデイリーテレグラフの記事の中には「数千人もの日本人が南に向けてすでに東京から逃げている」という、明らかに?な情報もありました。

でも、こんな奇妙な現象が起こると、海外情報筋の方が正確な情報があって、それらを見られたくない政府?東○?の回し者がハッキングしているという推測に行き着きます。

ま、私のような無名人が張られているということはなかったにしても、日本人が海外の情報サイトへ行くのを遮断する何かがあるのかもしれません。

正直、怖いです。私はスピリチュアリストだけどお化けのせいだとは思いません(苦笑)

ニューヨークタイムズやwポストの記事。皆さんの所からはアクセスできますか? しばらく見ていると消えやしませんか?

posted by 館主 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

昨日のデイリーパラグラフ誌

英国のデイリー・パラグラフ誌、3/17付を翻訳してみました。私の訳なのでぎこちないですけど。

開始
==============================
・17000人の英国人が原発の災害を避けるために退避をしている。
・使用済み燃料の冷却プールは一つの炉で蒸発している。
・各国政府は日本から運賃無料で逃げられる飛行機を用意している。
・羽田空港から金持ちがプライベートジェットで日本から逃げつつある。(以上、小見出し)

フランスは、「日本政府が制御不能になって、市民に退避を促せない状況である」と述べている。

英国にいる全ての英国人を日本から退避させる計画が持ち上がっている。数千人もの英国人は、昨夜、東京やその他の被爆の恐れがある地域から退避するように勧告された。
全ての英国人が無料の救援機で日本を脱出できるように、各国政府は追加の飛行機をチャーターしている。成田空港には逃げようと試みている数千もの外国人旅行者でひしめいている。

日本政府は最後の手段として、福島原発の加熱している炉に、ヘリコプターから水を投下することで、大災害のメルトダウンをくい止めようと試みている。大惨事を避けるには48時間の作業が必要だと専門家が述べている。

退避を推奨 − 諸外国の声を拾ってみると、各国政府の緊急対策委員会は福島原発のメルトダウンの恐れについて討議している。そして次のような疑惑が持ち上がっている。この原発事故は、すでにチェルノブイリ後で2番目の大惨事になっているのではないか、日本政府の公表よりも状況は酷いのではないかということである。

CH-47型ヘリコプターが、損傷を受けた福島原発3号機に海水を投入し始めた、と北川防衛大臣が現地時間の9:48に報道機関に発表した。手遅れになる前に、緊急作業員が水を投じるより他に手段はなかったのだという。

ヘリはおよそ2000ガロンの水が入った4つの荷を投下したが、多くの水は空中に霧散したように見えた。水の投下は炉の冷却、そして核燃料を覆う水を再補充するという2つの目的がある。
原発の事業主である東京電力は、プールが空同然になったら燃料のオーバーヒートを生じさせると述べている。またアメリカ政府には、3つおよび4つの原子炉のプールの蒸発が、「非常に高い放射能レベル」を発生させているという見解がある。

つまり、両炉の核燃料がさらに加熱し、さらに放射能を放出しうるというわけだ。

(通常時に)原子炉から取り除く時ですら、ウラン桿は非常な高熱を帯び、数ヶ月間、できるだけ長い間、再加熱と放射能の放出を妨げるために、冷却せねばならないのである。

[中略]

とあるフランスの専門家は「原発は災害からほんの数時間手前にいる」と警告する。原子力防御安全機構のシーリー・チャールズ氏はテレグラフ誌に語った。 「この48時間が肝である。日曜日以来、どの対処法もほとんど効き目がなかったので私は心配している」

現在日本には17000人の英国人がいて、主に東京に滞在している。実際、もし彼らが英政府の勧告に気を留めるなら、日本を離れる以外の選択肢しかなさそうである。数千の日本人がすでに南に向けて東京から逃げ始めている。
昨日、政府機関は、福島から140マイルにある東京にはそれほど甚大な健康への危険性はないと主張していた。

しかしながら、欧州危機管理委員長のギュンター・オッティンガー氏は警告する「巨大原発は制御不能になっている。放射能を大気へ放出するというメルトダウンの恐れがある。
「それ以上進んだ大惨事は、日本列島の人々の命を脅かすものだ」と彼は警告している。

日本の市民は政府の保証的発言に不信感を拭えない。福島原発から12マイルの所にある南相馬市の市長は、「私たちは最初に原子炉が爆発したとき教えてもらえなかった。私はテレビでその事実を知ったのだ。政府は私たちに何も教えてくれなかった。私たちは孤立している。私たちは見殺しにされている」
政府は原発の32q圏外には「特段甚大な健康被害はない」と主張している。

[中略]
専門家は原子炉の近くで働くことは、ガン発生のリスクを高める放射能に身をさらしているということだと述べる。
東京大学病院の放射線科教授の中川医師は「作業員は自殺しに行くようなものだとしか言いようがない」と述べている。

[中略 ここでは各国政府が自国民に国外退去をさせている模様を報告。特に、世界で一番原子力発電所の多いフランスが、積極的にこの動きを見せていることに着目している]

だが、専門家は「原子炉の温度が下がった状態が維持されたら、原発は一週間以内に安全になりうる」とも付け加えた。


=========================
記事終了


私が気になったのはこの文。
Thousands of Japanese citizens are already fleeing Tokyo for the south.
(数千の日本人がすでに南に向けて東京から逃げ始めている。 )

これって本当なんでしょうか? 


同誌の最新記事では、原発の水投下に当たっている作業員の模様を「自殺ミッション」と題して報じております。


また、南相馬市長のインタビュー記事もあります。
‘They're leaving us to die': Mayor of town near stricken Japanese nuclear plant claims his people have been ‘abandoned’
彼らは我々を見殺しにしている。被害原発近くの町の市長が『市民が見捨てられた』と主張


カンソウリは一体何をやっているのでしょうか? 船などで彼らを移送しに行けばいいのではないでしょうか。交通が遮断されているなら、自衛隊機で物資を投下すればいいのではないでしょうか。 


対称的に、ビジネス誠ではこんな記事があります。「大阪・橋本知事が疎開大作戦−西日本で被災者を大規模受け入れ」
橋本知事は相変わらず男ですね。国はこの動きに協力するべきです。
posted by 館主 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被災地の方々を移住させよう

政府は福島原発30km圏内の住民に自宅待機を奨励しています。


そう言われても、買い物とかどうするの? 備蓄もないしインフラもない家で、何日間も引きこもり?

しかも残留放射能って数週間、一ヶ月もすれば下がるの?


「被爆したら、外で着ていた服を捨ててください」とか言われても、服なんてそんなにいっぱい持ってないし。まして外套なんて。


私なら脱出したいです!

すでに隣県の新潟県内には、小学校の体育館に福島から逃げてきた人々がいます。


以下、引用です。引用元はこちら 。「がんになったら」さんは放射能の影響についても詳しいブログです。

------------------------------------------




つくば市には
空いている公務員宿舎が多くあり、市長がこれを開放する意思があるときいていますがまだ、公表されていません。
みんなで働きかけて、至急、実行してもらいましょう。

つくば市のホームページと代表電話番号は以下のようです。
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/index.html

電話  029-883-1111
つくば市苅間2530番地2

がんばってください。
代表電話番号で電話をうけたひとはわからないと答えるかもしれません。
電話の数がおおければ、市長も動くはずです。
わたしもあす電話します。


-----------------

福島原発の30キロ以内で外に避難を考えているみなさん。
そちらは寒くなり、大変な事態と思います。

つくば市には空いている公務員宿舎が多数あり
つくば市長も皆さんに開放を考えていると先程、知り合いからききました。
つくば市のサイトにアクセスして、問い合わせてください。
つくば市にはまだ7人以下しかきていないようです。
たぶん、1000人をゆうにこえてうけいれられるはずです。
わたしも昔住んでいた
竹園公務員宿舎などで4月から民間に売り渡す事になっていましたが
しばらくゴーストタウンになっていました。
竹園小学校という優れた学校があります。

つくば市長に働きかけてください。
寒くて大変でしょうが、道は切り開けるはずです。

つくば市長の市原さん、どうかよろしくお願いします。

一つくば市民より




-------------------------------------------

引用終わり。


どうして国が陣頭指揮を執って、各地方自治体の空き部屋を募らないんでしょうか? 本当に無能政権でございます。


つくばだけじゃなく、全国の団地の空き部屋を開放して欲しいです。皆さんも地元自治体に電話しましょう。私も今し方つくば市に電話しましたが、まだそういう電話は受けてないと、市職員の人が回答していました。もっとキャンペーンしましょう!


こちあのブログにも似たようなことが書いてあって、同じことを考えている人がいるものだと感じました。


「自宅待機せよ」という政府見解には懐疑的な私です。その理由を近々、海外記事を翻訳して示したいと思います。NYのテロでも「その場で待機していて!」と言われてビルの中で死んじゃった人がいましたから、自力で、下道を自動車で通って南下するのが良いのではと個人的には思います。

お金がなくてもその土地土地の行政が助けてくれるでしょう。
posted by 館主 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

人命を第一に考えてください!

慶応大学の金子勝先生のツイッターからです。


ヒラリー米国務長官は日本側からの要請で原発へ冷却剤を輸送するはずだったが、日本側から冷却剤は不要と連絡し、原発への在日米軍による冷却剤輸送は実施しなかったようだ。最悪の事態を回避したからか、原子力空母・原潜用だったからか、特殊な米国人作業員が入るからか、理由は説明がなく不明です


-----------------------------------

3/11付けでロイターも、この旨を報道しています。日本では何故報道しなかったのでしょうか。まあ、混乱を避けるためであり、それ以上に都合が悪い事実だからですが。


「ホウ酸が投入されると、原子炉が永久に使用不可能になるから」とか、

「アメリカは原子力発電所の新たな受注に結びつけようとしていたから」とか、

ネットに今更反米な意見が書き込まれていますが、


だとしても、人命第一でしょう!

たとえアメリカにどんな恩を着せられようと、冷却剤を提供してもらうべきでした。冷却剤と海水は違うんですよ。


だから爆発しちゃったじゃないですか!


本日、東京FMを聴いていたら、京大の専門家がインタビューに答えていました。彼は泣きそうな声で、「映画や小説のようなことがあ起こりました。最悪です。こうなってはもう……」と言っていました。先生はもっと情報を公開するように要請していました。


原発の半径20~30kmの住民に警告を出していますが、漏れた放射能は雨雲に乗ってどこへでも行きます。


尖閣諸島のビデオも隠していたくらいだから、政府の言うことはどこまで当てにしていいかわかりません。


あくまでも私なら、ですが、できるだけ遠くへ逃げますよ。できるだけ西の遠い県へ。


親戚がいるならその人を頼って、預金があるならそれでしばらくよそへ長期滞在します。


本来なら、政府はそんな危険地域にいる住民を、自衛隊の輸送手段でよその地域へ移送するべきですよ。


今だって、アメリカの専門チームにでも援助を要請すべきですよ。

東電の保身と政府の無能が露見しました。


今回もますます政権交代を願うようになりました!



ちなみに金子先生の30分前のツイッターは太字で書かれています。

posted by 館主 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

緊急災害情報

【拡散】リレーです。お願いします! 
自宅にいらっしゃる方はお風呂に水をためましょう。
電気が通っていたらご飯を炊いておきましょう。


【拡散】リレーです。お願いします! 
阪神大震災のとき、宅内の割れたガラスで足を怪我
して逃げられず困った人が多数いたそうです。
身近に靴(せめてスリッパ)をおいて下さい!


【拡散】リレーです!お願いします!
避難する人は絶対にブレーカー落としてください!
停電から復旧した瞬間ショートして火災という
ケースも多いようですので停電してても落として!


【拡散】フォロワ多い方拡散お願い
全国非難場所一覧http://bit.ly/eVdXpd  
au災害用伝言掲示板→ http://bit.ly/euuWSb  
ウィルコムhttp://bit.ly/ehTZkT  
docomo災害用伝言掲示板→ http://bit.ly/etnjvX


【拡散】広い範囲にわたって大津波警報、津波警報、
津波注意報が発表されています。対象地域の方は、
海や川に、絶対に近づかないでください。
NHKの地震・津波情報サイトはこちらです
http://bit.ly/fp4yLi (右上の"最新の津波情報に
更新"でページが更新されます)


【拡散】RT @tirutiru97: @mariko_dayo リツイート
お願いします。
災害用伝言ダイヤル ●被災者の人 @171を押す
A自宅の電話番号を押す B録音
●安否を確認する @171を押す A安否を確認
したい人の電話番号を押す
●公衆電話が無料化されました。


以上、リレーで回ってきた情報でした。
posted by 館主 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

大地震と猛暑の因果関係

日本が大変なことになっていますね。幸いにして、私の住んでいるところは大丈夫です。

でも、東北や北関東ではまだまだ予断ならない状態が続いています。被災者の方々のご無事をお祈り申し上げます。


ところで! 昨年の12月25日付けでこんな予言めいたブログ記事を書いていた保守系ブロガーさんがいたんですよ! 「猛暑と大地震」というタイトルです。これ書いた人すごくないですか! うちからリンクをしている「いまのところWALES」ののんちゃんがメールで、ちょうど年始に教えてくださったんです! のんちゃんもスピリチュアルかぶれの私よりずっと勘の鋭い方ですよ〜〜!

その記事が掲載された「日本が好きなだけなんだよ」というブログでは、前年度が猛暑の年に地震発生という過去の記録(阪神淡路大震災、関東大震災etc…)を例に挙げ、さらに左翼政権の樹立と天災という因果関係まで発見しています

おお! 言うまでもなく昨年は記録的な猛暑でした。そして菅(奸)政権でも大地震が起こってしまいましたね。

ともかくすごい分析ですから引用させていただいた文章をご覧になってください。
-----------------------------------------------------
猛暑と大地震


○関東大震災(1923年)
東京で当時の平均気温をはるかに上回る35.1度を計測。

○阪神大震災(1995年)
前年の1994年、全国的に早い梅雨明け後、全国的に平年を1-2℃上回る観測史上最高の猛暑となった(2010年に記録が破られる)。

(2010年の夏は観測史上最高の猛暑)

6月-8月の夏全体として全国平均気温は平年比+1.64℃となり、1994年(平成6年)の平年比+1.36℃を上回る観測史上最高気温を記録。全国154地点中11地点で夏の猛暑日日数が過去最高、11地点で夏の真夏日日数が過去最高、41地点で夏の日最低気温が25℃以上の日数が過去最高だった。熱中症で亡くなった人は5月31日から8月30日までに最低でも496人に達し、戦後最悪を記録。多くの農産物・畜産物・海産物で生産量が落ちる被害が出た。


猛暑と地震の因果律  2010年8月25日 この者に天のご加護を

1923年8月、この年の日本、特に東京の気候は異常な高温と、連日発生する雷や正体不明の発光現象で尋常ならざるものとなっていたが、人間の感覚とはおかしなものだ、それが1度のものなら3日もすればほとんどの人がすべて忘れ、異常なことでも毎日続けばそれに対する異常性が失われる。1923年に起こった関東大震災では、地震発生前に多くの異常がありながら、苦しい生活に追われる大人たちは、その異常を異常として捉えることができなかった。それゆえ関東大震災前にもっとも「何かとんでもないことが起こるのではないか」と感じていたのは、実は多くの子供たちだったのである。

「柏木みやの」さん(旧姓)は当時9歳だったが、両親の都合で1年間ほど品川の叔父夫婦の家へあずけられ、彼女はそこで1922年7月から、1923年8月28日までを過ごす事になるが、このとき1923年8月に起こったことは一生忘れないと話している。

8月半ば過ぎごろから、裸でいても蒸し暑くていられないほどの天気が毎日続き、その上いつも夕方6時ごろになると、大して天気が悪くも無いのに、空から太鼓を打ち鳴らすようなドーン、ドーンと言う音がやはり毎日聞こえ、湿度なのか汗なのか分からないが、いつも夕方には着ている服がずぶ濡れになった。それで叔父夫婦にもこのことを話したのだが、彼らの返事はいつも「ああ、そう」でしかなく、そうこうしている間に両親が迎えに来て彼女は福島へ帰るのだが、彼女たちが福島へ帰ってから3日も経たない間に関東大震災が東京を襲ったのである。

また当時横浜鶴見に住んでいた「新澤喜三郎」さんは当時10歳だったが、とにかく暑い日が続き、それが夜になると今度は蒸し暑さになってきて、さらに夕方7時か8時ごろになると、いつも必ず雷のような音がして、でもおかしなことにはこの雷、外へ出てみると、空の一点からまるで水面に石を投げたように光が広がっていくことで、真っ青な光だった。それが8月20日過ぎごろから毎晩続き、喜三郎さんの両親もそれを見て不思議がっていたが、やがて両親はこうしたことが毎晩続くことから、しまいには見に出る事も無くなった、しかし喜三郎さんは子供ながらに実に異常な光景だった・・・、と話している。

そしてこれは1995年に発生した「阪神淡路地震」(阪神大震災)だが、この地震は1月17日に発生しているが、この前年の1994年、日本は大変な猛暑に見舞われ、その猛暑による経済効果が1兆円とも言われた、記録的な暑さだった。また1995年1月の神戸の気温は、最高で17度と言う気温の日があり、明らかに1月とは思えない気温の高さが地震発生の前には観測され、人々もどこかで「何かおかしい」と思いながら暮らしていたのである。

さらに2007年の能登半島地震、ここでも前年の2006年は北陸が大変な猛暑に見舞われ、能登半島地震は3月25日に発生しているが、神戸と同じようにやはり例年だと積雪があるはずの能登半島は、1月、2月と温暖な天気が続き、住民は「もしかしたら大きな地震でも来るのではないか」などと話していたのである。

1923年、関東大震災をその年の1月から予言していた易学者「小玉呑象」(こだま・どんしょう)は、その著「地震の予知」でこう語っている。「地震が起こるときは、温暖な気候のものなり」1703年「元禄地震」、1707年「宝永地震」、1828年「越後三条地震」、1847年「善光寺地震」、1854年「安政東海地震」、同じく1854年「安政南海地震」、1855年「安政江戸地震」、1923年「関東大震災」、いずれの場合でも地震が発生する前には「暑さ」が関係している。

そしてこのことをして間違いなく地震が来るとは言えないが、統計上暑い気候の年や、その半年後には大きな地震が起こっていることもまた事実であり、多くの地震でその現象が確認されている雷のようなドーン、ドーンと言う音だが、これも気象庁は因果関係が確認できないとして、地震の前兆現象とは認めないが、多数の日本人が確認している事実であり、少なくともこの雷に似た「音」ぐらいは、地震の前兆現象と認めるべきものだと私は考える。

[中略]

戦後の日本では、自民党在籍経験のない極左政治家が首相になると大勢の国民が天災で死亡する。

○片山内閣(1947年5月24日〜1948年3月10日)
衆議院議員・日本社会党委員長の片山哲が第46代内閣総理大臣に任命される。この時代、自民党(自由民主党)はまだ結成されていなかったが、自民党のルーツの一つとなった日本自由党は存在していた。麻生太郎の祖父・吉田茂などが日本自由党に在籍していたが、片山哲に在籍経験は無い。

カスリーン台風が1947年9月に発生し、関東地方や東北地方に大きな災害をもたらした。死者は1,077名、行方不明者は853名、負傷者は1,547名。その他、住家損壊9,298棟、浸水384,743棟、耕地流失埋没12,927haなど、罹災者は40万人を超えた。

○村山内閣(1994年6月30日〜1995年8月8日)
衆議院議員・日本社会党委員長の村山富市が第81代内閣総理大臣に任命される。

阪神大震災が1995年1月17日に発生、死者:6,434名 行方不明者:3名 負傷者:43,792名 被害総額は約10兆円規模に及んだ。

○菅内閣(2010年6月8日〜)
衆議院議員・民主党代表の菅直人が第94代内閣総理大臣に任命される。菅の所属政党の経歴は社会民主連合→新党さきがけ→民主党。

記録的猛暑による熱中症死者が全国で496人に達し、戦後最悪の結果となった。農作物等にも多大な被害。

熱中症死者、全国で約500人=戦後最悪の猛暑が影響−時事通信集計 2010年8月30日

全国の広い範囲で梅雨明けした7月17日から8月30日までに、熱中症がきっかけとみられる死者が全国で少なくとも496人に上ることが31日、消防や警察、自治体に対する時事通信社の取材で分かった。気象庁の統計で、8月の平均気温がほぼ全国で戦後最高を記録する猛暑となったことが影響した。9月も厳しい残暑が続く見通しで、同庁などは引き続き注意を呼び掛けている。 この死者数は、2004年の新潟県中越地震や台風23号による死者・行方不明者をはるかに上回る。

(コメント)
不思議なことに、日本では戦後、自民党在籍経験のない極左の政治家が首相になると、国民が天災で大量死する変事が続いている。細川護煕、鳩山由紀夫など、非自民党政権の首相であっても、首相に自民党在籍経験があると天災は起こらず、逆に村山富市のように、自民党が参加する連立政権であっても、首相に自民党在籍経験がないと、天災で大勢の国民が死亡する事態が、ほぼ確実に起こっている。

当ブログは、他にまともな政党が存在しない都合上、開設当初から原則的に自民党支持という立ち位置だが、無理やり持ち上げた結果ではなく、事実を積み重ねた結果、『戦後の日本では、自民党在籍経験のない極左政治家が首相になると大勢の国民が天災で死亡する』という結論に至った。現行の菅内閣では既に、猛暑という天災で約500人が死亡しており、早くも条件を満たす結果となっている。片山内閣当時は自民党はまだ結党されていなかったが、自民党のルーツとなった日本自由党が存在しており、自民党に代えさせていただいたので、その点はご了承願いたいと思う。

------------------------------------------

以上、引用終わり。


posted by 館主 at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

誰かこのオヤジを辞めさせろ!

本日、土肥某とかいう民主党議員が、韓国の「日本は竹島領有権を放棄すべし」という宣言に署名したのだそうだ。


議員の給与というのは言うまでもなく税金である。


我が国の国民は、この男にせっせと給与や事務所の補助金など支払ってやって、この男が外国に利する活動に勤しむのを応援してきたというわけだ。


個人には思想の自由があるから、このオッサンが個人で何をしようが自由である。が、この男のやりようは明らかに議員の立場を利用してなされている。


税金をこの男に払ってきたとは、民主党、そしてそれ選んだ国民も随分とお人好しですな。兵庫県選出だそうで。兵庫県民も随分と人を見る目がありますね。


ニュースソースはこちらinfoseek


そもそも、韓国は戦後のどさくさにまぎれて、竹島を占拠しました。どちらに領有権があるかはまず、国際司法裁判所などの、法的な手続きを経てなすべきものではないでしょうか? まあ、同国は裁判で勝つ自信がないから不法占拠するわけであり、自信がないということは、自分でも正当性がないことは実は自覚しているのでしょう。

キリスト教団体の偉いさんでもあるそうですが、人は本来、神の前では平等なのではないでしょうか? 特定の国に利するような活動をするとは、宗教家の風上にもおけません。


posted by 館主 at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース/政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。